時遊人アッシュの食べ歩き日記

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

旬菜 箪ぽぽ 土瓶蒸しと土鍋栗ごはん

2017年 10月10日 20:02 (火)

R0010340_edited-1.jpg

今年はまだ松茸を食べていなかったなと思い独り旬菜 箪ぽぽへと向かう道中....
奥さんにばったり!
「あらっ貴女、今夜は実家じゃなかったの?」
「それは明日です!!!」ありゃ失礼!
と言う事で急遽、二名で店を予約する事になり(笑)

松茸の香りは秋の味覚の一つではあるが、どうしても食べておかなければならない程に、
周年化している訳で折角の松茸、どうせならば美味しい処で頂きたいじゃない(^^)

R0010370_edited-1.jpg

旬菜 箪ぽぽ。
北花田の交差点から北へ200M程でしょうか、あびこ筋沿いにあるお店。
女将は同級生でもあり久しぶりの訪問。

R0010326_edited-1.jpg
R0010333_edited-2.jpg

居酒屋というには格式は上、此処は割烹である。
メニュー!オープンなキッチンは大将の見せ場でもあり♪

R0010330_edited-1_20171010184154bc1.jpg

前菜は菜のものと自家製おから、烏賊の塩からと豪華なものである。

R0010337_edited-1_201710101842490c8.jpg
R0010336_edited-1_201710101842487f8.jpg

お造りの盛り合わせも何と豪華なものであろうか!
穴子とかますの炙りに平目に真つぶ貝、甘海老に剣先烏賊!
丁寧な包丁の細工が成さているのだ(^^)

R0010348_edited-1.jpg
R0010353_edited-1_2017101018434063b.jpg

此処へ来ると必ず頼んでしまう出汁巻きに牡蠣フライ!
ヒタヒタのお出汁に漬かる出汁巻きは大将、渾身な逸品でもある♪

R0010343_edited-1_20171010184246c7c.jpg
R0010346_edited-1.jpg

化調感無き鰹出汁ベースの土瓶蒸しは一滴スダチにより味がより引き締まり!
これぞ、秋の味覚(^^)

R0010355_edited-1_20171010184339270.jpg

地鶏の黒こしょう焼き!
長ネギやパプリカと共にオーブンでの一気焼き♪
余分な脂は何処へ行ってしまったのか、丁寧な処理で出される丁寧な仕事がされた逸品だ(^^)

R0010363_edited-1.jpg
R0010360_edited-1_2017101018444456c.jpg

締めは土鍋による栗ご飯!!!
栗を処理するところから調理は始まる。
自家製ぬか漬けのお漬物も美味しそうだ(^^)

R0010364_edited-1.jpg
R0010366_edited-1_20171010184436260.jpg

土鍋ご飯の特権、お焦げが香ばしくそして美味しい~
ご飯はどのような電気釜(表現が古いw)より直火のご飯に敵うものは無いのである。
もちろん我が家もせっせと土鍋ご飯を炊いている訳であり(^^)

R0010371_edited-1_201710101845325ca.jpg

【旬菜 箪ぽぽ、 (たんぽぽ)】

大阪府堺市北区北花田町3丁33-5
072-250-6505
地下鉄御堂筋線北花田駅 徒歩7分程度
北花田駅から446m
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00
定休日:月曜日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント