時遊人アッシュの食べ歩き日記

04月 « 2018年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

堺 久兵衛寿司

2018年 02月16日 20:50 (金)

R0012434_edited-1.jpg

毎度おなじみ久兵衛寿司。
寿司も良いが何より美味しい魚が食べたいなと思うとつい来てしまう店である♪

R0012467_edited-1.jpg

しかし、時代のニーズに合わせて刺しの和牛炙り握りなんてのも有ったりして~
これを塩と山葵で頂くのがまた良いではないか(^^)/

R0012437_edited-1.jpg
R0012440_edited-1.jpg

地酒の飲み比べセットなんかもまた有ったりして~
確か大将は下戸だったハズだが、女将の力が発揮されているという事だろう(^^)/
ワタクシが20数年前にこの店へ来た時に現女将は妊娠中であったが、
そのお腹の中の子供が酒を注いでくれるという、ちょっと複雑な気持ちと...
ワタクシも年を重ねて来たという事だ(笑)

R0012427_edited-1.jpg

お通しは蛸煮。
どうやったらこんなに柔らかく炊けるの?
「教えて~」と言えば必ず教えてくれるであろう大将(笑)

R0012429_edited-1.jpg

牡蠣ポンズも頂戴な♪
火入れの牡蠣も美味いが生も美味いですな(^^)/

R0012444_edited-1.jpg

本マグロほぼ中とろユッケ♪
鮪という魚は色んな調理法が有りますな♪
うづら玉子って奴は神秘的な世界をみせてくれますな(笑)

R0012431_edited-1.jpg

てっさも頂戴な♪
「河豚はあんまり残ってないんです~」いつも敬語の大将。
そら、そうか!付き合い長いもん(笑)
「じゃあ有るだけ全部頂戴♪」
何という注文の仕方!!でも4切れだけだったw
てっさはこの時期、刺し身の王様ですね~

R0012446_edited-1.jpg

女性客限定のサービスは極小巻き!
先代の大将から受け注がれている女性好きな血も受け継がれているという事であろう(笑)

R0012456_edited-1.jpg

あら、日本酒が蒸発してしてしまったわ!
「玉返し十四代」もくださいな♪
此処でこのような凄い酒が飲めるとは思っても居なかった。
「玉返し」とは酒米の蒸しの過程での酒造法ですね~
牟呂で一気に包み、一気に開放する酒米の冷まし方だったかな。
昭和初期まで使われていた酒造法だったと大昔に読んだ本で記憶している(笑)

R0012447_edited-1.jpg
R0012451_edited-1.jpg

カンパチに穴子は我儘1本握りで頂戴なと♪
この穴子の注文の仕方は20数年変わっていない(笑)

R0012454_edited-1.jpg
R0012460_edited-1.jpg

海老と「玉」単品で、とはワタクシの数年注文する仕方である。
海老には何故か鮪の赤身がちょろっとついて来た(笑)

R0012462_edited-1.jpg
R0012469_edited-1.jpg

巻物はいつもメニューに無きものを注文するのがワタクシのスタンダードであり...
この日は紫蘇、トロ、沢庵で美味しい海苔で巻いてもらう。
ワタクシは常連だが誰でも対応してくれると思いますよ~
締めは馬肉のさくらで!
卸しニンニクと大根、ポンズで頂くチョイと荒くれた味だが締めにはもってこい!(笑)

お会計は二人で1萬2千円程。

【久兵衛】

大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町3-1-40
072-233-8575
営業時間:18:00~23:00(22:30LO)
定休日:月曜日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント