FC2ブログ

赤レンガに懐かしさを覚えた夜@群青

11/5の日記です

17時ジャストに仕事終了
阪神高速を愛車でぶっとばし辿り着いた天神橋六丁目
商店街を一本東へ

初訪問なのに懐かしさをも感じる赤レンガ飲食街

R0011592_edited.jpg


まるで70'~80'年代世間を沸かせた
セントラルアーツ製作のドラマに出てきそうな
雰囲気をもった場所だ

通りを抜けると
そこは男の殿堂ともいえるナ○ワ・ミュージック

R0011598.jpg


今回の目的はス○リップ小屋では無い...
(この手の店には20年以上行っていない悲しさと懐かしさ...笑)

そう!まさに、この通りは[BLUES]なのである。。。



目的の店は巨大都市大阪の中心地にありながら
静かに呼吸をしながら待ち構えていた

「群青」

R0011620_edited_20081109185404.jpg



誰も居ない店内

R0011604.jpg


まるで位相差空間に迷い込んだかのような
不安と緊張感を楽しむかのように
「特製つけそば」を注文する

R0011606_edited.jpg



茹で時間7分という中途半端な時間は
この空間では気にならない
汚れを知らぬ子供が小麦畑で無邪気に遊ぶ姿が見えるほど
麺の香りと食感を楽しむ事が出来る麺は
大人になってしまった今、純真な気持ちに戻れる瞬間だろう

R0011607_edited.jpg



そして大地を駆け巡る動物
生命誕生の源とされる海
この二つがバランス良く掛け合わされれば
世界を動かす事が出来るのである...

R0011610_edited.jpg



麺とスープのハーモニーは
とても素晴らしく,
お互いが主張する事なく共有し合い
最後は無になる運命か!?

R0011618_edited.jpg



滑りやすい赤れんが風タイルに水を撒くなよ!
何度、滑りそうになったか!?
などと思うが
こんな事はとても小さな事だ

至福の時を過ごせた事の方が
今の私には大事なのだから...


ロバート・ジョンソンを聞きながら
家路に着いた夜であった



R0011620_edited_20081109185404.jpg




「群青」


大阪市北区天神橋6丁目3-26 レンガ通り商店街

(営業時間)
11時30分~14時
18時~20時30分

(休日)
土曜日、日曜日、祝日

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント