時遊人アッシュの食べ歩き日記

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

人口あたりの寿司屋店舗数日本一 塩釜の鮨しらはた お昼の特上にぎり

2015年 10月01日 19:43 (木)

RIMG1276_edited-1.jpg

仙台旅行最終日、人口あたりの寿司屋店舗数が日本一という街、塩釜での
ランチ活動である。
生マグロの水揚げ量日本有数の地で鮪を食べない訳にはいかない(笑)
でもウニやイクラも頂きたいじゃな~い♪
前日に頂いた一切れ千円超えの大間の超特上鮪とは行かぬが塩釜は
生マグロの水揚げ量日本有数の地でもあるのだ。

冷凍の技術が発達したとは言え、生の鮪は本当に美味しいものだ。
大阪で頂ける生の本鮪は一部の高級店でしか頂けないが塩釜では常にあると言う事ですか?
う~ん、羨ましいゾ(^^)/~~~

RIMG1294_edited-1.jpg

鮨しらはた
直ぐ近くに在る、高級寿司店すし哲とは姉妹店のようでお皿や扇形の握りの形がそっくりだ(笑)

RIMG1279_edited-1.jpg
RIMG1278_edited-1.jpg

大トロに赤身、鮑にトリ貝、白身に穴子、玉の刻印まで似ているw
前日の、すし哲でも少々感じた事だがシャリを桶から掴む際の捨てシャリの動作がどうも美しく無い!
職人がシャリを掴む分量を把握出来ていなく桶に戻す動作が気に入らないのだ。
超一流の鮨屋で(堺の弥助とかではね)これは見られない光景だが、
見た目の技術の向上も必要であろう。
そう言いつつもネタの美味さは素晴らしい!

RIMG1286_edited-1.jpg
RIMG1285_edited-1.jpg

トロに赤身、本当に美味しい♪

RIMG1287_edited-1.jpg

こちらでもワタクシ、コハダマニアなんですと告げると新子とコハダの握りを出して頂きましたよ(笑)
こはだの新子の美味さと言ったら~もう、めちゃくちゃに美味しいですぅ~(^^)/~~~

RIMG1292_edited-1_20151001183203073.jpg

締めは前夜と同じ自家製葡萄のシャーンベット!(笑)

RIMG1281_edited-1_2015100118310484a.jpg
RIMG1284_edited-1.jpg
RIMG1283_edited-1.jpg

白身魚、メネケのあら汁とぼたん海老の吸い物。

RIMG1271_edited-1.jpg
RIMG1269_edited-1.jpg

お昼のメニューと店内
お通しは前夜に頂いた塩辛と全く味付けであった(笑)

RIMG1297_edited-1_20151001183201789.jpg

塩釜の歴史を握るおらが店。
ネタは最高級だがシャリはまだまだかな!?
米は一等級キヌリカリだが、握る職人によって味は変化するのが鮨である。
ネタとシャリのバランスが整ってこその握りでもある!
仙台のお寿司ネタはとても美味しゅうございました(^^)/~~~

【鮨 ひろはた】

宮城県塩竈市海岸通り2-10
JR仙石線 本塩釜駅より徒歩3分
電話番号 022-364-2221
営業時間 平日 11時~15時 16時30分~22時
土日・祝:11時~22時
定休日:火曜日(祝日は前日とも営業)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント