時遊人アッシュの食べ歩き日記

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

此処も堺の老舗 深清鮨の穴子箱

2017年 01月20日 19:46 (金)

R0001157_edited-1.jpg

漠然と穴子が食べたいなと思いながらも車を走らせていた午後...
鰻もイイけど穴子もネ!
ふるさと納税でもうすぐ鰻がドーンと届く予定なので食べたくも我慢している今日この頃♪
後は河豚なのよ!!これもふるさと納税で淡路島の3年トラフグが届くハズなのだが...
いつ届くのかが読めない現状!
届くまで鰻と河豚はじっと我慢しなければと思いながらも、
これはかなりな拷問である(笑

さてさて久しぶりの深清鮨、仕事中にこの辺りを通る機会があり、
平日午後の4時過ぎに寄ってみたが穴子にぎりは既に売り切れ(泣)
押し鮨ならばありますよ~「ください!!」

R0001138_edited-1.jpg

深清鮨(ふかせずし)
昭和23年創業、持ち帰り専門の此処もまた堺の老舗である。
店先では愛想の良き鮨職人さん、黙々と寿司を巻いている♪

R0001134_edited-1.jpg
R0001135_edited-1.jpg

店内は狭い、畳2畳分程か、チャキチャキのお姉さんが対応してくれる♪
奥の部屋にはおこたが有り丸見えである(笑)
そして調理場では明日の穴子の下ごしらえ中であった(^^)/

R0001140_edited-1.jpg
R0001146_edited-1.jpg

ちゃんと紙巻で包装してくれる、中はパックだがw
昔はどうされていたのでしょうね!?
笹葉に入れられていたとか?ならばその時代にも生きていたかったかな(^^)/

R0001160_edited-1.jpg
R0001162_edited-1.jpg

美味しい美味しい深清鮨はちゃんとお皿へ移して頂きましょうか(^^)/
江戸前の握りも良いが大阪は押し鮨な文化、シャリの間に炊かれたかんぴょうが入り、
見事な手練れの技で完成される。
外食で作り立てを頂ける押し鮨(箱寿司)は一度、極めたいなと思ってはいるが、未だ実現出来ていない。

鉄火巻きと、胡瓜巻き!
「山葵は入れますか?」「たっぷりと入れてください!」

R0001169_edited-1.jpg

巻き寿司の美味さは何といっても海苔の美味さが多大に影響する!
巻き寿司を侮ってはいけない...
海苔とシャリのバランス、甘過ぎず濃すぎず、これがエエ塩梅♪
艶々の黒々とした海苔の美味さが深清鮨にはやはり有った喜び(^^)/

R0001144_edited-1.jpg

メニュー。
海老箱にばってらも、とても気になりますね~
次回はやっぱい美味しい上あなご握りと共に狙ってみましょう(^^)/

【深清鮨】

大阪府堺市堺区出島町1-1-22
072-241-4593
営業時間:9:30~18:00
定休日: 火曜日
スポンサーサイト