時遊人アッシュの食べ歩き日記

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

感動の鴨汁そば そば切り蔦屋@大阪市中央区内久宝寺町

2010年 10月12日 07:59 (火)

_1030894_edited_20101011165715.jpg





この店は、3年ぶりくらいの訪問になる...
その頃はまだブログをしていなかったので上げれていないのだが
懐かしさと共に蕎麦では異常な人気店になっていた....





_1030904_edited.jpg





そば切り 蔦屋

目の前には小さな公園があり人通りは少なく店の趣は昭和の長屋的な雰囲気である
谷町筋から僅か1本入っただけでこのような雰囲気の長屋が未だに残っている
京の町屋楓な縦長の店内にはレトロな家具とお銚子、湯のみなどが
棚に飾られているのか?使われているのか?分からないのだが
低いテーブルと椅子、音楽の流れていない店内の雰囲気は
やはり、拘ったものだろう





_1030898_edited.jpg





メニューもテーブルには置かれていない...
壁に書かれたものだけである
シンプルな構成が好みなのかな!?
フロアの店員さんはすべて女性で客への対応も良い
会計時に厨房に男性の姿が見えたので彼が店主さんなのかな..
遠くからではあったがとても心のこもった「ありがとうございます」と
言葉を頂いた..





_1030892_edited.jpg

_1030890_edited.jpg





鴨汁そば(1200円)+1.5斤(350円)=(1550円)

蕎麦は太めと細めが選べる
今回は冷や盛り蕎麦にした為に太麺を選択...
冷や盛り蕎麦の麺のくっつきが嫌だったのもあるw
ちなみにこの店では、熱盛りも提供されている。。。
熱盛り蒸籠の方が有名なのかもしれないが、それはまぁ
堺の拘った店だけで良いだろうと思い選択しなかった


麺はぼそぼそ感のある蕎麦で繋ぎはあっても1割程か...
何より蕎麦の香りが素晴らしい!
この新蕎麦の時期にしか味わえない香りと食感、風味...
田舎蕎麦風な蕎麦と....


鴨汁のあっさり感
甘めな焚きつけでないのは好感が持てる
超熱々なシンプルな味付けの中に鴨の旨味と鰹出汁の旨味にあふれ
&葱の風味でほんとうに美味い(^^ゞ





_1030897_edited.jpg





シンプルな味付けの鴨汁はこの蕎麦の旨味をより引き立てるものだろう...
私的に少々、感動してしまった美味さである(^^ゞ





_1030901_edited.jpg




蕎麦の量が少なくなってくると頃合いを見て店員さんが厨房へ蕎麦湯を
告げ、ベストなタイミングで蕎麦湯が提供される
蕎麦湯はしっかりめのトロミ感ある蕎麦湯で
混ぜ棒までもが一緒に出された...
底から混ぜろと言う事だろう





この蕎麦屋はかなり気に入ってしまった
私が訪問した際には待ち人居なかったのだがお昼時とあって
またたく間に行列になってしまった
蕎麦の真髄を味わえる希少な店であるの事は間違いない






_1030907_edited.jpg




【そば切り 蔦屋 そばきりつたや】


住所 大阪府大阪市中央区内久宝寺町2-7-14

TEL 06-6764-7074

交通手段 地下鉄谷町六丁目・四丁目駅それぞれ徒歩5分位
谷町六丁目駅から315m

営業時間 11:30~14:00 17:30~21:00


定休日 水曜・木曜


MAP

スポンサーサイト

トラックバック

そば切り 蔦屋(つたや)@昔ながらの長屋でお蕎麦

2010年10月15日 12:20

この日の翌日。ランチに、新しくなったFujiyaさんにしようか?Pappaさんかla lucciolaさんか・・・イタリアン路線で案が出たんだけど色々重なり、ん!やっぱ和で蕎麦!と即決定。ミキおねいさんと共に蔦屋(つたや)さんへ。関西で美味しいといわれる蕎麦屋さんの1つです?...

コメントの投稿

非公開コメント