時遊人アッシュの食べ歩き日記

01月 « 2017年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

日本橋 仙豆(せんず) 厚切りボリュームトンカツと280円チャーハン

2017年 02月15日 19:24 (水)

R0000154_edited-1.jpg

この店のトンカツはブロック状の肉塊を切られるところから始まる調理法。
切込みが入れられ塩胡椒で下味、パン粉はサクサク、厚切り肉の為、
揚げられる時間は少々長めであり濃い目の色が付くが肉質はとてもジューシーである。
ここしばらくのトンカツは好んでヘレを頼んでいたが
ロース肉の脂身って実は美味しいんですよね(笑)

R0000165_edited-1_201702142057512e7.jpg

大阪日本橋、ラブホ街の外れにある仙豆(せんず)。
4~5年ぶりの再訪問。
この辺りは大阪有数の風俗街でもある為、
平日昼間から即席らしいカップルがホテルへ消えてゆく姿を垣間見れる...
日本って平和な国ですな(笑)

R0000151_edited-1_2017021420564316e.jpg
R0000146_edited-1.jpg

雑然とした店内は以前と変わらず、何気にメニューが増えているような気もする♪
狭い厨房、料理人は一人でよくこれだけのメニューを熟せるなと、手際の良さに関心。
そして出前の電話のベルがよく鳴る店でもある!
「はい、チャーハン大4人前!!」って...何と素敵な響きなの(^^)/
しかし、ほとんどが風俗店からの注文だと思われる(笑)

R0000152_edited-1_201702142057107e4.jpg

ワタクシのロースカツ定食はプラス100円でチャーハンに変更可能ね♪

R0000157_edited-1.jpg
R0000158_edited-1_2017021420570722e.jpg

深めの皿にしっかりと1人前、このタイプのチャーハンはフライパンの溶き卵の中に白ご飯を
躊躇なく放り込むタイプであり、それはお昼時な時間との勝負なのであろう。
チョイと柔らかめな米粒が卵でコーティングされている。
このタイプのチャーハンは嫌いではない、焼き過ぎカラカラの卵が入るチャーハンよりずっと良くもあり♪
香り漬けに胡麻油がふわりと鼻孔を膨らませる(笑)
このチャーハン、単品で280円というお安さである(^^)/

R0000160_edited-1_20170214205738478.jpg

定食付け合わせの玉子焼きにキムチは結構な量、
そして豚コマ切れ肉たっぷりの豚汁!!
特化した味では無いのだが、これはガッツリといきたい時に嬉しき付け合わせでもある(^^)/

R0000161_edited-1.jpg

メニュー。
安い!おいしい!ボリューム満点!!!
まさに、その通り!?
トンカツはこのお値段では特出するレベルでもあり!!
チョイとDEEPなお店です(^^)/

R0000149_edited-1_201702142056449d1.jpg
R0000154_edited-1.jpg

R0000166_edited-1_20170214205750dc2.jpg

【仙豆 (センズ)】

大阪府大阪市中央区日本橋1-1-1
06-6213-2919
営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00
定休日:木曜日

堺力餅食堂 自家製平打ち麺と和出汁香るカレーうどん

2017年 02月13日 20:43 (月)

R0000129_edited-1_20170213191707c9e.jpg

たっぷりな薄揚げが呼吸をしている鉢の表面。
ワタクシの好きなお揚げさん、ぷくぷくっと気泡が沸き立ち、何か可愛い♪
運ばれて来た瞬間にプ~ンと香る鰹の風味とこれは鯖節かな!?
これは絶対に美味しいカレーうどんだと確信する(^^)/
ほんだしでこの香りは絶対に出せない(笑)

R0000140_edited-1_20170213191749f02.jpg
R0000142_edited-1.jpg

堺、山之口商店街に在る力餅食堂。
この辺りは戦火を逃れたらしく古き良き店が未だに多い地域だ。
昭和の50年代、ワタクシ少年剣士でありまして、この山之口商店街にある剣道具の店へ
来た時の事を未だに鮮明に覚えている。
その当時、この商店街は人と人がすれ違うのも難しかった程に栄えていた記憶が蘇り。
今は半数以上がシャッターを閉じた商店街であり、それは何とも寂しい限りである。

R0000124_edited-1_20170213191710395.jpg

さてさて、力餅食堂。
堺市には数軒、大阪府内には十数軒、暖簾分けの店のようだが、
本店が何処に在ったのか、調べても分からなかったのですよ。
この事はいずれこの道の詳しき方に聞いてみようと思っている。
力餅の最大の特徴は、「8年以上働いて信頼を得たら独立できる」というのれん分け制度。
店内は昭和の佇まいだが清掃は行き届いている♪
メニューは汁物、丼物がメイン、ぜんざいやお雑煮までもが存在する(笑)

R0000139_edited-1.jpg
R0000126_edited-1_201702131917099c0.jpg

カレーうどんは力餅食堂の定番であり、そうそうお赤飯も店頭で売られている事が多い食堂だ!
外食でお赤飯を頂ける機会などそうそう無く、喜んで注文してみた訳だ(笑)
ごま塩をサラサラっと振りかけて、これは餅米100%なタイプのお赤飯ね♪

