時遊人アッシュの食べ歩き日記

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

ゆきのうどんを超えるものはゆきのにしかあらず

2016年 06月30日 18:22 (木)

R0000021_edited-1.jpg

シルクのような優しい口当り、女性的な優しさを持った表面の何と滑らかな事よ♪
この、うどんの特徴は伸びがありながらも歯でパツンと噛み切れる潔さにある。
ゆきのうどんは、もう10数回は伺っているが初めて食べた時から
ワタクシ的に大阪で最も愛する最高峰のうどんと成ってしまった程(^^)/
ブログを見られている知人から「そんなに美味しいの?」とよく聞かれるのだが...
「そんなに美味しいのよ!」としか答えてはいない(笑)

R0000007_edited-1.jpg

午前11時過ぎ、車で南港通りを走行中、ゆきのの店の前を通過すると...
誰も並んでいないではないか!
これは大チャンスだ(笑)
一度、通り過ぎて交差点をUターン、店の東側にあるコインパーキングへ久しぶりに向かうと
駐車スペースが若干増えていて無事に入れる事が出来た♪
先日の捻挫で片足ギブスなのにルンルン♪な足取りで店へと到着(笑)

R0000009_edited-1.jpg
R0000011_edited-1.jpg

メニュー
厨房の見えるカウンター席へ。
麺帯から製麺機で切り立てのうどんは大釜で自由に泳がすうどんの茹で方は以前と変わりなく。
どんなに忙しくとも店主の
「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」の声は途切れる事は無い。

R0000012_edited-1.jpg

天おろし定食(ランチ時は900円)

R0000020_edited-1.jpg

天ぷらは揚げ立て、海老に茄子、南京に大葉、海苔!
海老天などは油の海から手で揚げ具合を確認されるのですよ~
シャキッとカリっと揚げられた天ぷらはこの店の名物だ。
刻み立てのような風味豊かな鰹節と刻み立ての瑞々しい青葱、大根卸が味に一役(^^)/

麺は当然のように美味いのだが圧巻は出汁である!!!!!
鮮度高き鰹の風味と鈍角な醤油の円やかさは優しき出汁と見事に調和する。
此処は汁物も素晴らしく美味いのだが、ぶっかけ汁も劣らぬ美味さを誇るのだ。
美味しく美味しく食べ進んでいると、もうこんなに少なくなっちゃったの?と
いつも悲しくなる程に至福の時の終わりは早くに訪れる(笑)

R0000024_edited-1.jpg

ゆきのへ訪問されて、かやくごはんを頂かない何て人生の半分を損しているかとも思える
実に実に素晴らしき、かやくご飯だ♪
円やかなお出汁の風味と、さきがけ牛蒡と均一に切られたコンニャクと人参の完璧な下処理。
独立する米粒の食感、旨味は堪らない(^^)/

コチラのおうどんは初めて食してからもう10年ぐらいにはなるのかな?
数々の大阪のうどんを食しては来たが...
大阪最高峰のうどんは?と問われれば「ゆきの」と言うしかない(笑)

【うどん ゆきの】

大阪府大阪市東住吉区山坂3-10-14
06-6622-8866
営業時間:[火・水・木・金]11:00~14:00 17:30~19:00(L.O.)
[土・第2第4日曜]11:00~14:00
定休日:月曜・第1第3日曜・祝日(※土曜が祝日の場合は営業)

実に美味しい釜揚げうどん 桂ちゃん

2016年 06月23日 20:42 (木)

R0031656_edited-1.jpg

たぬき太麺(700円)
釜揚げうどんを頂くのはいつ以来だろうと思い出せない程に本当に久しぶりだ。
初めて食したのは10年前、讃岐で頂いてこんなに美味しいうどんの食べ方が有ったのかと
当時は思ったものだった。
厨房が見える席でうどんを打つ茹でる店主の背中に、やはりこの店は間違いの無い
うどんを提供されているなとの姿勢が再確認が出来た。

ワタクシはたぬきを、お連れさんは豆たぬきをと注文。
この方は何度か来ているよな、的な店主の反応(笑)

R0031665_edited-1.jpg

釜揚げうどん桂ちゃん。
地下鉄谷町線長原駅から南へ直ぐ。

R0031652_edited-1.jpg
R0031649_edited-1.jpg

メニュー!と言っても基本的には釜揚げうどんしかないのですけど♪
夏場のざるうどんは2度頂いたが(笑)
釜揚げ1本で勝負するなんて、中々に出来辛きものであろうが余程に自信が有るのだろう!

R0031655_edited-1.jpg

薬味と生姜とお出汁が♪
昆布と鰹の佃煮は出汁を取った後に、味付けをされた自家製の佃煮である。
生姜はほぼ1個分、自ら削り立てを投入するシステムには好感が持てる。
うどんが茹で上がる前にお出汁のお味見を♪
確かに薄過ぎず、濃過ぎず、しかしコクのある醤油を円やかにさせているのは
出汁と味醂の恩恵か。
化調感は皆無、スッキリとしながらも実に味わいある出汁の風味を感じられる(^^)/

R0031662_edited-1.jpg

冷水で締める事の無き釜揚げうどんの表面は緩くとも中心部における芯は1本、
筋が通っている。
小麦粉の適度な熟成によりなグルテンの旨味がしっかりと感じられる麺は旨味の塊ですね~
これは実に実に美味いものだ♪
夢中で食べてしまった程にとても美味しい釜揚げうどんであった(^^)/

R0031664_edited-1.jpg

この店の店主が何処で修業をされたとか、などの野暮な事はもういいではないか。
此処はもう確立されているのだ。
支払い時に「とってもとっても美味しかったデス」と感想を述べさせてもらうと...
満面の笑みで「ありがとうございます」な店主の笑顔が忘れられない(^^)/

【釜揚げうどん 桂ちゃん】

大阪府大阪市平野区長吉長原東3-1-68
06-6790-1555
営業時間:11:00~15:00 18:00~24:00 (L.O 23:15)
定休日:木曜日

Ah-麺 (アーメン) 竹鶏天カレーうどん

2016年 06月13日 17:22 (月)

R0031551_edited-1.jpg

カレーうどんを注文、運ばれて来たカレーうどん汁は並々に!
飛び跳ね防止用の前掛けはどうしましょうか?
男らしく大丈夫デス!と返事したものの器に並々な汁を前に少々な躊躇感を感じてしまう事態に陥る。
小さな器にうどんを移しての跳ねを防止する作業を強いるも、麺のまぁ長い事!
いつまで続くのだろうと心配になってしまった程に麺は長い(笑)

R0031541_edited-1.jpg
R0031553_edited-1.jpg

軽くうどんでも食べる?de久しぶりに寺田町のAh-麺 (アーメン)へ~
大きな竹天はハーフサイズだが食べ応え感は充分過ぎる!
凶悪な大きさの鶏天は子供の拳、2つ分は有ろうかと思える胸肉な鶏天♪
麺上げ写真的に撮ってみたがお出汁を吸ったその重さは手首を痛めてしまう程の重さでもあった(笑)
和の出汁はいりこベースかな、軽くスパイスの効いたダシとの共演的カレーうどん!
チクリと鋭角的に刺さる辛さも心地良くも感じられていまうバランスの整った1杯である(^^)/

R0031554_edited-1.jpg

ランチ時には無料で小ご飯が付いて来るので...どぼ~ん!(笑)
ふっくらと丸みのある米粒はイイお米を使ってはるなと感じられるハズ(^^)/

R0031544_edited-1.jpg
R0031542_edited-1.jpg

お連れさんの、ひやかけ!
熱々のカレーうどんとは茹で時間、そして水で締める事によりな麺の食感は
随分と違うものだなと♪
四国のうどん出汁らしく、いりこ出汁がガツーンと前面に出て来るひやかけ出汁は
爽やかでありながらもコクのある出汁の効いた1杯だ(^^)/

R0031535_edited-1.jpg
R0031537_edited-1.jpg

ざっとしたメニュー撮り!
麺の量は標準で300g、お値段そのまま500gまでは無料であ~る♪

R0031558_edited-1.jpg

こちらのお店、以前はラーメン屋さん、居抜でTKUの2号店と成り...
開店直後に1度来たのだが、店側のオペレーションも、そして味も随分と向上したなと♪
すぐ側に在る鰻の名店、舟屋では大層な行列が...
もう時期は夏なんだなと感じられた梅雨時のランチ活動(^^)/

【Ah-麺 (アーメン)】

大阪府大阪市生野区生野西2-1-29 宇野ビル 1F
06-6712-3111
営業時間:11:30~22:00(麺切れ次第終了) 
中休み無しの通し営業
定休日:月曜(祝日の場合翌日)

讃岐麺屋 あうん 冷やかけうどん

2016年 05月24日 09:09 (火)

R0031313_edited-1.jpg

鰹香る冷たいお出汁に冷水で締められた長い長い讃岐麺(笑)
最初のひと噛みを終え後は噛まずにずるずると飲み込めるタイプなのだ!
しかし、飲み込めど飲み込めど中々、終わらない...
時折、喉の奥で失速し窒息か?などと脳裏を過りながらもこの長き麺に負ける訳にはいかない...
妙な勝負心を掻き立てる麺は5~60cmはあるのだろう。
すすりながらも、うどんで窒息死はさすがにさすがに恥ずかしきもの(笑)
ちょっと、頑張りました←(何で頑張らなアカンねんw)

R0031324_edited-1.jpg

東住吉区針中野駅近くに在る讃岐麺屋あうん。
随分と久しぶりの訪問♪
駒川商店街でついでにお買い物♪
この商店街の物価は一体、どうなっているのかと思える程に野菜や肉、魚が本当にお安く♪
ただ、それぞれが個人商店な為、レジ袋を何個も手にさげなければならないのではあるが(笑)

R0031310_edited-1.jpg

冷やかけセット
舞茸や南京の天ぷらに炊き込みご飯が付く♪
うどんの薬味は出汁の味を損なわぬ茗荷、生姜、葱と潔きもの。

R0031318_edited-1.jpg
R0031319_edited-1.jpg

お出汁のベースは鰹にサバ節といったところか...
円やかで優しく浸みる味だが、しいて言えばお醤油の旨味が出汁に追いついていない。
冷ます事による出汁に心に浸みる深さがあと、僅か!だが
茗荷に生姜、葱とそれぞれに出汁を引き立てる味でもある(^^)/

R0031307_edited-1.jpg

お連れさんの梅おろしぶっかけ!
これは写真を撮っただけで頂いていないのでコメントしようが無く...
喧嘩していた訳では無いのですが(笑)
巨大な紀州南高梅が乗っていた(^^)/

R0031322_edited-1.jpg

鶏天ラブなワタクシがつい頼んでしまった大きな鶏天♪
以前にも思ったが此処の鶏天は胸肉とは思えぬジューシーな旨味が溢れていて、
筋に沿って解れる食べ易さとボリューム有るもの!
3つで300円なので、よろしければ!←(誰に言っているの?w)

R0031301_edited-1.jpg
R0031300_edited-1.jpg

メニュー
他にも沢山ありますが今回はこれだけ(笑)
店員さんの愛想もいいんだけど…
後、この店の課題はオペレーションかな!?(^^)

【讃岐麺屋あうん】

大阪府大阪市東住吉区駒川5-15-3
06-6607-0111
営業時間:11:30~14:30 18:00~21:30
定休日:火曜日

顎が疲れる美味しい剛麺うどん 美曽乃

2016年 05月05日 21:48 (木)

R0031041_edited-1.jpg

この店のうどん茹で時間は相当に長く20分は待ったのではないか!?
ランチ時、1時間の休憩時間ではこの店の訪問は相当に危険でもある(笑)
切り立ての表面はつるっつる、小麦の香りと少々の塩分過多ではあるが、
優しいぶっかけつゆとの相性はすこぶる良い!
うどんや蕎麦はあまり噛まずに飲み込んでしまうワタクシではあるが、
この長い長いしかも剛麺なうどんは何処かで噛み切らなければ食道と器で
繋がってしまう可能性もあるので(←んな事は無い!笑)
後半、必ず顎が疲れてしまう程の麺は時に欲してしまうのだ(^^)/

R0031047_edited-1.jpg

JR阪和線堺市駅から徒歩数分、美曽乃。
此処へ来るのも随分と久しぶりだ♪
相変わらず注文後に麺帯を切り両手で持ちながら厨房へ向かうのかなとの心配が
現実のものとなる姿は数年変わる事無く(笑)
ザルへ入れれば良いのに~と思っているのはワタクシだけではないハズ(^^)

近くに在る堺名物カレーうどんの名店、老舗の大衆食堂「かどや」が閉店していたのには
驚きと残念な気持ちを隠せなかった午後の事...
こういった個人の店へは行きたい時に行っておかなければならない鉄則!を
今まで何度、経験してきたのであろうか...

R0031036_edited-1.jpg
R0031038_edited-1.jpg

ぶっかけうどんにちくわ天と玉子天をトッピング♪
カリッとサクッと既成のちくわの美味さ以上のちゃんと魚すり身の味がして美味しい(^^)/

R0031044_edited-1.jpg

玉子天は半熟、黄身がとろ~りなタイプね♪

R0031035_edited-1.jpg
R0031034_edited-1.jpg

メニュー
此処はカレーうどんとしても名を馳せて、注文している方が多かったのも印象的。
マイ・ペースな大将の緩~い空間の店だが味は確かなもの(^^)/

【美曽乃 (みその)】

大阪府堺市堺区東雲西町1-8-72
0722-38-7488
JR阪和線堺市駅 北へ 徒歩3分
営業時間:11:30~14:30 18:00~21:30
定休日:木曜日