時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

常夏の沖縄ではぜんざいは冷たいものらしい 千日

2016年 11月23日 15:26 (水)

R0000038_edited-1_2016112219562287c.jpg

アイスぜんざい(300円)
高さは25センチ、かなりのボリュームに驚くも食べ始めると
ふわっふわの氷は舌の温度で勝手に溶け行くのだ♪
パウダースノーのような繊細なかき氷の下に甘い金時豆!
ワタクシが正に理想とするシルクのような食感のかき氷である(^^)/

R0000057_edited-1.jpg

千日。
一見、大衆食堂のような趣であるが、かき氷がメイン。
今川焼やたい焼きが店先で焼かれているが沖縄そばも有り。
この日の那覇の最高気温は11月とは思えぬ29度、駅から10分、汗をかきつつ到着♪
ご年配の男性一人客が多いのにも驚くも、此処は沖縄。
それもまた日常の文化なのかもしれない(笑)

R0000037_edited-2.jpg

食堂のような店内だが...
丸テーブルは食堂だが、白い椅子が雨風OKよ!なテラス席に在るような椅子(笑)
前金を払い出来たら取りにゆくセルフサービス方式。
蒸し暑い店内は扇風機が数基回っているだけでエアコンが稼働していない訳は、
かき氷一口で見事なまでに汗が引いてゆくからであろう(^^)/

R0000046_edited-1.jpg
R0000048_edited-1_20161122195711c1a.jpg

ミルク金時(ぜんざい)450円
かき氷器の刃のメンテナンスが余程に行われていなければ、このシルクのような食感は無かろう!
実に素晴らしい食感だ(^^)/

R0000053_edited-1_2016112219571084a.jpg
R0000054_edited-1.jpg

甘味を求めて底へ底へとスプーンが進むぞ!
大粒の金時豆は黒糖で甘く煮られたもので何と優しき甘味であろうか♪
年と共に甘いものが大丈夫になって来た訳はいったい何なのであろう?(笑)

R0000056_edited-1.jpg

メニュー
一番お高いメニューは沖縄そばの550円!
ぜんざいの味付けは先代のレシピを忠実に再現していて、
このサイズも味も遺言なので変えられないとのこと...う~ん、素晴らしい!!

R0000058_edited-1.jpg

沖縄那覇へ行ったならば必ず寄らなければならない店が出来てしまった(^^)/

【千日 (せんにち)】

沖縄県那覇市久米1-7-14
098-868-5387
営業時間:11:30~20:00 [冬期] 11:30~19:00
定休日:月曜日
スポンサーサイト