時遊人アッシュの食べ歩き日記

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

般゜若 (パンニャ) 旨味スパイス・カツカレー

2017年 11月12日 22:19 (日)

R0011018_edited-1_20171112171054d79.jpg

旨味スパイス・カツカレー(1500円)
チョイと赤身を残す揚げ加減、カツの衣は薄くパン粉に粉チーズが配合されているかのような
独特の香りと甘味を感じられる魅せ方も上手いカツカレーである。
添えられるポテサラは玉子色の強いタイプで
生のパセリがふりかけられていれば完璧であったのに(笑)

R0011019_edited-1.jpg

般°若(パンニャ)大阪福島店。
随分と久しぶりの訪問、って前回は開店初日だったと記憶している♪
オープンは2012年か、もう5年前になるのか...
そりゃあ年を重ねてしまう訳だな(笑)
タレント松尾貴史さんのお店のようだ。

R0010994_edited-1.jpg
R0010991_edited-1_2017111217092424c.jpg

メニュー。
当時はキーマとチキンカレーの2種類だったが6種に増えている、って
何年前のメニューの比較しているのだか...
当時のチキンカレーはバスマティーライスであったなと♪
どのような進化をしているのであろう、楽しみだ(^^)

R0011006_edited-1_20171112171146458.jpg

熟成チキンカレー(980円)
小麦粉を使われていないサラサラのカレーは玉葱の甘味、辛さは適度に刺激的でもあり。
鶏ガラと野菜の旨味、どこか南インドの優しいカレー味を彷彿させてくれる味。
とろんとろんに煮込まれた鶏肉が筋に沿って解れて味わい深い。
ライスは押し麦を配合されたジャポニカ米、米粒が引立つ食感であり、
これぞライス&カレー!

R0011017_edited-1_20171112171055226.jpg
R0011015_edited-1_201711121710574b5.jpg

カツカレーのルーもチキンとほぼ共通だと思われるが辛さはチキンカレーが上。
野菜の甘さと適度なスパイス感は何処か優しくもあるが
香辛料が効いた昨今のカレーとは一線を化すマイルドさがあり。
こちらのライスも押し麦が配合されている。

R0010998_edited-1_2017111217092200d.jpg

そこで選択したカレーのトッピング的な合わせられたそれぞれのスパイスのふりかけである♪
ガラムマサラを主とする香辛料のスパイスを小匙で振り掛けると、
大人のスパイスカレーへと激しく変わるのだ♪
これは何とも面白い(^^)

R0011001_edited-1_20171112171009c1d.jpg
R0010999_edited-1_2017111217092103c.jpg

何とも遊び心を持たれた店内。
カレー楽しむのに緊張感は要らない派ではあるが、もっとお気軽に!
といった店側の配慮が伺える。

R0011020_edited-1_20171112171151441.jpg
R0011021_edited-1.jpg

【般゜若 大阪福島店 (PANNYA CAFE CURRY)】

大阪府大阪市福島区福島2-9-10
06-4256-6319
営業時間:11:00〜21:00(20:30 L.O)
定休日:火曜日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント