時遊人アッシュの食べ歩き日記

06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房@美章園

2016年 09月01日 20:09 (木)

R0021048_edited-1.jpg

中華そば(650円)
大きな豚ロースなレア・チャーシューが印象的な醤油味の中華そば。
鯖節や宗田節などの節系を使われた和のラーメンである。
鶏ガラ系の味に鱧は焼きの入った骨の出汁に昆布を合わせたものであるが
通常は長期熟成の醤油が多く使われるところを敢えて生醤油を使われる事により、
和の出汁との融合をと思われたのでは、と感じられるが、
醤油の角が立ち過ぎと感じられたのはワタクシだけであろうか?
夏場に火入れの無き醤油を使われるのは、まぁ置いておいても...
塩の添加があるならば別ではあるが。
優しき好みの醤油味で無かったのは確かだ。

R0021056_edited-1.jpg

本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房。
あびこ筋、阿倍野区役所角をカット処ハシダメン方向へ東へ向き(笑)
ヤマザキ・デイリーストアのところを南へと入った右側にお店はあり、
周りは住宅街である。

R0021046_edited-1.jpg
R0021047_edited-1.jpg

添加物の無きラーメンが増えてきたのは良き傾向だ。
大きなレア・チャーシューも全長20センチ程のある戻しシナチクもインパクト大!
香り豊かなネギ、みつ葉がこの和出汁なスープを和ませている感はあり♪

R0021050_edited-1.jpg

麺は丸麺と平打ち麺の選択が可能なようで平打ち麺を♪
全粒粉が配合されているのだが、スープとの相性は疑問である。
高加水なパッツン系の麺は見事にスープを弾いてしまうのだ。
このスープが豚骨濃厚がっつり系なものであれば合うとは思われるが
スープと麺の一体感は少なく和醤油スープとの絡みと言う点では、
少々、麺の加水率を減らすのがベストではなろうか?

R0021042_edited-1.jpg

プライム豚ロース丼(小)350円
温泉卵とレアなチャシューとネギに甘辛い鮪節が乗る丼。
プーアール茶が美味しい(^^)/

R0021052_edited-1.jpg
R0021055_edited-1.jpg

今年の夏に出来たばかりの新店。
メニューも増えるようだし、今後また研究もされるでしょう♪
無添加の味に拘られる姿勢は時を置いて伺ってみる価値があるでしょうね(^^)/

あぁ~ラヲタのような記事を書いてしまった(笑)

R0021053_edited-1.jpg

【本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば 工房】

大阪市阿倍野区美章園3-7-7
06-6690-0582
営業時間:11:30 ~15:00(売切次第終了)
定休日:月曜日
(P)近くにコインパーキングあり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2016年09月01日 21:48

一瞬、他のお気に入りをクリックしたかと思いました。 暗黒の時代?に里帰りですか? 無事のご帰還を・・・。(笑)

No title

2016年09月01日 22:10

生醤油の使い方って難しいですよね...
カドの立ち加減も、少しは影響してると思います。

まだまだ改善点はあると思いますが、
近くにこういったお店が出来てくれるのは
大歓迎ですわ...

Re: Z4さん

2016年09月02日 16:31

> この日は冷やし麺(そうめんも含む)を頂きたいなと色々と探していたのですが見つからず^^;
暗黒の時代へは戻りませんよー(笑)

Re: ハシダメンさん

2016年09月02日 16:35

> 熟成醤油を使うより、わざわざ難しい生醤油を使われる意図は何処かにあるのでしょうね~
ワタクシも改良されたらもう一度(笑)