時遊人アッシュの食べ歩き日記

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

珉珉 大泉店の五目焼き飯

2017年 03月06日 21:30 (月)

DSC_1122.jpg

珉珉(大泉店)
餃子で有名な珉珉へは過去2度程の訪問履歴が有り、
初めての訪問は阿倍野のキューズモールの在った場所に20年程前に伺った油ギッシュな汚いお店で...
あの頃のこの場所は飛田へ続く暗い商店街が在ったなという記憶が蘇る。
今でいうアポロ・ルシアスのすぐ南側に在った商店街だ。
ワンカップか缶ビールを片手に持たれたおじさん方がまだ多く
治安的に問題多しな場所でもあったな。
その後、地下鉄あびこ駅近くに在るお店へはもう10年程前か、
今回は堺市の東の果てに在る珉珉 大泉店である。
中央環状線の松原方面車線沿いにある昔から在る印象だ。
此処はもう松原市でイイのではないのか?といつも思う堺市と松原市の境界線は複雑だ。
考えてみれば珉珉へは10年に一度のスパンで伺っている訳と成り(笑)

DSC_1131.jpg

外観は古いが店内も古い昭和の中華料理屋♪
清掃は行き届いているようなので良かった(笑)

DSC_1129.jpg
DSC_1123_2017030620094507a.jpg
DSC_1124.jpg
DSC_1125_201703062009440fc.jpg

ランチメニュー&一品メニューは数はかなり豊富だ。

DSC_1137.jpg

五目やきめし(650円)という表示価格だったがお会計時は何故か720円を請求された...
消費税8%であったとしても702円にしか成らないのだが、これはどういった計算なのだろう?
スープは別料金だったのか未だに謎である。
でも、たかが数十円、という小さな事にはあまり拘らない主義のワタクシ(笑)

DSC_1139.jpg

化調感溢れる見事に舌にピリピリ感が来るスープ...
う~ん、全然美味しくないw
そして五目焼き飯...メシは柔らかめ、海老や烏賊などの具材が入るも中華の元のような味がして、
これもまったく美味しくない!
よく、この味で何十年と営業されて来られたなという印象。
まぁ、世には化調が入っていなければ物足りない方々も居らっしゃるようなので~
食後にはまぁ、喉が渇く渇く(笑)

DSC_1141.jpg

ワタクシは飲食店へ入ると新聞を読む事が多く、紙をめくると...
堺の「ゲコ亭」の仙人さんの記事が♪
あの仙人は今や中国で飯炊きを教えているのか!!
過去訪問したのゲコ亭のメシはワタクシ的には柔らかすぎて合わなかったが、
この方が求めていたメシの味は粘りだったのか...
今や大手別会社に経営を渡されたようだが、メシのチェックへは頻繁に訪れているようだ。
メシに拘られる姿勢は相変わらず素晴らしい(^^)/

DSC_1121.jpg

店の情報はもう書きません...(笑)
スポンサーサイト