時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

真田山をゆく

2010年 06月08日 20:17 (火)

6/6日の街歩き編




大阪玉造駅から徒歩5分程




RIMG0131_edited_20100608191303.jpg




三光神社北側入口

ここへ来るのは2度目
以前に街歩きをしていて偶然にみつけた神社

大阪のど真ん中にこのような処があったのかと
驚いたものである...







RIMG0132_edited_20100608191302.jpg






RIMG0134_edited_20100608191302.jpg






日曜日の昼下がり
人の気配は無い






RIMG0138_edited_20100608191301.jpg





戦国武将 真田幸村の像





RIMG0141_edited_20100608191336.jpg





RIMG0140_edited_20100608191337.jpg






真田幸村が築いたと伝えられる大坂城下に通じる地下の道が
「真田の抜け穴」で三光神社境内にその跡が残っている






RIMG0146_edited_20100608191335.jpg





神社を抜けると...





RIMG0150_edited_20100608191418.jpg







真田山陸軍墓地







RIMG0155_edited_20100608191417.jpg






RIMG0151_edited_20100608191418.jpg






RIMG0153_edited_20100608191417.jpg





真田山陸軍墓地は真田幸村が大坂の陣の時に大坂城の出丸として陣地をつくり
徳川の大軍を迎え撃った古戦場跡に西南戦争、日清、日露戦争から、
この太平洋戦争に至るまでの戦没者将兵を埋葬したり、お骨を預かっている

この墓地の霊堂(納骨堂)の遺骨は約4万3000余柱、
墓標は4800柱と清国とドイツ戦病没者10柱が建立されている
(抜粋記事)

初めてここへ来た時には驚いたものである
街中にこのような最古の陸軍墓地があったなんて...

その数、4800柱
多くの木々に囲まれて都心とは思えないほど静かなたたずまいを見せています

人の気配はまったく無い






RIMG0158_edited_20100608191459.jpg






現在は「旧真田山陸軍墓地とその保存を考える会」が管理されているようです






RIMG0164_edited_20100608191457.jpg






RIMG0166_edited_20100608191457.jpg






今回は2度目な事もあり
比較的、落ち着いて見て回る事が出来た

初めて来た時はこれほどの数の墓地を目のあたりにして驚き
大阪人として知らなかった事を恥ずかしくも思ったものである
まだまだ、私の知らない歴史的な場がある...
少しづつ、見て回ろうと思っている






大きな地図で見る







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント