時遊人アッシュの食べ歩き日記

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

蕎麦あずま 生駒山脈麓の十割そば屋

2012年 07月21日 12:00 (土)

DSC_0042_edited-1.jpg






鴨汁ざるそば(大盛)

外環状線を車で北上中にチラリと見えた「十割そば」の看板...
こんな場所に蕎麦屋が!?
これは行ってみなければならないw
持ち歩くバッグの中を手探りでデジカメを探すもどうにも見当たらない
前夜に飲み過ぎた事を思い出し自宅PCデスクの上でGRは笑っているのだろうなと...
と言う訳で今回は初のスマホでの撮影である♪
良く写るとはいえ、細部の解像度に難ありかな~
って飲み過ぎで忘れたオレが一番悪いのだけどw






DSC_0031.jpg






場所は四条畷市らしい(笑)
外環状から163号線へ入るべく側道の...もう一つ外側の側道に店はある
こんな場所にとは思うが外観&店内はなかなかに洒落ている♪







DSC_0032.jpg
DSC_0034.jpg






清潔感ある店内にはオペラ!?のような音楽が結構な音量で流されていて
大きな窓からはたっぷりな光が入り白木のテーブルとチェアー
襖の奥は座敷のようで和と洋が融合された洗練された空間である

毎週月、火曜日に蕎麦打ちが体験できる道場を開催されているらしい





DSC_0043_edited-1.jpg






蕎麦は北海道幌加内産の玄蕎麦を使用した十割蕎麦
自家製粉、石臼挽きで挽きたてのそば粉を天然水でとの事...
まずはつゆを浸けずに蕎麦だけを食す
香りは弱めだが、ささくれだったところは無くとても丁寧に打たれている蕎麦である
盛り蕎麦はあまり噛まずにズルズルと喉の奥へやってしまう私だが
スルリと喉を通過する食感は潔さを感じる






DSC_0046_edited-1.jpg







この鴨汁がとてつもなく美味かった~
かなり良質な鴨と鰹の風味は焼きネギの香ばしさと共に自然な旨味に溢れる!
この鴨汁は大阪でも間違いなくTOPクラスの美味さである
ちなみに鴨汁に入っている焼きネギってどうやって食べます?
私は中の芯の部分を抜いて内側から外側へと頂くのだが...
何か法則みたいな事もあるのかなぁw








DSC_0048_edited-1.jpg






蕎麦湯で〆
この蕎麦湯は蕎麦を湯がいたものでは無く、蕎麦湯専用に作られたものだとか...
トロりと粘度があり美味しゅう頂きました♪
店主さんは厨房に居らしたが、キリリとした緊張感を持った方のように
見えたが頑固そうにも感じたわ~(失礼w)






DSC_0039.jpg






この夏、もう一度行く機会があれば冷蕎麦も味わってみたい(^^)





【蕎麦あずま】

大阪府四條畷市蔀屋本町2-3
072-876-1111
営業時間 11:00~15:00(ラストオーダー:14時30分)
17:30~21:00(ラストオーダー:20時30分)
定休日 月曜・火曜

ブログランキングに参加しています
ポチっとよろしくお願いしますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント