時遊人アッシュの食べ歩き日記

04月 « 2018年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

麻布十番 総本家更科堀井本店

2018年 05月03日 12:15 (木)

R0013681_edited-1.jpg

総本家更科堀井本店!
長い店名だな~そして偉そうな気もする(笑)
この辺りはお洒落なお店も多くワンちゃんをお散歩させているマダム達も
何処か気品を感じられる方が多く感じてしまうのは東京へのコンプレックスか!?
クロックスで散歩させている人は皆無である(笑)

R0013683_edited-1.jpg
R0013682_edited-1.jpg

創業230年の割りに店舗はマンションの1階なのね...
230年前からそのマンションは在ったの?とイジワルな突っ込みを入れたくなるのも、
また東京へのコンプレックスと思っていただいて結構!(笑)

R0013690_edited-1.jpg

車は伊丹空港へ置いてきて1泊するので昼間っから堂々と飲むビールはとても美味しい♪

R0013693_edited-1.jpg

メニューに蕎麦寿司が有ったので迷わず注文!!!
ワタクシ、蕎麦寿司が大の好物なのだが大阪の蕎麦屋では置いている店を探す方が
大変であるが蕎麦文化の東京では難なく見付けてしまうこの悲しさ(笑)

R0013695_edited-1.jpg

東京の出汁巻きはどうなの?
これは圧倒的に関西薄味出汁文化の勝利である(^^)/
醤油の「気」が強すぎる。

R0013698_edited-1.jpg

更科そば(930円)
何と美しき蕎麦であろう!まるでシルクの絨毯のようだ。
つゆを付けずにすすってみると、お上品な甘味と爽やかな喉越し!
更科は甘めのつゆで頂くのがスタンダードのよう。

R0013701_edited-1.jpg

もりそば(830円)
蕎麦本来の香りが引立ち、喉越し、そして鼻に抜ける香りのフニッシュ感が素晴らしい!
もりそばには辛口のつゆ、熟成の鰹出汁は円やかであり
関西人からすれば醤油の「気」の強さは気に成れど、
そっと汁に浸すと味に輪郭が付きかなりの美味さである♪
もしかすると甕熟成かなぁ~
大阪の蕎麦でここまでの熟成つゆを出されているお店は数少ないのではないか。

R0013686_edited-1.jpg
R0013688_edited-1.jpg
R0013687_edited-1.jpg
R0013685_edited-1.jpg

メニュー!

観光客が多くとも、ゆっくりとこの店の味を楽しんでいらっしゃる方も多いようで...
店内は満席状態だが目の前の初老のご夫婦は酒とあて、そして蕎麦!
自分のお時間をお持ちのようで♪
せいろ蕎麦にサっと日本酒を掛けている理想の蕎麦通の姿を重ねてみたが
叶わずに...
それは今度、自分でやってみます(笑)

R0013684_edited-1.jpg

【総本家更科堀井 本店】

東京都港区元麻布3-11-4
050-5868-0352
麻布十番駅から287m
営業時間:11:30~20:30(L.O)
定休日:年中無休(年末年始・夏季休暇を除く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント