時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

大阪伝統箱寿司と上ちらし寿司 松屋町たこ竹

2017年 04月23日 23:22 (日)

R0001323_edited-1_20170423211525371.jpg

箱すし(2100円)
注文後に職人さんがちゃっちゃと作られる箱すし。
何とも彩り豊かで美しくもあり♪
炭火焼きの穴子に海老、鯛に鯖、玉、シャリの間には椎茸の焚物が挟まれた、
これが実に実に美味いものであったのだ(^^)/

R0001299_edited-1.jpg

創業1831年(天保2年)、老舗寿司屋「たこ竹」
以前から、大阪伝統の押し寿司をちゃんと食べてみたいなという思いがあるも、
江戸前寿司が主流であり大阪の押し寿司を頂けるお店は僅かであろう。
その中の一件、松屋町にある「たこ竹」。
何なに、このそそる外観は!(笑)

R0001305_edited-1.jpg
R0001322_edited-1.jpg

さすがの歴史観を感じられる店内は雑然としているが趣きは感じられる(笑)
お客さんの大半はお持ち帰りのようで、確かにこれは手土産に最適な品だと♪

R0001319_edited-1.jpg

店へ入りメニューを見つめるもアルコールの表示が無く...
聞いてみると日本酒とビールがあるとの事でビールを注文(値段は確認出来ず)。
おおっと大瓶かいな♪でルンルンとなり(笑)
アテにおかきを出して頂いた♪

R0001332_edited-1_20170423211700e5c.jpg
R0001338_edited-1_20170423211657086.jpg

ネタの酢の塩梅やシャリのふっくら感、甘過ぎず薄過ぎず、これは良く出来た押し寿司である。
かんぴょうと椎茸の炊いたんなシャリの間のクッション感と言い、
寿司サンドイッチと言っては何だが、ちゃんとした押し寿司はこれ程までに美味しかったのかと
感動した程だ(^^)/

R0001331_edited-1_201704232117011e8.jpg
R0001333_edited-1.jpg

上ちらし(2300円)
木の芽と三つ葉、紫蘇の華やかな彩り部隊と海老に鯛、鯖、穴子の大きなネタ。
錦糸卵としては厚切りな美しき「玉」に海老の擦り卸し桜でんぶの優しき味わい有り♪
そしてこの、ちらし寿司も量が多い(^^)/

R0001315_edited-1.jpg
R0001313_edited-1_201704232113489bf.jpg

メニュー。
寿司屋として多種多様な構成ではあるが写真が無い為、何気に分かりにくくもあり。
聞けば丁寧に説明してくれるのだが、分かりにくい(笑)

R0001342_edited-1_20170423230834e10.jpg
R0001343_edited-1.jpg
R0001348_edited-1_20170423230831c74.jpg
R0001350_edited-1_2017042323083358f.jpg

実家の母への土産として鯖の棒寿司と穴子寿司をお持ち帰りで注文♪
この厚みのある鯖の棒寿司が大阪の寿司とは思えぬ甘さを抑えたネタとシャリの塩梅良く!
冬季限定の鯖寿司ではあるが、是非ともこれはまた頂いてみたいものだ。
お会計は全てで8千円弱、次回の訪問をまた楽しみにしている(^^)/

R0001306_edited-1.jpg
R0001301_edited-1.jpg
R0001312_edited-1_20170423231549075.jpg

【たこ竹 】

大阪府大阪市中央区松屋町住吉3-8
06-6762-1848
交通手段:松屋町駅・1番出口から、徒歩2分
営業時間:11:00~19:30(L.O)
定休日:木曜、第二金曜
スポンサーサイト