時遊人アッシュの食べ歩き日記

06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

四天王寺 河藤 老舗の濃厚草餅

2016年 08月08日 20:50 (月)

R0020053_edited-1.jpg

よもぎがたっぷりのこの草餅。
こちらの草餅が相当な濃度だと聞きましてな訪問(^^)
実家の母への土産としようと思うも粒あんとこしあんの選択が可能なようで、
母はどっちが好みだったかなと...あぁ思い出せない(笑)
ならば2種くださいマセと注文♪
ひとつ220円、4つで880円と明朗会計。

R0020037_edited-1.jpg
R0020044_edited-1.jpg

ケースの中には見事な細工をされた干菓子がずらりと並ぶ。
材料は寒天と白ザラの砂糖だけのものを乾燥されたものなので不純物は無く、
日持ちもする訳だ♪
夏の名物は割氷らしいが、敢えてよもぎ餅に拘ってみた訳だ♪

R0020040_edited-1.jpg

店の歴史は古く江戸時代まで遡るとか!
現在の店となり100年続く老舗でもある。
何処か堺のけし餅、本家小嶋屋を思い出す店内。
女将さんかな、緩~い接客で対応して頂く(^^)/

R0020049_edited-1.jpg
R0020059_edited-1.jpg

「丸い方こしあん」な短冊を張って頂きましたが...
どっちもほぼ、円形なんですけどー(笑)
餡の甘さはこの平成な現代、逆行するかのような昭和の甘さがあり。
しかし、ちゃんとした砂糖の甘さなのだ!
甘味料的な作られた甘さでは無く実に美味しく(^^)/
餡の甘味の後にガツンと覆われる濃厚なよもぎの早春感!!!

R0020047_edited-1.jpg

餡無しで、このよもぎ餅感を味わってみたいと言う実家の家族のリクエストにお応えして、
予約をして濃厚なこの、よもぎ餅だけで注文してみよう!
この日も何やかんやと4人で泡を3本開けてしまいましたとさ(笑)

R0020045_edited-1.jpg

色褪せた生菓子のケース。
「これが草餅ですか?」「古くてすいません」
謙虚で気使いの出来る素朴な奥様の柔らかな接客に...
長く続く店は長く続けられる理由が必ずあるんですよね(^^)/

R0020039_edited-1.jpg

【御菓子司 河藤】

大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-9-21
06-6771-6906
四天王寺前夕陽ケ丘駅から218m
営業時間 [月・水~日]8:30~19:00
定休日:火曜
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント