時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

上方うどん 布(ぬの) 日本一腰の低い接客のうどん屋さん

2017年 07月25日 17:59 (火)

R0011046_edited-1.jpg

上方うどん布さんでお昼ご飯♪
相変わらず、一見では入りにくそう~な外観である。
この、ごちゃごちゃした外観の原因に自販機の色が派手、天辺のたばことコカコーラの看板も派手。
上方うどん、そばの看板が煤けてよく分からない等の原因で煙草屋のようなよろず屋のような~
ワタクシも初めて訪問した時はドキドキ緊張したのだが(その緊張感が好きなのw)
外観に臆する事無く勇気を持って入ってみましょう(笑)
車止めに勝手に取り付けた登り旗も市内中心部ならば注意されるかも?
でも此処は大阪住吉区の下町なので、それは許されてしまうのである(本当か?w)

R0011044_edited-2.jpg

メニュー。
うどん、そば、丼、定食はもちろんの事、居酒屋的一品物も充実。
外観に準じて店内もごちゃごちゃしている(笑)
猫の置物と写真がべたべたと張られているのだ♪
店へ入ると満席である、お一人様は相席になる事が多く目の前で食べていたお兄さんの
鶏から揚げ定食が美味しそうだったのでそれを注文。

店のお母さんは相変わらずの腰の低い接客で...
「すいませんね~こんな店に来ていただいて~」
「すいませんね~店内が暗くて~」
「すいませんね~店が狭くて~」
フロアーのお母さんだけではなく、厨房からはお父さんの声も...
「すいませんね~お待たせしました~」
「すいませんね~ありがとうございます~」
ワタクシのような若輩者には勿体ないお言葉。

R0011036_edited-1.jpg

からあげ定食(700円)
うどんか蕎麦を(温、冷)で選択出来、うどん(冷)で注文。

R0011037_edited-1.jpg

どどん!と唐揚げ!!!
荒塩がすでに振られており食べきれるかな~と懸念するも美味しくて美味しくて、
ペロリと食べちゃいました(^^)/
暖簾の隙間から厨房のお父さんの仕事っぷりを拝見、手際の良さは正に職人仕事だ♪

R0011038_edited-1_2017072516191366d.jpg
R0011040_edited-1.jpg

ぶっかけうどんになるのかな、しっかりと1人前仕様。
以前に、この店の名物みぞれぶっかけを頂いた時にも感じられたのだが、
此処のかつお節が削り立てで風味&香りがとっても良いのだ♪
生姜もしっかり卸し生姜、透明感のあるうどん麺は程良きコシと喉越し感が味わえる(^^)/

R0011039_edited-1.jpg

胡瓜の古浸けと沢庵、昆布の佃煮の素朴感あるお漬物。
「すいませんね~ご飯が足らなかったら言うてくださいね~」
どこまでも、いつまでも、この接客が続くのだ。
もちろんワタクシにだけ言っておられる訳では無く、全てお客さんにこの低姿勢の接客!
ご夫婦共にご高齢なので、こういった店へは行きたいと思った時に
必ず行っておかなけらばならない店でもあるのだ。

【上方うどん 布(ぬの)】

大阪市住吉区南住吉3-4-24
06-6694-9294
営業時間:未確認
定休日:未確認
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント