時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

心躍るカレーチャーハンへの思い 百華扇

2015年 06月19日 22:42 (金)

RIMG0300_edited-1_201506192144089cb.jpg

米粒に幕を張ったカレー粉の主張。
S&Bの大缶カレー粉かな?と思いながらも美味ければそれで良し!
チャーハンの文字を見るだけでも今やピクっと反応してしまう生活に実は喜びを感じている
ワタクシで在るが、寄り可能性を求めているのがカレーチャーハンだったりもする訳だ。
美味しい米粒に魅惑のスパイスが伴うとワクワクを超えた異次元の美味さを求めて、
彷徨い続けるのもこれまた人生!
はい、失敗などは恐れずに(笑)

RIMG0285_edited-1.jpg
RIMG0281_edited-1_2015061921423993a.jpg

手巻きの焼き餃子にはビールが志向の友と成り!
焼き加減も上々、ニラとニンニク香るおっさん向け餃子(笑)

RIMG0289_edited-1_20150619214236ca1.jpg
RIMG0291_edited-1_20150619214411c90.jpg

そうそう、この日は鶏唐の気分であり...
竜田揚げ風な唐揚げは厚切り胸肉の唐揚げであり筋に沿って解れ行く肉質の何と
ジューシーな事よ!側は柔らかくともこの肉厚さはなかなかの物であり
浸み出す肉脂は嫌いでは無い(笑)
ハーフでの注文でこのサイズが来るのか!?
無難な注文で良かったと胸を撫で下ろした(笑)

RIMG0297_edited-1_2015061921441066f.jpg
RIMG0305_edited-1_20150619214550f9d.jpg

そしてカレーやきめし。
目の前の厨房では本当に一生懸命に炒めるお兄さんの姿。
その隣では大将が餃子を焼く姿(笑)
決して特別な味では無いが充分に美味く米粒の食感は中心部へ進む程に、
未知への扉が開いて来るような感覚さえ思える程に美味さが増してくる!
それは単なるカレースパイス的効果だけでは無い料理人の賢明さが伝わった味でもある。
レンゲに描かれた唐辛子の絵の意味は未だ分からず(笑)

RIMG0307_edited-1_20150619214549c22.jpg

時に辛口ブログらしきものを書いてしまうワタクシだが...
真剣に鍋に向かい調理をされている姿を見てまでは批判など出来るハズも無く(笑)
コチラの店は増々、伸びる要素が有りそうだ(^^)

【百華扇】

大阪府堺市北区南花田町81 ウッズアーバンビル 1F
072-254-3508
営業時間:11:00~15:00 1700~10:00
定休日:火曜日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2015年06月22日 18:41

難しい所なんですが知り合いの料理人のやりとりなんですが



料理人Aさん『気持ちを込めて作るのが一番』

料理人Bさん『気持ちを込めたら失敗してもいいんか』等々語り合うときりがありません(笑)

どっちも情熱があるのは伝わるんで、、、


Re: 愛読者さん

2015年06月22日 19:36

> うんうん、確かに難しい所ですが...

料理人はプロなんですから失敗作を出さない勇気も必要かと。
情熱が在るならば、尚更ですよね~(^^)

2015年06月22日 21:35

ここはアッシュさんちの近くの角にあるお店ですよねー!天ぷらうれしのの斜め向かいでゆずのはなさき・バーガーマーケットの並び、お好み焼たんぽぽと鳥英にも近い、個人的に飲食店銀座と思っている場所。(完全にアッシュさんのブログの影響)
百華扇もアッシュさんの昔の記事を見て一度訪れたことがあります。うれしのと百華扇の向かいのBARは、、怪しくて未訪問ですが。

Re: ナオイさん

2015年06月23日 08:18

> あの近辺は駅外れと言え飲食店が多いんですよね~
良く利用させてもらっておりますよ(週末も串揚げ屋で飲んでましたよ♪)
あの怪しげなBARはワタクシも入る気がしません(笑)