時遊人アッシュの食べ歩き日記

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

蕎麦切り 大城 香り引き立つ絶品蕎麦

2015年 05月25日 20:17 (月)

RIMG0388_edited-1.jpg

蕎麦屋で酒を飲む。何と粋な行動だろう。
それが似合う年に近付いたような気もするが、どうだろう(笑)
良き蕎麦屋には美味い酒が必ず有り、居酒屋的な使い方をしていても最後には
必ず蕎麦を注文するのだから店主の拘りにも順応しているハズ♪
そう、蕎麦屋の店主といった方々は少なからず味に拘った人が多く見受けられるのは、
拘らなければ蕎麦屋をされる意味が無く、皆さん自信を持っての提供となるのだが、
ここ大阪では湯掻く水、締める水の劣悪さもあり
ワタクシが満足出来る蕎麦屋は数える程だ。
今回、蕎麦の時期にはかけ離れた5月だが、素晴らしき蕎麦を頂けたのだ。

RIMG0312_edited-1.jpg

蕎麦切り 大城
洗練された間口は狭いが中は広く清潔でお洒落な空間。
夜の訪問は予約が可能なようでカウンター2名でと電話予約。

RIMG0333_edited-1_2015052516424825d.jpg

蕎麦打ち部屋は整理整頓されていて店主の性格をも垣間見れるような(笑)

RIMG0338_edited-1_201505251643190dd.jpg
RIMG0340_edited-1.jpg

一品メニュー
とにかく品数が多く、そしてお安く♪

RIMG0337_edited-1_20150525164248846.jpg

庭園を眺めながらの生ビールはドライ。
初夏の風が心地よく店内を駆け巡る。

RIMG0345_edited-1.jpg
RIMG0349_edited-1_20150525164353655.jpg

板わさに蕎麦の刺身。
この蒲鉾がとっても美味しく生山葵と共に薄口醤油はチョイ浸けで♪
そして逸品の蕎麦刺身。茹でる前の蕎麦の事だが蕎麦の香りが凄い!
舌にねっとりと纏わりつく表面の円やかさと塩で頂く事に寄る蕎麦の甘味が
口の中で無限かと思える程に広がり実に実に美味いものだ!
締めの蕎麦が楽しみになって来たゾ(^^)

RIMG0353_edited-1_20150525164351f7d.jpg

蕎麦焼酎、蕎麦和尚はロックで注文。
8年熟成の円やかで柔らかな飲み口は大麦の爽快感とフルーティーな甘味が感じられ、
この店へ来るといつも注文してしまうのだ。

RIMG0359_edited-1_201505251643509b4.jpg

冷奴は梅肉と山芋掛け。
擦り卸されたばかりの山芋の風味はやはり格別であり、
使われている豆腐の旨味も只者では在るまい!
この品で特に注目したのが、この刻み海苔である。
スーパーで売られているような袋海苔では無く1枚物の海苔を刻まれて乗せられているのだ。
黒褐色の風味豊かなちゃんとした海苔が使われている。

RIMG0362_edited-1_20150525164422444.jpg
RIMG0365_edited-1_20150525164421b0b.jpg

鶏の天ぷらと鴨葱の塩焼きは京の原了郭黒七味をぱらりと振り掛けて♪
鶏は地鶏、鴨はもしかすると真鴨じゃないかと思える程の共に肉の旨味が素晴らしい!

RIMG0367_edited-1_20150525164420230.jpg

万願寺しし唐焼き。
果肉は大きくて分厚く柔らかく甘味あり、削り立てのような香り豊かな
超薄切り鰹節が素晴らしき脇役と成り♪
そして蕎麦和尚は2杯目へと突入(笑)

RIMG0375_edited-1_20150525164419296.jpg

もりそば(800円)
こんもりと盛り付けられた蕎麦は昨今の蕎麦屋としては結構な量もあり♪
繋ぎは1~2割程、蕎麦殻の配合されたもので産地は茨城産。
薬味は葱と山葵、うん、潔い(^^)
この時期の蕎麦としての香りは素晴らしく優雅で気品ある蕎麦に酔ってしまいそうだ。
茹で加減による食感、喉越し、パーフェクトである!
これは実に実に美味い物だ(^^)
ただ、蕎麦つゆの醤油の旨味は良いが鰹の香りが引き立ち過ぎて蕎麦の香りを
少々、阻害している感もあり...これは贅沢過ぎる迷いかなとも(笑)

RIMG0391_edited-1.jpg

締めの蕎麦湯はサラサラなタイプのもので蕎麦湯はこうでなければ、ならない!
よく蕎麦粉を配合したとろみ在る蕎麦湯を見掛けるが、あれは邪道!
そばの茹で汁を飲むだけでも蕎麦屋の店主の腕を判断出来る方もいらっしゃるように、
蕎麦の旨味成分が正に凝縮されたものであり。
最後まで美味しく頂きました(^^)

食後、お会計を済まして店を出る頃に、店主さんと女将さんがご丁寧に出口まで、
お見送りをしてくださり恐縮でございますm(__)m
以前に頂いた時よりも遥かにレベルUPしておりワタクシの中での蕎麦としては
TOPクラスの美味い蕎麦屋と成り。

RIMG0314_edited-1.jpg

【蕎麦切り 大城】

大阪府大阪市阿倍野区西田辺町2-6-13
06-6691-0046
交通手段:JR阪和線 鶴ケ丘駅徒歩2分
営業時間:11:00~14:30 17:00~21:30(L.O)
定休日:火曜・月曜(第2・第4)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2015年05月28日 02:39

毎度楽しくよんでいます!
ところで水の善し悪しは田舎に行けば良い水があるのはわかるんですが大阪で水の違いは地域によってかわるもんなんでしょうか?

Re: 愛読者さん

2015年05月28日 17:42

> 楽しく読んで頂きありがとうございます♪
以前に河内長野の蕎麦博さんへ伺った時に大阪の水に
ついて調べるましたが、市内の水は琵琶湖からの水、
河内長野は山奥にある滝畑ダムからのお水でしたよ~

味を求める蕎麦屋さんは山奥へと行ってしまうのも、
分かる気がしますよ(^^)

2015年05月28日 19:58

蕎麦つゆの風味を生かすも殺すも蕎麦とのバランスは、蕎麦つゆの付け加減のように思います

名無しさん

2015年05月28日 20:46

汁をどこまで漬けるのかは、蕎麦次第。
東の薮蕎麦などでは醤油汁の濃度が高い為、チョイ付けが粋とされますが更科や砂場では、そういった事も無く自由な頂き方も有りだと思われます。
蕎麦と汁がもし個人的に合わなければ、塩で山葵で、もしくはそのままで楽しめれば幸せですね(^^)