時遊人アッシュの食べ歩き日記

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

昭和のレトロ喫茶を巡る 裏ナンバ喫茶ロア

2015年 10月17日 16:28 (土)

RIMG1077_edited-1_20151016181836000.jpg

クリーム・ソーダ(550円)
何故、クリームソーダなの?着色料いっぱいのシロップは如何にも
体に良い訳が無いのは分かってはいるがメロンに憧れた子供時代をつい思い出してしまい...
頼んでしまっちゃってるのよ(笑)

ミナミで喫茶と言えば30年程前に心斎橋の1等地に在った小さな小さな喫茶店を思い出す...
L字型のカウンターのみの客室、おじいさんとおばあさんの夫婦経営だと思われる店。
サイフォンだったかドリップだったか思い出せないのだが残念だが、
その時に飲んだ珈琲に衝撃を受けたのだ!
ワタクシ、その時分、珈琲専門店でアルバイトをしていて珈琲通の男友人と伺ったのは覚えている。
それなりに珈琲における専門知識を得ていたのではあるが、常識を覆す濃度のブレンドが出されたのだ。
1杯あたりの豆は50グラムは有ったであろう(通常は20グラム)珈琲ミルの細度は一番、細かったのかも知れない。
バブリーな時代ではあるが600円程はしたと思う..
その珈琲は超超濃厚なお味であり、誰が好むの?的な珈琲通以外は好まない濃度であるが、
物凄く美味しかったのだ。
ワタクシの珈琲人生はこの時に芽生えたがこの日、飲んだのはクリームソーダ(笑)

RIMG1080_edited-1_2015101618183499e.jpg

アイス珈琲は無糖と加糖が選択可能。
化的なシロップよりは良的な砂糖が含まれたものの選択が好ましく♪

RIMG1084_edited-2.jpg
RIMG1086_edited-1_2015101618190069a.jpg

店内は低いテーブルと低いお椅子。
据え置きのライターに灰皿...ここはカフェとは逸する昭和の喫茶である。

RIMG1075_edited-1_201510161818372cc.jpg

メニュー
裏ナンバとは言え、場所は一等地であるのに珈琲は350円と格安く
直ぐ近くにあるスタバには無い趣きある喫茶店♪
そうそう、喫茶店と名のつく場所は喫煙出来る茶房だと思っていたが、
喫茶の「喫」は「茶を喫む(のむ)」という意味であり、喫煙とは関係がないらしい。

メニューの中でも特製と名の付くカツサンドと焼めしに興味が沸くぞ~
この、ロア特製焼めしは近くあの男が必ず行って食べて来てくれるとワタクシはいつも信じている(笑)

RIMG1087_edited-1_20151016181859224.jpg
RIMG1090_edited-1_20151016181858c51.jpg

【喫茶ロア】

大阪府大阪市中央区難波千日前13-5
06-6643-4080
営業時間:未確認
定休日:未確認
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

またですか⁉︎

2015年10月17日 18:41

ラジャー!(≧∀≦)ノ←行くんかいっ!

Re: またですか⁉︎

2015年10月17日 22:42

> JoJoさん

特製ですよ!特製!!
この言葉を聞いて食べないなんてチャーハンターとして失格よ(時分の事は棚にあげて!?)

チャーハンターの使命感が沸いて来たでしょ!?
美味しかったらワタクシも行きます!(笑)

No title

2015年10月19日 21:54

アッシュ様、こんばんは。

この「テント」、味がありますよね。
ここでこの美しい、「クリソ」をすすりながら、やめて5年になるたばこをちょっとだけ吸ってみたくなりました。

Re: ももぴーさん

2015年10月20日 16:16

> ワタクシ、煙草を吸いに堂々と入ったような気もします(笑)
辞められたのですか...偉いですね(^^)