時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

PH調整剤と名を換えた食品添加物

2015年 04月09日 22:04 (木)

RIMG3662_edited-1_201504092030058cb.jpg

ヤマザキ春のパン祭りも今月末までとなりました...
25点を集めて白いお皿を...
貰う訳も無く、日々は過ぎてゆく訳だが、
本当にこんなお皿の為に点数を集める人が居るとは知らなかった...

「喫茶ラックの玉子サンド」に出会ってからというもの、朝食用にサンドウィッチを
酔っぱらいながらも夜な夜な作る日々が続いている(笑)
もちろんパンは焼き立てのパン屋さんで買うようにしている訳は、
まず、大手メーカーのパンは全然美味しく無い!
自然な小麦の香りがしないんですよねー。
そして常温で1週間、2週間を経過してもカビ一つ生え無い
PH調整剤と名を換えた食品添加物に塗れたものなど恐ろしくて買えないのだ!
健康にそれほどまで拘っている訳でも無いが、美味しく無い物をわざわざ買える訳も無く、
スーパーやコンビニなどで売っている加工食品などは必ずと言っても良き程にこのPH調整剤が
幅を利かせている(笑)
この名を換えた食品添加物による被害は今は無くとも10年後、いや30年後に体に
現れるかもしれないし、現れ無いかもしれないが、それは子孫の2代後、3代後に現れる事も
あり得るのだ。
未知の薬品を日本人は人体の実験とされているような気もするが、どうだろうか!?

今年のお正月に台北へ行っていたのだが、どの飲食店で頂いても化学調味料の無き
素材の旨味を生かす料理の素晴らしさに感動したものだ。
戦後、急速に発達し過ぎた日本と、伝統の味を守る諸外国との差は明らかであり、
もちろん日本にも「和食」といった素晴らしき伝統はあるのだが、これは大手チェーン店系の店には
当然の事ながら当てはまらない!
しかしながら外食で化調の無き店を探す方が困難な日本の現代。

日本人の死因のTOPはもちろん「がん」である。
もはや「国民病」といえる程の致死率であり、事故や災害で無ければ殆どの日本人は
この病気で亡くなってしまう現実を今一度、考えなければならない現実を向かえているのでは無いのか?
まずは強制旨みアミノ酸調味料「味の素」を廃止してもらいたい!!!!!

ワタクシの母は「味の素?」何それ?といったような昔の方で子供の頃から全て手作りの料理を
幸せな事に頂いて今日まで生きてこられた(笑)
なので化調が少しでも入っていると舌がピリピリと反応して直ぐに分かってしまうのよね~
今でも母にはとても感謝している。

日本人の死因のTOPは飛び抜けての「がん」である。
戦後の死因の原因は間違いなく化学的に旨みらしきものを感じられる化学調味料であり、
このような粗悪な薬品で大事な人を失う悲しさを誰もが経験しているハズなのに
何故に誰も声を揚げないのだろうか!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:

2015年04月11日 15:55

> 本職の方からコメントを頂けるなんて光栄です(笑)
続けてどうぞどうぞ~(^^)

鍵コメさん

2015年04月12日 07:48

熱いコメントありがとうございます♪
共感して頂き恐縮ですm(__)m
拘られた貴女のお店がと~ても気に成りますが(笑)