R0000131_edited-1_201702131917063fd.jpg
R0000135_edited-1_20170213191752543.jpg


自家製平打ち麺のうどんはコシは皆無でありながらも、
お箸で摘まみにくい、そしてにゅるにゅるっとした食感が意外と楽しく(笑)
これはこれで有りだなと...
和出汁のカレー味とこれが絡む絡むのだ!
お出汁は無添加、無化調の優しき自然なお味、あぁ~あぁ~美味しい(^^)/

R0000145_edited-1_20170213191804674.jpg
R0000140_edited-1_20170213191749f02.jpg

お店自体はとても古いが、ちゃんと鰹で出汁を取り、意外や意外、麺も全て自家製麺とは、
昔の方は食に対する意識の高い方もいらっしゃったのだと!
そうで無い方も多いので~
大衆食堂的な趣きにワタクシも、どうせ製麺所製な麺かなと侮っていた愚かさ。
此処は行って見る価値のあるお店です(^^)/

R0000137_edited-1_20170213191751eb7.jpg

【力餅食堂】

大阪府堺市堺区大町東2丁1-10
072-238-0253
営業時間:[金~水]11:30~19:20 [木]11:30~15:00
定休日:不定休

お好み焼き なおさかの大和焼

2017年 02月12日 15:13 (日)

R0000106_edited-1_20170212110503125.jpg

大和焼き(790円)
生地を薄く鉄板に引き、もやしや天かす、しめじにコンニャク等が乗せられて
厚めの豚バラ肉と海老に生卵がトッピング、形としては広島風お好み焼きな形態。
煎り胡麻の風味よろしく小麦粉は少な目なのでヘルシーなのか!?(^^)/

R0000084_edited-1_2017021211032294f.jpg

大和高田線、長尾中学のすぐ西側に在るお店。
随分と昔からあるお店だが入ったのは今回が初めて♪

R0000085_edited-1.jpg
R0000100_edited-1.jpg

真冬のつき出しに全く美味しくも何ともない冷凍の枝豆を出されるセンスはどうかとも思えるが...
店内はお洒落なテーブル席のみの形態、
スピーカーからはコルトレーンのテナーサックスの音色が心地良くもあり。
結構な席の数だが店側のオペレーションが客数に追いついていない印象。
何を注文してもそれなりに時間が掛かるも急ぐ身でも無かったのが幸いであった(笑)

R0000093_edited-1_20170212110403f13.jpg
R0000098_edited-1_20170212110402c80.jpg

まずは豚キムチにホタテのバター炒めで酒のアテとした。
豚キムチの厚みのある豚バラ肉が特に美味(^^)/

R0000113_edited-1.jpg

お好み焼き類は目の前の鉄板で店員さんが焼いてくれるタイプ。
マヨネーズと辛子はどうしますか?はい、入れてください♪
ソースを掛けてコテ(テコ?)で伸ばしてくださいねと(^^)/

R0000115_edited-1_201702121105460a7.jpg

青のりと鰹節でお化粧を施しセルフで掛け放題なのがちょっと嬉しい♪
刻みキャベツが入らない分、食感は軽く甘めのソースでありながらもサクサクと行ける(^^)/

R0000109_edited-1_2017021211050132a.jpg

ミックス焼きそばは+300円のでかでか仕様で注文♪
底の海老せんが焦げ付き防止の役目である。
ソース焼きそばフライパンで無く大きな鉄板で焼くのが一番、美味しいですね(^^)/

R0000116_edited-1_20170212110544fb1.jpg

海老が大きい目だとテンシュンが上がる...
海老や烏賊のトッピングが嬉しくミックスの醍醐味を味わう(笑)

R0000087_edited-1_2017021211032052e.jpg
R0000088_edited-1_20170212110319072.jpg
R0000089_edited-1_20170212110318177.jpg

メニュー。
定番のお好み焼きに創作のオリジナルなお好み焼きも充実!
ではあるがこの店はやはりオペレーションの問題だけですね。
店員さんが出前へ行くとフロアーは一人で切り盛りしなければならなく、
テーブルで焼くスタイルなのでどうしても手薄になってしまっているのだ。
その点だけが惜しい。
お会計は生ビール、瓶ビール、柚子チューハイにウーロン茶のドリンク、合わせ2人で5千円弱。

R0000118_edited-1_20170212110603acd.jpg

焼きそばの底に敷いてある海老せんがソースと油が浸みて意外に美味しかった(笑)

R0000120_edited-1_20170212110602cf5.jpg

【なおさか】

大阪府堺市北区中長尾町4-4-14
072-254-8078
営業時間:平日のみ11:30~14:00 夜は17:00~24:00
定休日:水曜日

雪の王将 針インター店

2017年 02月10日 21:57 (金)

R0000050_edited-1_20170210195346d5e.jpg

奈良県、名阪国道の針インター交差点...
もうどうしようかと思える雪雪雪!!
雪国の方からすれば、その程度で?と思われるだろうが都会っ子は雪に弱いのよ!
こんな時に限って車のワイパーの寿命が突如来た...
ガガガガっ!と音を立てびびるワイパーゴム^^;
もう、なるようになれと、ヤケクソに~でも帰りに換えのワイパーは買った!(笑)

R0000053_edited-1_201702101953440a0.jpg

この日は奈良で少々な仕事。
餃子の王将 針インター店も雪で覆われていた(笑)
実はこの日、針インター近くの昔ながらの大衆食堂、はり食堂を目指して行ってみたのだが、
その店の姿が確認できず、大雪の中を引き返しチェーン店ばかりの針テラスでランチとなり。

R0000054_edited-1_2017021019534385f.jpg

王将へ来るのも随分と久しぶりだ。
各店舗ごとにオリジナルな定食を出されているところには好感が持てる。
チェーン店とはいえ、その店の個性が出せますもんね♪
しかし此処は奈良だ、「奈良に美味いものは無し!」とまで言われた県であり、
油断してはならぬ(笑)
それは店云々という訳では無く奈良県人の食意識の問題を呈している訳だ。

R0000058_edited-1_20170210195342fc7.jpg

炭水化物が被るセットものは控え天津飯と野菜炒めを単品注文。
もちろん、チャーハンも考えたが奈良、そして王将、作り置きの可能性が極めて高く、
危険はいっぱいだ(笑)

R0000062_edited-1_20170210195436d33.jpg
R0000065_edited-1_201702101954351dd.jpg

保温機で常に温められている餡は温く、化調感たっぷり、粗悪な酢の酸味が突出していて
旨味を感じられるところが皆無であり全然美味しくない(笑)

R0000059_edited-1_20170210195438556.jpg

野菜炒め。
オイスターソース・ベースのスタンダードな味。
これはさすがに作り置きは出来ないであろう的に注文♪
キャベツの真芯は出来れば取り除いて欲しくもあり...
しかし注文後、ものの3分程で提供されるスピード感だけは素晴らしい(笑)

R0000071_edited-1.jpg

都祁の畑、道の駅の野菜直売所のようなところ!
此処へ立ち寄る数分前、奥さんから「お米が無いの~とLINE」が...
ほうほう、何てタイミング、此処で有機栽培の米を買い求めて明日の朝食へと(笑)

R0000069_edited-1_2017021019545847f.jpg

スタッドレス・タイヤに履き替えていて良かったなと♪
しかし、針はさすが関西のシベリア、とっても寒かった(笑)

洋食コスギ 超ボリューム牡蠣フライ

2017年 02月09日 20:50 (木)

R0000035_edited-1_2017020919281719e.jpg

どどんと登場、牡蠣フライ!(800円)
おそらく牡蠣チューブ1本分でしょう、毎年此処の牡蠣フライの量には圧倒される!
何年前だったかな、牡蠣フライが12~3個入って650円だったのですよー!!
その時の衝撃は未だに忘れられないw
今年は9つ、チョイと型も大き目なサイズになって来ましたな(^^)/

R0000049_edited-1.jpg

年に数回はお邪魔しております洋食コスギさん♪
住宅街の~路地裏の~こんなところに洋食屋さんが??みたいな場所にある(笑)
このような場所に在るにも関わらずいつもお客さんで賑わっているのだ。
この日も団体さんがどーんと!

R0000033_edited-1_20170209192819fde.jpg
R0000029_edited-1.jpg
R0000030_edited-1_20170209192747159.jpg

メニュー!めっちゃ安いっす(笑)

R0000034_edited-1_2017020919281894f.jpg
R0000039_edited-1_201702091929007dd.jpg

ビールと牡蠣フライの相性は最高だ♪
自家製のタルタルソースに漬けて...食べても食べても中々減らない嬉しさ(笑)
注文後、はいよっ!と大将が腰を上げ下処理から調理が始まる。
パン粉は細かめ、カラリとサラリとな揚げ加減で衣はサクサク、牡蠣身はジューシー!!!

R0000026_edited-2.jpg

そして洋食屋さんなのに酒のアテも充実(笑)

R0000040_edited-1_20170209192900ab0.jpg
R0000044_edited-1_20170209192859d43.jpg

おでん盛り合わせは500円!!!!
洋食屋なのに何故かおでん、1個1個それぞれ大きいのだ(笑)
30cm級のお皿にこれまた凄い量のおでんだった(^^)/

R0000045_edited-1_201702091928583f4.jpg

牡蠣フライ、おでんを繰り返し牡蠣がなんとか3つまで減ったところで白ワイン♪
生牡蠣にワインは絶対に合わないが火を通すと相性は良き方向に激変する(^^)/

そして超低姿勢接客の大将と界隈の情報交換話に華が咲くのであった(笑)
下町ならではの値段設定と大将と女将さんの緩~い接客がいつも心地良い店だ(^^)/

R0000047_edited-1_2017020919285798b.jpg

【洋食コスギ】

大阪府松原市天美我堂6丁目5-45
072-331-8188
営業時間11:00~21:00(通し営業だが14時から夕刻までは日替わり定食のみな事が多いw)
定休日:水曜日