時遊人アッシュの食べ歩き日記

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

鹿児島 黒豚しゃぶしゃぶ発祥の地 あぢもり

2017年 01月05日 20:08 (木)

R0000943_edited-1.jpg

薔薇の花をイメージされた盛り付けは何とも美しい♪
通常の豚肉のしゃぶしゃぶ用な肉は色はもっとピンク掛かっているのだが...
黒豚はTHE赤身肉な色。
黒しゃぶのコースは通常は4千円後半の値で頂けるようであるが、予約時は個室しか
空いていなく六千五百円からとなります~サービス料も加算されますけど...
折角、鹿児島まで来たのだから一番、美味しいと言われるお店で黒豚を頂こうではないか!
しかしこの個室、まるで中小企業の社長が愛人を連れ隠れてメシを喰う!
みたいな状況化で奥さんと美味しく頂きました(笑)

R0000989_edited-1.jpg

元祖黒豚料理あぢもり。
黒しゃぶと言う名は商標登録されているようだ。

R0000933_edited-1.jpg

生ビールはサッポロ黒、鹿児島で何故にサッポロビール?
店主の佐藤さんは北海道出身な為だそうだ♪
大丈夫、ワタクシ、日本の4大ビール・メーカーではサッポロ・ビールをこよなく愛しております(^^)/
お通しは白菜、若芽、豚ミンチ肉が乗り。

R0000939_edited-1.jpg

揚物はじゃがいものコロッケに小さな豚ヒレ肉のトンカツが2つ♪
もっとドーン!と厚切りのトンカツを盛ってよ!!
残念ながらそれは別メニューでどうぞ(笑)

R0000944_edited-1.jpg
R0000942_edited-1.jpg

黒豚の肉は肉赤く、サシは少なく脂身の白が主張する!
黄金色の鍋に黄金色のスープがたっぷりと入る。
この出汁は門外不出なようで...そう聞くと何が何でも分析したくなるではないか(笑)
仲居さんがいない間にこっそりと飲んでみた♪
鰹と昆布、みりんに酒かな?この鋭角的な味は魚醤かも?
などと感じられるも真相は闇の中(笑)

R0000946_edited-1.jpg
R0000947_edited-1.jpg
R0000950_edited-1.jpg

着物姿の仲居さんが薔薇の花な部分をポイっと鍋の中へ~
「まずは、そのままでお召し上がりください」

R0000952_edited-1.jpg

この肉質は今まで味わった事の無い美味しさ!!!
特に脂身の美味さは特出している。
これが本場の黒豚の美味さかなのか!!!(^^)/
ただ、欲を言うなればこの出汁には少々な不満があり...
魚醤であろう角のある出汁は長期熟成醤油の方が素材の美味さを引き立て、
もっと美味しく頂けると思うのだが。

R0000963_edited-1.jpg

器に3分の1程の出汁を入れ生卵を溶いて頂くのがこの店のスタイル♪

R0000959_edited-1.jpg
R0000965_edited-1.jpg

白菜、ほうれん草、白ネギ、椎茸にエリンギ、エノキ茸にお豆腐、餅巾着はお正月だからかも?w
そこへ1枚づつ、高級黒豚肉を広げつつ大事にお大事に頂きます(笑)

R0000969_edited-1.jpg

この黒豚の肉質は最高級ランクでしょう!
良質な脂身の美味さは今まで経験した事の無いレベルである。
ただ、この出汁には不満が残る。
もっと、美味しく頂けるハズだと感じられたのは出汁文化の関西人として思ってしまったのかも。

R0000970_edited-1.jpg
R0000973_edited-1.jpg

締めはコシのある細うどん。
黒豚と野菜のエキスが抽出された出汁には、うどんを泳がせるように♪
大阪でいう雑炊的な締め!
そして満足度は高い(^^)/

R0000980_edited-1.jpg
R0000983_edited-1.jpg

デザート!
シャーベットと羊羹。ほっこりと(^^)/

R0000956_edited-1.jpg

大阪でこの美味きレベルの黒豚肉を頂いた記憶は無い。
流通が発達しているとは言え、本場で頂けなければならない本物もまだ多くあるのだろう。
鹿児島は今、「黒豚」「黒牛」「黒鶏」と食肉文化が盛んである。
エサは特産のサツマイモが主流、放牧できる環境化、
肉質で他府県がそうそう太刀打ち出来る訳も無く(笑)

R0000984_edited-1.jpg
R0000987_edited-1.jpg

出汁文化の違いはあれど、時に郷土料理的なものは合わない物も多数あり。
正直に言えば、この店の出汁は合わなかったが、
このような豚肉が存在していたのかと郷土な料理も侮れない(^^)/

【黒豚料理 あぢもり】

鹿児島県鹿児島市千日町13-21
099-224-7634
営業時間:[昼]11:30~14:30[夜]17:30~21:30
定休日:水曜日(不定休あり)

これはもうステーキだ!とんかつ立花の牛ヘレビフカツ

2016年 08月01日 21:11 (月)

IMG_0140_edited-1.jpg

この店のデミグラスソースは出される前に熱せられるので、
カメラのレンズが曇ってしまいしょうがない(笑)
牛ならではの赤身を残すジューシーな揚げ加減♪
口の中へ放り込むと和牛肉ヘレの旨味が溢れるのだ!
何という美味さだろう、幸せ(^^)/

IMG_0131_edited-1.jpg

とんかつ立花。
堺でもっとも美しいきやき通り沿いに在るお店♪
美味いとんかつが食べたく成り久しぶりの訪問。

IMG_0146_edited-1.jpg

店へ入りメニューをじっと眺める事30秒...
全ての品がどれも美味しそうに見えてしまう猛暑の午後(^^)/
幸いな事に財布の中に2千円は入っていたので大きく勝負に出る事にする(笑)

IMG_0145_edited-1.jpg
IMG_0133_edited-1.jpg

あぁ、今、肉を喰ってる!なレベル高き和牛肉の旨味♪
アメリカ産やオージーな肉も調理の仕方では随分と美味くなるのは分かっているが、
慣れ親しんだ和の牛肉は日本人なれば特別なと感じられるであろう。
白ご飯は少々、柔らかめだが椀に入るならば許せてしまう(笑)
赤出汁のお味噌汁はかつ処ではよく有るものだが特に鰹香る美味きもの(^^)/

IMG_0147_edited-1.jpg

此処のかつ物は定期的にどうしても頂きたくなる美味きもの(^^)/

IMG_0150_edited-1.jpg

すぐお隣は超人気イタリアン・ジェラートのお店。
まさか二日続けて、このけやき通りでランチと成ってしまうとは、
この時にはまだ予想すら出来なかった午後の出来事(笑)

【とんかつ立花】

大阪府堺市堺区南三国ケ丘町3丁5-24
072-228-0466
営業時間:11:00-14:00 17:00-21:00
定休日:木曜日

にんにくダレ焼肉ホルモン 幸屋

2016年 04月23日 06:43 (土)

20160422170334347.jpg

店先で焼かれるホルモンはテイクアウト100g150円!
50m手前から強烈なにんにく匂が漂う界隈の人気のお店♪
時にどうしても欲してしまい今では年に一度は買い求め、
夜な夜な酒のアテと成り(^^)

20160422170110b15.jpg

焼肉 幸屋
もう10年程前か、一度だけ店内で焼肉を頂いた事があり、
カウンターでガス火のロースターを目の前に…
独り大瓶とミノをアテに孤独な活動を楽しんでいた♪
テーブル席の酔っぱらい客の声が大きくなり始めたところで店を後にした記憶が蘇る(笑)

20160422170334e3a.jpg

400gくださーい♪
テッチャンが主に、ふわふわと呼ばれる謎の部位がやたらと美味く肝が入り濃厚なニンニクダレが絡む〜
そのままでも野菜等と炒めても良し!
毎日は要らないけど時に無性に食べたくなる味ね(^^)
西成ホルモンやまきを彷彿させる(笑)

2016042217033456c.jpg
20160422170334385.jpg

地元の方しか知らないであろうディープで小さな商店街。
ふと見つけた何とも寂れた感ある大衆食堂は次回の楽しみとしようかな(笑)

20160422170110f82.jpg

頑張ってスマホから更新してみましたが…
どうでしょう(^^)

【焼肉 幸屋】


松原市天美西1-13-17
072-331-8463
16:30〜12:00(テイクアウトのホルモンは15:00〜)
定休日:月曜日

悪魔の領域ニンニク・タレ 焼肉和ちゃん

2016年 04月13日 21:44 (水)

R0030713_edited-1.jpg

この店の上ミノは本当に美味しい!
丁寧に包丁で切り目を入れられた特上のミノは噛めば噛む程に甘味と旨味が溢れ出しますな♪
子供の頃から何故かミノに執着がありまして~
これはミノ好きであった親父の影響を受けて引き継いでしまっている(笑)
親父と最後に行った焼肉屋は深井の煙がモウモウなミラクだったかな?
ミノを頂くといつも思い出してしまうかな~
もう30年以上前の話である(^^)/

R0030697_edited-1.jpg
R0030698_edited-1.jpg

塩タンに焼きシャブ!
共に最高の肉質である。

R0030701_edited-1.jpg
R0030707_edited-1.jpg

美しきサシの入った焼きシャブはこの店最高のお値段(笑)
卸しポン酢に漬けてあっさりと頂くのがこの店琉でもあり♪

R0030696_edited-1.jpg

大根キムチに悪魔のニンニク・ダレ!
この小皿にいったい何個分のニンニクがはいっているのか???
これはもう、ジャンキーを飛び越えて悪魔の領域でもある♪
この店へ行く際はどうでも良い服を着ていく事をお勧めする程に、
全身が焼肉臭に覆われてしまうからだ(笑)

R0030709_edited-1.jpg

ハラミとミノと脂身の少ない赤身の肉をくださいなと、注文♪
赤身の肉は上ロース!和牛ならでは美しきサシ!
舌の温度で勝手に溶けて行くというのを実感出来るであろう美味き肉質でもある。

R0030716_edited-1.jpg

プチ糖質OFFダイエット中にも関わらずも少しだけご飯が食べたくて食べたくて2016春...

R0030694_edited-1.jpg

ニンニク効果か?キャベツ皿は3度のお代わりをした(笑)

R0030718_edited-1.jpg

タレのタンにツラミ♪
共に500円!庶民価格(^^)/

R0030720_edited-1.jpg

胡麻山椒香る玉子スープ♪
味のベースは鰹出汁、多過ぎるやろ的な玉子の量と擦り卸し立ての胡麻と山椒ね~
うん、あっさりと美味しい~(^^)/

R0030688_edited-1.jpg
R0030689_edited-1.jpg

メニュー
若い頃はチョイとお高めな焼肉屋さんと思っていたが何とか払えるようになりました(笑)
この店は南大阪でも有数の肉質では無かろうか!(^^)/

R0030723_edited-1.jpg

【焼肉 和ちゃん】

大阪府松原市天美我堂2-370
072-335-2222
営業時間:夕方から~
定休日:未確認

独り焼肉の夜 KASUYA

2016年 02月23日 21:48 (火)

R0001818_edited-1.jpg

高火力で焼かれる上ミノ♪
焼肉屋さんへ行くと必ず注文してしまうのがミノである。
噛めば噛む程に旨味が抽出されて幼少の時期からこれだけはハズせない(笑)

R0001839_edited-1.jpg

かすうどん、ホルモンのKASUYA。
今やチェーン展開されているファミレスのような綺麗な店舗。
ワタクシの記憶が正しければ2~30年前、大和高田線の恵我之荘辺りに在ったうどん屋さんの名と
おぼろげ乍ら記憶しているのだが、果たしてどうだろう?
油かすという地域限定の特殊な食材を用いた南河内の伝統食ではあるが、
ワタクシは油かすがとにかく苦手であり好んで食べる事は全く無く...
サイボシ等を含めて食肉文化が発達している羽曳野市や松原市のスーパーなどでは
よ~く売られている食材だ。

R0001799_edited-1.jpg
R0001801_edited-1.jpg

注文はタッチ・パネル、生ビールはドライしか無かったので瓶ビール♪

R0001803_edited-1.jpg
R0001811_edited-1.jpg

ネギ塩タン。
片面を軽く火を通し裏返して葱を乗せる♪
独り焼肉は自分のペースで、回りから見れば寂しい独り焼肉の姿であろうとも
マイペースで実は楽しめる術をここ最近知ったのだ(笑)

R0001832_edited-1.jpg
R0001824_edited-1.jpg

赤身の盛り合わせをタッチ・パネルにて注文♪
ハイ・ボールは2杯目ね~
肉の部位を説明されたパネルが刺さっているのだが、あまりよく分からない(笑)
思わずつぶやいてしまった言葉が「薄い、薄すぎやろ!」www

R0001835_edited-1.jpg

締めは黒毛和牛のハラミ♪
何でもかんでも黒胡椒と油まみれな肉を出されるのは、ちょっと(笑)
さてさて、総評だが肉質の良さをチェーン店に求めるべき事は無いなと~
やはりワタクシには個人のお店が合っているような、やはり気がする♪
お姉さんは可愛かったのですけどー(笑)

R0001838_edited-1.jpg
R0001842_edited-1.jpg

総額5千円以下、庶民の焼肉の適正価格ね。
一度は行っておかなければ!的に伺った店ではあるが、もっと美味しいお店をいっぱい知ってます(笑)

【KASUYA 松原店】

松原市天美我堂
0723392229
営業時間 [平日] 11:00~14:30 17:00~02:00 受付は終了30分前まで
[土曜日] 11:00~14:30 17:00~03:00 受付は終了30分前まで
[日曜日] 11:00~14:30 17:00~02:00 受付は終了30分前まで
定休日 [なし]