時遊人アッシュの食べ歩き日記

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

横浜中華街 台湾料理「萬和樓」

2017年 07月20日 20:23 (木)

R0010894_edited-1.jpg

華やかな横浜中華街で異色の店構え「萬和樓」
まるで昭和の大衆食堂のようだ。
店へ入るとエアコンが切れている、「おっ、来たか!」と男性店主がスイッチを点けられた。
節約の為に切っていたのだとは思うが電気代よりその30年程前のエアコンを換えた方が
より節約になるのではなかろうかと思ったがそれは言わずにおいた。
店内にお客の姿は無し、これは選択を誤ったかなと懸念するも、
「台湾料理は初めてか?」
「台湾へはよく料理を食べに行っていますよ」この言葉に喰い付いて来られた(笑)
「ベジタリアンか?」「いいえ、全く」
コチラの店ではベジタリアン向けの料理も提供されているようだ。

R0010866_edited-1.jpg
R0010865_edited-1.jpg

店内には所狭しに色褪せた料理の写真が掲げて有るがどの写真も大して美味しそうに見えない(笑)
4人掛けのテーブル席が5~6卓の小さなお店。

R0010869_edited-3.jpg

横浜山下公園で花火を鑑賞後、暑い暑い蒸し暑い!
台湾ビールで喉に潤いを与え♪
「豆腐干糸(押し豆腐の糸切り)は有りますか?」
「今はないんだよ~」
タメ口の日本語でそう説明された(笑)

R0010877_edited-1.jpg

空芯菜のにんにく炒め、キクラゲとしめじの合わせもの。
ザクっと包丁の背で潰されたニンニクと貝柱出汁のスープがとっても美味い(^^)/

R0010880_edited-1.jpg

自家製腸詰めのソーセージ!
ビールのアテに無添加、無化調の自然な味。

R0010882_edited-1.jpg

水餃子。
豚ひき肉とニラ、もっちもちの皮の旨味。

R0010884_edited-1_201707202021101e2.jpg
R0010888_edited-1.jpg

野菜たっぷり焼きビーフン。
何と素朴なお味♪
食事中も何かと絡みに来る店主、この感じは誰かに似ているな~!
そうだ、満福花子の店主さんにそっくりだった(笑)

R0010871_edited-1.jpg
R0010872_edited-1.jpg
R0010873_edited-1.jpg
R0010874_edited-1.jpg

メニュー。

R0010870_edited-1.jpg

この腸詰めは美味しかったな~

R0010896_edited-1.jpg
R0010897_edited-1.jpg

食後、中華街の食材のお店へ。
神戸や長崎の中華街とは品数のレベルが違いますね。
ありとあらゆる食材が並べれており、そしてお安い。
干し海老だけを買い求めた。
さぁ、何に使おうか。

R0010899_edited-1.jpg
R0010901_edited-1.jpg

かき氷とフレッシュ・ジュースのお店。

R0010903_edited-1.jpg

雪の氷、マンゴーかき氷!
とてもしなやかで舌の温度で溶けるかき氷!
こりゃ、美味い!!!
こちらのお店のお姉さんが凄い美人であった事も付け加えておく(^^)/

【萬和樓】

神奈川県横浜市中区山下町139
営業時間: 11:00~21:00
定休日: 要確認

横浜チャーハンランキングNO.1は本当か!? 清風楼の上やきめし

2017年 07月18日 19:58 (火)

R0010827_edited-1.jpg

上やきめし(1500円)
清風楼のやきめしは並、上、特上とあり具材により値段が変わってくるようで
特上は海老と蟹が入るもかち合うのではと海老入りの上やきめしへと落ち着く事にした。
何、この赤いチャーハンは!?
よ~く見ると焼豚の表面に食紅の色を付けられたタイプのようで広東風の本格的な焼豚が入る、
高級なチャーハンである(^^)/

R0010810_edited-2.jpg

この連休を利用して横浜中華街へチャーハンを食べに行きました♪
台湾か横浜か、どうしようかと前日夜まで迷いに迷って国内に落ち着く事に(^^)/
休日の横浜中華街は人だらけです、人込みが苦手なワタクシ、
心が折れそうになりながらも美味いチャーハンの為ならばと頑張りました(笑)

