時遊人アッシュの食べ歩き日記

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

新世界 甘党三好の宇治金時

2015年 07月13日 19:54 (月)

RIMG0921_edited-1.jpg

宇治金時(550円)
この週末は本当に暑かった!
氷、氷!この汗を見事に引かせてくれる美味しいかき氷を求めてやってきた新世界♪
ここもアジアの観光客で半数以上は今や占められている街となってしまった感がある。

RIMG0914_edited-1.jpg

通天閣本通にある甘党三好
趣きある創業50年の老舗。
そうそう、新世界界隈にはレトロな純喫茶が今も多く残っていて、
ワタクシ的にそそられるお店を数軒、見付けて、ひとつひとつ、
ゆっくりと巡ってみたい(^^)

RIMG0917_edited-1.jpg

THE昭和な店内だが日本人、中国人、韓国人とグローバルな店内(笑)
何かの観光MAPにでも載ってしまったのか!?

RIMG0930_edited-1_20150713172615dea.jpg
RIMG0916_edited-1.jpg
RIMG0915_edited-1.jpg

メニュー
昭和の甘味処はとてもお安い価格設定♪

RIMG0919_edited-1.jpg
RIMG0920_edited-1.jpg

宇治金時と氷ぜんざい。
つぶあんの甘さは正に昭和的なものであり、砂糖が高級品であった時代から
変わりなくの甘さであると思われるが...それにしても甘い。
抹茶の苦みとの融合で完食に至る経緯を持つ(笑)
モッチモチな手作り感ある食感の白玉団子が美味しかった♪
宇治金時にも白玉を乗せてもらえば良かったかな~(^^)/~~~

RIMG0932_edited-1.jpg
RIMG0931_edited-1.jpg

お持ち帰り用、お土産用のテイク・アウトも可能。
長年、この店は甘党の方々に愛されて来たのだろう。
甘いけれども美味しかったデス(^^)/~~~

RIMG0904_edited-1.jpg

新世界はおっさんだらけの街を脱皮し今や大観光地化している街へと変貌を遂げているのは
良いが、どこか風情を失ってしまった昔を知る者にとって、いささか寂しくもあり...
学生時代、真夜中の通天閣の真下でスカートを履いたおじいちゃんに「あら、カワイイ坊や!」と
追い掛けられ必死で逃げた記憶の街ではもうなくなってしまったのかな!?
あれは今でも夢に出てくる程に恐ろしかった(笑)

RIMG0938_edited-1.jpg
RIMG0939_edited-1_201507131726427e0.jpg

【甘党 三好】

大阪府大阪市浪速区恵美須東1-17-9
06-6641-3343
営業時間
10:30~17:00
定休日:水曜(祝日営業・振替休業)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント