時遊人アッシュの食べ歩き日記

04月 « 2018年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

葛飾柴又「男はつらいよ」帝釈天そして、とらや

2018年 05月06日 17:22 (日)

R0014134_edited-1.jpg
R0014131_edited-1.jpg

柴又駅前の「寅さん」と「さくら」像!
ワタクシ、実は映画「男はつらいよ」の大ファンでありまして~
Amazonプライムで今でも時折、観ていたりする。
一度は寅さんの舞台へ行かないと!と思いながらこの年まで来てしまった(笑)
寅さんが柴又を旅立とうとしているところへ引き留めに来たさくら...の場面のような
感じですかね~

R0014054_edited-1.jpg

帝釈天参道。
外国人観光客が異常に東京だが、此処は日本人の方がさすがに多かった!

R0014057_edited-1_2018050616273964f.jpg
R0014071_edited-1.jpg

柴又界隈は江戸川が近い事も有り老舗の鰻屋さんが多く、
迷ってしまうが炭火のカリっとした見た目で選んだのが「たなかや」さん。
うな丼(2800円)

R0014061_edited-1.jpg
R0014063_edited-1.jpg

メニュー。
創業百年以上という老舗らしい店内♪
お姉さんたちのオペレーシュンは決して良くはないがw
チャキチャキな江戸っ子らしさがあり♪

R0014067_edited-1.jpg
R0014079_edited-1.jpg

瓶ビール(700円)に玉子焼き!
観光地のビールはいつも高いがそれでも飲んでしまう(笑)
この玉子焼きは出汁的要素に何かが練り込んでありお菓子感覚で酒のアテとなり。

R0014075_edited-1.jpg
R0014076_edited-1.jpg

江戸前らしく蒸しの工程の在る鰻だが此処まで炭火の香ばしさがあれば十分に美味しい(^^)/

R0014082_edited-1.jpg

次から次へとお客さんが入って来ますよ~
さすがGW、儲け時ですね(笑)

R0014096_edited-1_20180506064609b1f.jpg

柴又帝釈天といえば笠智衆演ずる御前様!
寅さんが唯一頭のあがらない存在が笠智衆演ずる帝釈天題経寺御前様だった!

R0014108_edited-1.jpg
R0014114_edited-1.jpg

彫刻細工が見事なお寺さんでこの渡りの廊下も映画で見た記憶が蘇る。
佐藤我次郎さんが掃除をし夕刻に鐘を打つシーンのお寺さんへ来ていると思うと
ジーンとなります(笑)

R0014091_edited-1.jpg

そして「とらや」
此処が舞台だが映画の撮影で使われたのは1~4作までとの事だが、
2階へ上がる階段は今でも現存しているようだ。

R0014122_edited-1.jpg
R0014126_edited-1.jpg

食べ歩き用の草だんごに焼き草だんご♪
思っていた程の甘さは無くとても美味しい(^^)/

R0014116_edited-1.jpg
R0014115_edited-1.jpg

飴切りで有名な松屋さん。
リズミカルな音を立てての飴切りは職人技♪
名物のセキトメ飴を買い求めてしまったワタクシはお登りさん(笑)

R0014040_edited-1.jpg

やっと来れました葛飾柴又!
これでもう、東京へは思い残す事は無い(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント