FC2ブログ

ワイン・データベース@シャトー・ド・サンコム・アルビオン2007



2009/3月に買っていた赤ワイン
「シャトー・ド・サンコム2007」

某ワイン漫画で絶賛されていたローヌ地方のワイン
フランス東部を流れ地中海に注ぐローヌ川の中下流域
あのブルゴーニュの下流にあたる場所...

複雑な香り...何故か東洋の風景が思い浮かぶ不思議な
モンスター級の赤ワインと絶賛されている...

RIMG0005.jpg



開けた直後に軽く試飲...
まだダメだ...de
デキャンタージュしてみた...

RIMG0010_20090616220040.jpg



20~30分後にもう一度、試飲...
少し華が開いた♪

思わずニヤけてしまう程のトロピカル・フルーツの香りが
グラスから立ち上がる...
渋さはそれほど感じないが時間が経つほどほんの少し
酸味が増すような気もする

そして開けて1時間後...
完全に華が開いた!

とてもスパイシーな香りとボリュームはまさに
東洋の巨大寺院を思い出させる
この香り...お香?お線香?ナツメグやカシス
う~ん...煙草の香り、柑橘系の香りまで感じ取れる

子供の頃に初めて行ったお葬式で匂った香りと
行った事の無い憧れのインドの風景を思い出すような
エスニックな、厳格でいて、それでいて少しお色気な
素敵なワインだ

RIMG0006_20090616220040.jpg



モンスター級との噂は本当だった...

実売2000円代で飲めるワインでは無い事は確かだ!

このワインに対しては自ら渇きを欲していたのだが...
それに見合う、いや、それ以上のワインだったのは
自分への褒美としておこう
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント