fc2ブログ

うな菊 奈良 菊水楼のうなぎ 蒲焼と白焼のあいのせ重

20210812_122718.jpg
20210812_122614.jpg

あいのせ重(葱・山葵付)は蒲焼半尾・白焼半尾で4510円(税込)
活けの鰻を関東風らしく蒸しの工程が入るふっくらとした身の膨らみが特徴!
半尾と半尾で1匹仕様、ご飯は若干少なめに感じたのは鰻がたっぷりだからだとも言える♪

大阪は緊急事態措置化ではあるが予約時はまだ無く、近場で1泊旅行しましょうか♪
去年と同じ奈良ホテルで過ごしましょう(^^)/

20210812_115926.jpg
20210812_115948.jpg
20210812_120011.jpg
20210812_120028.jpg

創業130年の料亭菊水楼の側、鰻専門店うな菊。
門をくぐり石畳みを50メートル以上を抜けて玄関へと辿り着く。

夏季休暇初日のこの日は土砂降り、西名阪で奈良を目指すも体験したことのない大雨で
50キロ規制に伴い安全運転で天理インターまで何とか辿り着き♪
今年のお盆休みはずっと雨みたいですね、台風が多く温暖化の影響がやはりあるのかな?

20210812_120425.jpg
20210812_120933.jpg

通された部屋は2組限定のほぼ個室、窓の外は池を挟んでこの日、泊まる奈良ホテル。
ひと月以上前にメニュー等も予約をしての訪問♪

20210812_121106.jpg

外食で久しぶりに飲むビールである♪
休日、外食、ビール、やはり最高だ(笑)

20210812_121833.jpg
20210812_121851_20210813183534736.jpg
20210812_122049.jpg

う巻き(1320円)
高級卵4~5個分は使われた鰻巻きは4切れ、一切れが重く大きく食べ応え充分♪
お出汁感たっぷり、ふわふわ出汁に浸るう巻きはとても美味しい(^^)/
以前、奈良に美味いもん無し!なんて書いてごめんなさい(笑)

20210812_121940.jpg

うざくも予約時に頼んでおいたので活けの鰻を調理する間にアテとして楽しめた(^^)/

20210812_122718.jpg
20210812_122622.jpg
20210812_122937.jpg
20210812_123502.jpg

まずは白焼きから頂きましょう、擦り立ての山葵と葱、お醤油を僅かに垂らして
新鮮な鰻の旨味は有るも表面に浮かぶ脂は火力の弱さを感じる。
炭火焼きならば火力とそれに伴う煙で白焼きならば表面はパリっと仕上がっても良さそうだが。
鰻は国産の宮崎産、生の山葵と出汁醤油を使われるところはさすが一流店といったところか♪

蒲焼は関東風らしく頭は無くしっとりふっくらと焼き上げられている♪
バランス的には白焼きよりも蒲焼の方がバランス良き美味さがあり。
奈良吉野の身山椒はミル式で香り高きとても良き品だ(^^)

20210812_120732.jpg
20210812_120749.jpg
20210812_120817.jpg

ざっとメニュー撮り!!!
蒲焼に合う甲州のワインを頼んだのだが切らしていたようで残念..
鰻に合うワインってどんなものだろうと期待したが。

20210812_120216.jpg
20210812_120254.jpg
20210812_120302.jpg

創業130年の料亭菊水楼。
十分に美味いんですけどね、チョイと苦言を言えば
タレは創業以来の継ぎ足しとの事だが鰻屋としてはまだ5年程、
蒸しの工程があればもっと大胆に調理をされても良さそうだが。
建物は素敵だがそれに伴う鰻の味はもう僅か!って感じか。

20210812_115929.jpg

【うな菊】

奈良県奈良市高畑町1130 菊水楼
0742-23-2001
近鉄奈良駅から708m
営業時間:11:00~19:00最終入店
定休日:火曜日
スポンサーサイト