R0010816_edited-2.jpg

中華街を迷いに迷って開店前に何とか到着すると既に待ち人が数人。
食べ終えて店を出る頃には10数人の行列が出来ていた程の超人気のお店である。

R0010825_edited-1.jpg

猛暑の中、何とか辿り着けたご褒美に大瓶ビール...
でもね、この大瓶は何と880円もするのだ!!!
喉の渇きには代えられず注文したが、ぼり過ぎやろー(笑)
中華街のこういった人気の店のフロアーには何かと偉そうな接客の中華系のお母さんが居るので、
気の短い方は避けた方が良いかもしれぬ(笑)

R0010828_edited-1.jpg
R0010829_edited-1.jpg

さてさて、上やきめし!量的には2人前以上の大盛りである。
米粒は大き目で粒の丸みを残す焼き加減は見事、
味は結構薄味でアクセントにあの焼豚の存在が主張する。
大き目の海老は中にも埋もれていて7~8匹は入っており食べ応えは充分♪
何かが突出しての主張感はそう感じられぬが、まぁまぁレベルは高い。

R0010837_edited-1.jpg
R0010838_edited-1.jpg

清風楼はシューマイがとても有名で、もちろん注文してみた♪
肉々しく繋ぎ感少なく玉葱と青葱の構成だが僅かな化調感を感じられたのが残念。

R0010832_edited-1.jpg
R0010833_edited-1.jpg

上やきそば(1780円)
あの池波正太郎が愛したと言われる清風楼の焼きそば!
素焼きの太麺にオイスターソースベースの餡かけ、具は細切りの豚肉がたっぷりと入り、
もやし&玉葱はシャキシャキっと、こちらも量的には2人前以上の大盛りである。

R0010830_edited-1.jpg

チャーハンは確かに美味しい、だがトータルで満足出来たのかと言えばNOである。
その大半の原因に接客姿勢があり、気持ちよく食事が出来た訳では無い。
フロアー担当のお母さん、中国ではその接客が通用しても此処は日本である。
人気店であるが故の驕り高ぶりを感じざるを得ない。
そしてこのチャーハンが横浜NO.1とは到底、思えない。
お客を持て成す姿勢は皆無に等しい。
食はまず、お客が如何に気持ち良く食を楽しみ頂く姿勢を店側が持ち、
そこから味は始まるのだ。
折角の美味しいチャーハンがこの「おばはん」のせいで印象は台無しである(笑)
チャーハンターの皆さん、此処は行かなくてイイです!

もっと美味しいチャーハンのお店、いっぱい知っています(^^)/

【清風楼 (セイフウロウ)】

神奈川県横浜市中区山下町190
045-681-2901
営業時間:11:45~14:30(LO14:00) 17:00~20:30(LO20:00)
[日・祝]12:00~20:30(LO20:00)
定休日:木曜日

カフェはたち カフェとは思えぬ物凄いチャーハンの巻

2017年 07月08日 17:14 (土)

R0010660_edited-1.jpg

ふわっふわでそれぞれが丸みを帯び独立している米粒。
どちらかと言えば柔らかな炊き加減のご飯ではあるが卵を上手に
散りばめられ空気感を含ませた、見事なチャーハンだ(^^)/
点在する大き目なブロック状の焼豚に心が躍る♪
カフェとは思えぬ物凄いチャーハンに出会ってしまった(笑)

R0010672_edited-1.jpg

堺市美原区の国道309号線沿いにあるカフェはたち。
以前、モーニングの極厚たまごサンドイッチを頂いたお店であり、
その時、厨房をチラっと覗くとかなり本格的な中華コンロが見えメニューには中華ランチの数々、
一度は行ってチャーハンを試してみなければと忘れた事はなかった店だ。
実はワタクシにはこのようなチャーハンを味わってみたいお店が山ほどありまして..
そんな事ばかりを考えながら日々が過ぎゆくのであった(^^)/

R0010655_edited-1.jpg

炒飯定食(800円)
中華定食にはスタンダードで海老チリがつくようで、この日の一品は竜田風から揚げ!

R0010657.jpg
R0010667_edited-1.jpg

注文後、厨房からは鍋を振るカンカンカン!と良い音が響く♪
お玉で掬ってふわりと崩れるチャーハンは油が多過ぎず空気感を持たせたタイプ。
味付けは薄味で塩加減程良く、化調は使われていない。
それにしても量が多く大盛りにしなくて本当によかった(^^)/

R0010663_edited-1.jpg
R0010662_edited-1.jpg

海老チリはしっかりとした大きさの海老が3匹、トマトソースと豆板醤べースのお味、
竜田風から揚げは5つと量もしっかり、熱々の揚げ立て、外はからりと中はジューシー!
噛むとサクッと音がした(笑)

R0010669_edited-1.jpg

食後はプラス200円のアイス珈琲を注文するも、これまた量が多い(笑)
かなり濃い目の珈琲であり美味しい(^^)/

R0010647_edited-1.jpg

ランチメニュー。
ふわふわかに玉に季節の八宝菜、黒酢の酢豚...
どれもがそそられるメニューではないか!
また、試さなければメニューに後押しされて行ってしまうのであろう(笑)

R0010654_edited-1.jpg
R0010650_edited-1.jpg

極厚のタマゴサンドイッチもお勧め(^^)/

R0010670_edited-1.jpg

【カフェはたち】

大阪府堺市美原区黒山480-5
072-363-2999
営業時間:6:30~17:00
定休日:年中無休

美味いチャーハンを追い求める旅 台湾料理 麗郷 渋谷店

2017年 07月05日 21:26 (水)

R0010576_edited-1_20170705191851a3e.jpg

麗郷 渋谷店
昭和30年創業のお店。
昭和40年に道玄坂と文化通りを結ぶ道玄坂小路に移転、
レンガ造りのまるでお城のようなお店である。

表参道で奥さんのお好きなグラスを買う為だけに東京へ!
「一緒に行きましょう」
「嫌だ、東京なんて人だらけだも~ん♪」
「きっと美味しいチャーハンがありますよ!」
「うっ、そ、そうなんですか!?」←単純(笑)
半ば騙されて来たようなものであった!^^;

R0010600_edited-1.jpg

エビ入りやきめし(900円)
八角の銀皿にてんこもりのやきめしは大きな海老がドドーンと乗りグリーンピースが彩り担当♪
カウンター席の目の前が「炒」の厨房前で調理の様子がよ~く分かる。
まぁ適当な感じで調理をされているが火力使いは相当なもの、
米粒は丸みを帯びてそれぞれが独立したものだが、このチャーハンの半分は炒め直しである。
所々に2度に渡り油でコーティングされた米粒の焦げがみられる。
なのだが、味はそこそこイケてしまうのだ(^^)/

R0010583_edited-1.jpg
R0010610_edited-1.jpg

腸詰がぶら下がるカウンター!
中央には10人掛けの大きな円卓、どうやら相席仕様のようだ。
店内もレンガ造りのレトロ感は満載であり、フロアー担当の中華系の方々はせわしない接客。
もう少し落ち着いた接客が良いわよ!(笑)

R0010585_edited-1.jpg
R0010587_edited-1.jpg

生ビールはサッポロ、そして謎の食べ物、肉圓(バーワン)500円
「千と千尋の神隠しで」千尋のお父さんが食べている、ぶよぶよの食べ物として有名なようだ。

R0010590_edited-1.jpg

米粉でプニプニと膨らませたゼリー状の皮の中には豚肉と筍等の具材は八角の香り。
ソースは甘辛くチリ風味、パクチーと共にこれは癖になりそうな味だ(^^)/

R0010591_edited-1.jpg

鮮炒金針(百合の花炒め)1500円
この食材は初めてである、台湾ではポピュラーなようだが、
百合の蕾を貝柱ベース出汁とニンニク、塩で味を調えられた
表面はヌルっと食感はシャキと!
次回、台湾へ行ったならば食べてみよう(^^)/

R0010597_edited-1.jpg

カウンターにぶら下がっていた腸詰めを頂かない訳には行かず(笑)
表面を焼くと脂身が出てくるのでしょう、ジューシーさ有り、香辛料の香り豊かでこれは美味。
長ネギとパクチーをくるりと巻いて美味しいゾ(^^)/

R0010605_edited-1.jpg
R0010609_edited-1.jpg

注文後、忘れられていたシューマイ!何処まで蒸しに行っとるね~ん!(笑)
豚肉と玉葱、僅かな香辛料、残念ながら化調感あり、
料理に対する意識はそう高くは無いかと(笑)

R0010578_edited-1.jpg
R0010579_edited-1.jpg
R0010580_edited-1.jpg

ざっとメニュー!
これでもかと言う種類がありも、台湾で大感動した干し豆腐と牛肉の細切り炒め(豆干牛肉絲)も
あるのかな~と見渡すも此処にも無かった^^;

R0010577_edited-1.jpg
R0010611_edited-1.jpg

東京へ行ったならばもう一度、行く?
いや、行かない、だってチャーハンが2度炒めだもん!(笑)

【麗郷 渋谷店 (レイキョウ)】

東京都渋谷区道玄坂2-25-18
03-3461-4220
営業時間:平日(火~金)11:30~15:00 17:00~23:00LO 土・日・祝11:30~23:00LO
定休日:無休 (お盆休み、年末年始休みあり)

今宵もチャーハンター 百華扇の美味しい焼飯

2017年 06月30日 21:58 (金)

R0010487_edited-1.jpg

ふわっとぷっくりな米粒!
お玉で皿へ盛りつけると米粒の間があり綺麗な卵のクッション感、
高火力で飛ばされる油で立て割れする空気感あり♪
油の多すぎるチャーハンはお玉により丸く一つの塊となっている事も多いが、
空気感を含まれたものは、このように立て割れする事が多いのだ。

R0010496_edited-1.jpg
R0010494_edited-1.jpg

此処のチャーハンの特色として煮筍の存在が特出する♪
甘辛く炊かれ刻まれた多くの筍の存在が良いではないか(^^)/
綺麗に斑に点在する焦げ目の無き綺麗な卵、
この凄いチャーハンが580円で出されるこの店は界隈の大人気の店でもあり。

この店の炒め担当の若きイケメンの調理人、目力が凄い!
一心不乱に鍋を注視する料理に対する姿勢が素晴らしくあり。
ムラの無き完璧な焼き具合。
そして必ず笑顔で接客する、大将の教えが良いのか、
イケメン君の料理に対する姿勢が元々に良いのか、
それは分からないけど~(笑)

R0010498_edited-1.jpg

堺市北区の東の果てに在る百華扇。
以前だったか、その以前だったか、記憶はいつも曖昧だがw
子供を含む家族数人で来店されていた全員がチャーハン単品をそれぞれ、
お召し上がりに成られていた光景を思い出す!!!!!
「この一家はチャーハンター!」何と素敵な家族であろうか(^^)/

R0010478_edited-1.jpg
R0010483_edited-1.jpg

お疲れさんの生ビールと焼き餃子♪
一応「水餃子は無いの?」と聞いてみるも「ありません」とドライなフロアー女史(笑)
大将の作られた水餃子が食べてみたいわ(^^)/

R0010480_edited-1.jpg

唐辛子入り鶏のうま煮はハーフで注文♪
ハーフで注文が出来るのがこの店のまた良いところ(^^)/
鶏胸肉の短冊揚げに青梗菜、シイタケ、玉葱に茄子、
オイスターソースベースに片栗粉と豆板醤が合わされた大人のお味♪

R0010473_edited-1.jpg
R0010476_edited-1.jpg

メニュー。
この店で通常の量を注文すると凄い量が出てくるので、
色々と味わってみたい方々はハーフでもよろしいのかと(^^)/

R0010500_edited-1.jpg

ワタクシ的この店のチャーハンは大阪チャーハン10選に入るチャーハンだ(^^)/

【百華扇】

大阪府堺市北区南花田町81 ウッズアーバンビル 1F
072-254-3508
営業時間:AM11:00~PM3:00 PM5:00~PM10:00
定休日:火曜日