時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

熱盛りせいろ蕎麦 生そば よし井@堺市堺区

2010年 09月10日 21:47 (金)

RIMG0232_edited_20100910203611.jpg





9.10日のディナー

堺市で熱盛りの蕎麦と言えば有名なのが「ちく満」が有名なのだが
この「ちく満」と同じ流れを持つ店が「生そば よし井」

3年ぶりくらいの訪問になってしまった...
場所は堺北警察署のすぐ西側になる
以前に来た時は昼時だった事もあり警察関係者が多かったのを思い出す







RIMG0225_edited_20100910203539.jpg





初老の御夫婦と息子さんかな?家族で営業されているようだ






RIMG0227_edited.jpg

RIMG0228_edited_20100910203537.jpg





店内は昭和の雰囲気がプンプンする..
厨房には大きな湯がき釜があり蕎麦を自由に泳がす様子が見える
閉店時間15分前の訪問とあって客は私1人
以前に来た時は昼時とあって満席だった記憶がある






RIMG0231_edited_20100910203611.jpg






生卵と葱、わさびが、まず出される...
この時点で卵は溶いておく。蕎麦が茹で上がる直前に徳利に入れられた
熱々の蕎麦つゆが出され、溶いた卵に少々掛ける...






RIMG0234_edited.jpg






せいろそば 1斤半(750円)

大きな釜で茹がかれた蕎麦は大きな大きなザルですくい上げられている
運ばれて来た蕎麦は湯気が立ち登る程、アツアツである






RIMG0238_edited_20100910203610.jpg







溶いた卵に蕎麦つゆのお椀、蕎麦が入れ過ぎなのは
熱盛りの為、蕎麦同士がくっついてなかなか離れない為である(笑)
これはラーメン店でつけ麺を熱盛りで頼んだ時にも同じような事があったな.....
それ以来、つけ麺は必ず、ひや盛りにしているw

蕎麦はコシが無く一般的な蕎麦のコシを求めてはならない
蕎麦の風味は少々、生卵に浸けて、つゆで食べる蕎麦だ

この食べ方は「ちく満」と同じなのだが
この店の方が出汁の風味とコクは濃いめに感じた

美味い美味い(^^ゞ




RIMG0243_edited.jpg






食べ終わる頃を見計らって急須に入れられた、これまたアツアツの蕎麦湯







RIMG0245_edited.jpg





蕎麦湯で締めた...

段々とこの熱盛り蕎麦の魅力が分かって来たような..
私のような者が老舗の蕎麦屋さんの味についてを書くのは、おくがましいのだが
この生卵と蕎麦つゆで食べる蕎麦の魅力は数回、食べないと分からないかもしれない


実はこの界隈にはもう1軒、この熱盛りせいろ蕎麦が食べれる店がある
近々、訪問してみたいと思っている





【生そば よし井】

大阪府堺市堺区甲斐町西1丁2-22

072-221-5744

交通手段 大小路駅から207m
店斜め前にコインパーキングあり

営業時間 11:00~19:45

定休日:日、祝


MAP

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント