時遊人アッシュの食べ歩き日記

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

うの味 鰻や 竹うち本店@大阪府堺市

2010年 07月17日 17:40 (土)

梅雨が明けた...
あの、どんよりとした空の色が続く日々から一変

何と青々しい快晴な日々なんだろう

今年の土用の丑の日は7月20日だとか...
その日は仕事の都合により鰻を食べに行けそうに無く
少し早いが連休中に行っておいた


土用丑の日とウナギとは...

今のように土用にウナギを食べる習慣が一般化したきっかけは
幕末の万能学者として有名な平賀源内が
夏場にウナギが売れないので何とかしたいと
近所のウナギ屋に相談され

「本日、土用丑の日」

と書いた張り紙を張り出したところ
大繁盛したことがきっかけだと言われています






P1020481_edited.jpg





鰻や 竹うち本店

創業1938年とある
歴史ある堺では老舗の部類に入るのであろう
紀州備長炭使用の関西流炭火地焼き鰻とのこと

私の大好きな関西風うなぎのようだ


場所は南海本線堺駅から徒歩3分程のところになります
本店以外には南大阪に何店舗か支店を展開されているようです






P1020475_edited.jpg




P1020476_edited.jpg



メニュー
こういった鰻の店では松以上の鰻を食べるのだが...
この店の「う巻き」も食べてみたかったので「梅」にした....





P1020484_edited.jpg




鰻丼 梅 (1200円)
この内容で1200円とは鰻屋としては相当、格安の部類だと思う

テーブルには山椒や追加のタレなどは無く
そのままで召し上がれ...と言う事でしょうか






P1020490.jpg





食べてみると...
なるほど、ふわっと焼き上がっていて食感もしっかりと
ご飯に掛けられた少し甘めなタレの美味さは極上の味です





P1020495.jpg





う巻き(900円)
ちゃんと蓋つきの お重箱に入れられています
蓋を開けると湯気が立ちあがり美味そうです

丼物や重物には蓋をしていないお店が最近、多く
熱いものは熱く、そして蓋を開ける瞬間の楽しみもあったります






P1020499.jpg





量としてはかなり大き目で短冊状になった鰻がぎっしりと♪

甘めなタレと薄焼き卵に包まれた
しっかりした歯ごたえの鰻は脂乗り良く

う、う、う、美味い!!(^^)!





P1020500_edited.jpg






もちろん乗せちゃいます(笑)

ご飯の炊き加減もさすがに老舗ですな
粒がちゃんと独立していてべちゃ付いた感は微塵も感じず
タレの旨味はやはり相当なもの...

なるほど、追加のタレや山椒は必要なく
とても美味しゅうございました





P1020473_edited.jpg





【うの味 鰻や 竹うち本店】

大阪府堺市堺区市之町西3丁2-11

TEL 072-232-2652


11:00~15:00
17:00~20:00

定休日 月曜日 (月1回、月・火か日・月の連休あり)


地図

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント