時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

北新地 弘屋

2011年 02月14日 19:22 (月)

_1040936_edited.jpg




シャンパーニュはHENRIOTとCHARTONE-TAILLET
シャルトーニュタイエ、初めて飲んだシャンパーニュ
複雑なアロマ香、力強く、それでいてエレガントさを味わえる気品あるシャンパーニュ
この店のシャンパーニュはマグナムな事が多くいつも楽しみである





_1040930_edited.jpg





北新地 弘屋
この日は週末といった事もあり店内は満席
予約必至な店である

まずはいつものグチエールからスタート
今日のグチエールは僅かにカレーの風味






_1040938_edited.jpg




下仁田ネギの冷製ポタージュ キャビアのせ
いきなり黙ってしまうほど濃厚で豊かなネギの風味
他店の冷製ポタージュとはやはり一線を画す美味さである





_1040943_edited.jpg





鳥取産ももちゃん蟹のういきょうクリーム
酸味感あるウイキョウハーブの爽やかな香りに包まれて...





_1040953_edited.jpg





フォアグラのポアレ 種子島の蜜芋とブルーチーズ






_1040957.jpg




この種子島の蜜芋というのは初めて食べたのだが..
何という甘味ある味なのか!?サツマイモに近い味なのだが
濃厚でクリーミー、ほくほくな食感が素晴らしい!
厚みのあるフォアグラ&ブルーチーズと共に(^^)





_1040945_edited.jpg

_1040944_edited.jpg




Le Brin de Chevre
青りんごの香り豊かなしっかりとしたボディ感を感じれる白ワイン






_1040947_edited.jpg

_1040950_edited.jpg





トラフグ白子のポワレ ケッパーとマドラスミックススパイス
インドの香辛料マドラスの風味と素晴らしい美味さのトラフグ白子とを
合わせた逸品である....口の中で勝手に溶けてくれる白子
この組み合わせを考える店主、菅沼氏のマジックにかかってしまった...





_1040968.jpg





釧路産 鹿ロース肉の骨つきロースト
もう完全に黙ってしまった...言葉が出ない料理というのは
こういった料理を言うのかもしれない...
火の入れ方が完璧である。柔らかく鹿肉独特の匂いは全く感じない
ナイフは何の抵抗もなく切れていく...柔らかく肉の旨味に溢れる




_1040961_edited.jpg




蒸しアワビの肝と身のリゾット 黒トリュフのせ





_1040958_edited.jpg





アワビの香りが鼻孔を刺激する....
肝の旨味溢れる味に固めのリゾット、トリュフの香りがとにかく素晴らしい
これほど新鮮なトリュフがこの店にいつもあるのは驚きである





_1040977_edited.jpg




デザートはふきのとうのクリームブリュレ





_1040973.jpg




こちらは同行された方のデザート
小さなイチゴのポワレ 羊乳のアイスクリーム






_1040967_edited.jpg




今回も素晴らしい料理を満喫出来ました♪
ごちそうさま(^^)

また、行ってしまうのだろうな(笑)

以前の日記はコチラ
北新地 弘屋 冬の絶品フレンチ@大阪北新地




【弘屋】


大阪府大阪市北区堂島1-3-1 二葉ビル 3F

06-6348-5455

[月~金] 18:00~25:00(LO)
[土] 18:00~23:00(LO)

定休日 日曜・祝日
ブログランキングに参加しています
更新の励みになります
ポチっとよろしくお願い致します

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント