時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

美味いチャーハンを追い求める旅 台北編 北海漁村の赤えびチャーハン

2015年 01月06日 20:00 (火)

RIMG3222_edited-1.jpg

「千と千尋の神隠し」湯婆婆(ゆばーば)湯屋モデルの茶屋
お正月休みを利用して今年は台湾へと行っておりました。
目的はもちろんチャーハンであるが、昼と夜の間に観光処、九份へと♪
台湾もお正月休みなようで、まぁ人の多い事!
情緒を味わいたく訪問するも、それどころでは無い人の多さに酔うのであった(汗)
行きは台北から高速バス、帰りは怪しげな乗合タクシーで台北駅へと到着♪
乗合タクシーで一緒だった東洋系オーストラリアの女性が綺麗だったな~
(何を観に行っているのだ!?w)

RIMG3190_edited-1.jpg

MRT善導寺駅から徒歩3分「北海漁村」
まぁタクシーで行ったので良く分からないけど~日本人にも馴染みある漢字のお店(笑)

RIMG3142_edited-1.jpg
RIMG3146_edited-1.jpg
RIMG3144_edited-1.jpg
RIMG3149_edited-1.jpg

メニュー
日本人だと分かると日本語表記のメニューを出してくれる店が多く困る事は少ないが
夜市の屋台などでは意味不明であった(笑)

RIMG3154_edited-1.jpg
RIMG3156_edited-1.jpg

お茶文化の発達した台湾であるがまずは台湾ビールね♪
屋台などではドリンクを置いている店は少なくコンビニでビールを買い持ち込む事も可能♪

RIMG3164_edited-1.jpg
RIMG3177_edited-1.jpg

エビチャーハン($130)
剥きの赤海老がたっぷりと入ったチャーハンは量が多く日本で頂くチャーハンの2人前相当な量!
味付けは薄くとも粒の硬さがまさにチャーハン向きでありとても綺麗な油のコーティング♪
落花油のクドさは微塵も感じれなくシンプルなエビチャーハンであるが実に実に美味しい(^^)
フライド状玉子のクッション感が口の中での解れを容易くしてくれて、
まさに粒の美味さを直に味わう事が出来るレベル高き無化調なチャーハンであった♪
同行の超食通女史も大絶賛(笑)

RIMG3158_edited-1.jpg
RIMG3161_edited-1.jpg

天然はまぐりの生姜酒蒸し
活けの素材の良さをそのままに、とてもシンプルな味付けであるが
生姜の風味を生かした素晴らしき調理に唸る!

RIMG3170_edited-1.jpg

ヤリイカとネギの炒めもの
オイスター・ソースがベースの炒めものであるが、こちらも完全無化調の優しき味わい♪
新鮮なヤリイカの食感足るや跳ね返すような優しき歯応えと絡むネギの風味が香り高く
食べ進んで行くうちに益々、食欲が増大してくるような美味さであるのだ。
見た目には濃そうな色合いであるが味付けはシンプルに素材の生かす調理であり、
このような素晴らしき料理を味わうと日本の中国料理は何で化調を使うのだろうと
とても残念な気持ちになってしまった。

RIMG3178_edited-1.jpg
RIMG3183_edited-1.jpg

湯も味わってみたく、青のりとしらすのスープ♪
沖縄で言うアーサー海苔であろう海苔は乾燥ものでは無く、おそらく活けのままの海苔!
翡翠色に輝く美しきの海苔の美味さといったら今まで頂いてきたアーサーとは次元が違う
美味さがあったのだ!

RIMG3188_edited-1.jpg

店内の生簀には新鮮な魚介類がたっぷりと♪
素晴らしき料理の数々に唸らざるを得ない!
美味いチャーハンを追い求めて近年、韓国、香港、タイ、台湾へと旅をしているが
今回の台湾旅行が一番、口に合う料理であったのだ。
二泊三日の短い台湾旅行であったが、どの店で何を頂いても化学調味料の使われない
素材の良さを生かす調理法にまた再訪してみたくなった台湾の料理はまだまだ続きます(笑)

RIMG3168_edited-1.jpg

【北海漁村台北杭州店】

台北市杭州南路一段8號
MRT善導寺駅5番出口から徒歩約3分
電話:02-2357-6188
営業時間:11:00-14:30(LO.14:00) / 17:00-22:00(LO.21:00)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント