時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

蕎麦切 いもせ 

2015年 07月06日 20:22 (月)

RIMG0783_edited-1.jpg

田舎 黒い二八蕎麦
蕎麦殻ごと捏ねられ平打ちに打たれ切られた蕎麦はワイルドな風味と食感!
味醂の甘さあるつゆへチョイと漬けると風味がより増す。
口の中で粘りを感じられるのは繋ぎの小麦であり野性的な蕎麦殻の粗さは
甘味さえ感じられる山葵のつゆと共に頂くのがベストな方法。
この時期、香りが弱いのはしょうがなくも蒸し暑い今日この頃、爽やかな食感の蕎麦に有りつけた。

RIMG0800_edited-1_20150705211850a7c.jpg

蕎麦切 いもせ。
JR環状線玉造駅から北西へ徒歩6~7分かしら。
大阪市内の街中にありながらも風情のある店先。
汁なし担々麺で有名なしゃんらんの前を通り過ぎて確かこの辺りだったけどなと、
適当な記憶の元にようやく辿り着いた午後。
この店へは3度目の訪問、前回はもう数年前でどんな蕎麦だったかなと記憶を蘇らそうとするも
どうしても思い出せない腦の老化は真剣な問題でもある(笑)

ここ数日、膨大な仕事量が舞い込み、人一人で背負い込むには無理かなと思いつつも、
こういった時、自分を追い込むのが結構、好きなんですよー(マゾ?笑)
ひとつ、ひとつクリアーしてゆく達成感は何事にも変え難き快感であもある♪
30代の頃は50歳で引退、老後は酒と薔薇の日々を過ごすのが目標だったが現実は厳しくもあり(笑)

RIMG0757_edited-1.jpg

ままっ、取りえずはエビスビールで喉を潤し~
揚げ蕎麦が出される♪

RIMG0764_edited-1.jpg
RIMG0767_edited-1.jpg
RIMG0771_edited-1.jpg

鴨の陶板焼きにいたわさ、出汁巻卵を酒のアテとする♪

RIMG0777_edited-1_20150705211649c21.jpg

日本酒は奈良の春鹿純米酒。
蕎麦屋でポン酒とアテを摘まみながらのオレってなんて大人!?(笑)

RIMG0790_edited-1.jpg

二八白せいろ蕎麦。
爽やかな風味を感じられる細切り更科系な蕎麦であり殻の入る黒蕎麦よりも
喉越し巧みな味わいであり繊細な蕎麦の旨味をより味わえるであろう食感&喉越し。
二割の繋ぎも程良き粘り有り♪

RIMG0794_edited-1_20150705211817dd4.jpg
RIMG0795_edited-1.jpg

締めの蕎麦湯はそば粉を溶いたものであり、とろみあるタイプ。
こういった蕎麦湯は好みでは無いが、せめて蕎麦粉のつぶつぶ感は無く出して欲しい。
そば粉自体に美味みは少なく、人の手に寄り捏ねられ旨味が増すのだ。
蕎麦自体は十分に美味いが一流と成り得ぬ理由がココにありますな~
まぁ、お店が一流を望んでいるのかどうかは、知りませぬが。

蕎麦には完璧をどうしても求めてしまうタイプのワタクシ...
ココとココを改善すればもっと美味しくなるのに~などと思ってしまった休日の午後。
(余計なお世話か!?w)
蕎麦を食べ歩くのは本当に楽しい♪
蕎麦、つゆ、山葵、葱...繊細な味を自分なりに酔いながらも分析している時が
堪らなく楽しくもあり(笑)

RIMG0801_edited-2.jpg

【蕎麦 いもせ】

大阪府大阪市中央区玉造2-9-2
06-6762-5147
営業時間:11:30~14:30 17:30~20:30
定休日:月曜日(祝祭日は営業)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2015年07月07日 21:07

香りまでもが届きそうな記事、写真、、ありがとうございます^_^

そば記事ハンターさん

2015年07月08日 16:24

いえいえ、恐縮です~
機会があれば食べに行ってみてくださいネ(^^)/~~~