時遊人アッシュの食べ歩き日記

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

季節料理・ちゃんこ鍋 雷光 上質の味に舌つづみ

2015年 09月07日 16:34 (月)

RIMG1181_edited-1_201509061642281d2.jpg

味噌ちゃんこ(1人前2500円)
朝晩、すっかりと涼しくなり温かいものを欲する季節となりました(^^ゞ
前回は醤油ベースの雷光鍋を頂き、そして鍋だけでは無い一品料理にも
そのクオリティーの高さに感激。
白みそベースの味にバターの円やかさと生姜の大人の香り、
しっかりと摂られた鰹風味の優しい味付け。
身も心も豊かな気持ちにさせてくれる雷光のちゃんこ鍋である。

RIMG1160_edited-1_201509061641361f0.jpg

メニュー
鍋がメインでも一品物がメインの使い方も可能なようでかなりの充実ぶり♪
厨房の中の大きな男性店主、出羽の海部屋出身の元幕下力士(しこ名/雷光山)が営まれるお店。

RIMG1158_edited-1_20150906164137694.jpg

お通しは胡麻豆腐の餡かけ生姜乗せ。
最近は糖質オフ・プチダイエット中なのでよ~く豆腐売り場を覗く事が多いのだが
大阪人は意外と胡麻豆腐が好きなのね、
的売り場に占める胡麻豆腐の面積が多い事にようやく気付く(笑)

RIMG1161_edited-1_2015090616413572e.jpg
RIMG1163_edited-1_2015090616420051c.jpg

お造りはお任せでの盛合わせなのだが、魚のクオリティーが高過ぎる美味さ!
厚切りの天然鯛にカンパチにハマチ、湯引きの鱧に...
冷凍では無い生マグロの赤身の美味さは特に特に格別な美味だ。

RIMG1167_edited-1.jpg
RIMG1168_edited-1_201509061641580ff.jpg

旬の蛸の煮付けに三元豚の角煮。
弾けるような蛸は柔らか煮込みとは行かぬが旨味は十分。
良質なコラーゲン多しの脂身の三元豚はとろんとろんな柔らかさだが大阪の味的な甘味もあり。
この甘さを緩和する為に関西での角煮は辛子で頂くタイプが多いのであろうか?
近々、懇意にさせていただいている中津の和食の店で聞いてみようと思う。

RIMG1173_edited-1_201509061642302c6.jpg

在れば必ず頼んでしまう出汁巻は京風な薄味であり仄かに香る鰹出汁が素晴らしく、
出汁と卵の割合率高しなこれぞ職人技なお味。
カウンター内の職人さんが見事に焼き上げる♪
この店の出汁巻はワタクシが頂いた出汁巻の中でもTOPクラスの美味さを誇る
実に実に美味きものだ♪

RIMG1178_edited-1_20150906164229329.jpg
RIMG1179_edited-1.jpg
RIMG1183_edited-1.jpg

てんこ盛りの味噌ちゃんこは数人で訪問しようが1人前から注文可能であり、
通常の量を頂く方ならば2人で充分な量。
大ぶりの旬の秋鮭がザクザクと、厚切りの豚バラ肉も多く~
自家製鰯のつみれの生姜的香りと共に頂く大人のお味♪
豆腐、蒟蒻、白菜、、モヤシ、菊菜、ネギ等野菜も豊富。

RIMG1185_edited-1_20150906164252e59.jpg

円やかクリーミーな味噌出汁と相成り素材の良さが特に光る美味きちゃんこ鍋であり
再訪問は今季中にまた行っているであろう。
アルコールは二人で5杯、お値段は二人で9千円代でしたよ♪

RIMG1186_edited-1_2015090616425198c.jpg
RIMG1188_edited-1_2015090616425013a.jpg

締めはおうどんで~満腹満腹♪(^.^)

RIMG1157_edited-1_20150906164138944.jpg
RIMG1155_edited-1_201509061641380ef.jpg

【ちゃんこ雷光】

大阪府大阪市阿倍野区阪南町2-4-22
06-6623-0917
地下鉄御堂筋線昭和町駅4番出口より徒歩1分
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は営業で翌火曜日が休み)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント