時遊人アッシュの食べ歩き日記

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

美味いチャーハンを追い求める旅 香芝サービスエリア百楽

2016年 09月29日 20:07 (木)

R0040044_edited-1.jpg

百楽の焼豚チャーハン(780円)
チョイとお高めな値段設定だが、だって~百楽だもの(笑)
漬けにされて焼き上げられた焼豚とグリーンピースはわんさと入るチャーハン♪
油は多めでご飯粒は柔らか目、油を吸った卵のふんわりとしたクッション感はさすがな技術。
レンゲで掬い、あぁ一口目~いきなり香るウェイパー的臭(笑)
こういった高級中華のチェーン店でも味の統一の為に使われるのか!?
まぁ、許容範囲な少量なのでそこは無視できるレベルだが10年ぶりの百楽であったが、
日本の中華はそれがスタンダードへと成っているようで。

R0040050_edited-1.jpg

香芝サービスエリアの百楽。
天王寺の百楽以来、10年ぶりくらいの訪問。
この日は奈良でチョイと仕事~大阪から奈良へ向かう道中では二上山が見える景色が好きだ。
霧や雲に包まれている事が何故か多い山であるが双峰の山は万葉集にも登場する。

R0040030_edited-1.jpg
R0040028_edited-1.jpg
R0040035_edited-1.jpg

メニュー。
さすが百楽、格安ではありません(笑)

R0040033_edited-1.jpg

注文後に見付けてしまった地産地消なメニュー!
しかし時すでに遅し(笑)

R0040038_edited-1.jpg
R0040040_edited-1.jpg
R0040047_edited-1.jpg

「炒」の技術はさすがに素晴らしく文句の付けよう無きレベルだが、惜しくは僅かな化調!
作られた味がどうにも残念。
料理人どうこうな事より、それは店の志向な事なりなものなので仕方無きあり。

R0040045_edited-1.jpg
R0040046_edited-1.jpg

さてさて、+250円なミニ・ラーメン。
鶏ガラスープに胡麻油が浮かんだシンプルな中華スープ♪
時にこのようなシンプルな味のラーメンもまた良きものだが...
日本から旨味調味料と呼ばれるものを全て無くしていただけないだろうか?
舌に感じられるピリピリ感と食後の喉の渇きが全てを物語る。

R0040051_edited-1.jpg
R0040053_edited-1.jpg

奈良方面行きのサービスエリア、お昼時は満車である。
そう言えば幼稚園児くらいの頃かな、大阪方面行き香芝サービスエリア裏にある釣り堀に
親父に連れて行ってもらい、池に落ちた事を通る度に未だに思い出してしまうのだった(笑)

【百楽】

奈良県香芝市上中 香芝SA下り線
0745-76-4586
営業時間:7:00~21:00
定休日:無休
スポンサーサイト