時遊人アッシュの食べ歩き日記

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

自己主張の強すぎる料理人

2014年 12月18日 21:27 (木)

RIMG2361_edited-1.jpg

サラダ風チャーハン
五目チャーハンにレタスとトマトが入るタイプのチャーハンであり...
これを以前に訪問した時には美味しく頂けたのだが今回はトマトの火の通りが弱く
水分がしっかりと飛ばさておらずのネチャっとした米粒の食感に少々戸惑いを感じる。
ワタクシの求める味とは程遠く...

店へ入りXO醤チャーハンは出来ますか?と尋ねるも
「うちは広東料理ですから出来ません」そうか、ならば前回と同じにしようと
試みたのだが美味いチャーハンを追い求める旅の失敗となる。
失敗は本当に良くある事なので気にはしないのだが
化学調味料無添加を謳う店主らしき方のウンチクにうんざりとしてしまう。
それが当たり前ならば主張せずに普通に出せば良いと思うのだが
店側の自己主張も強すぎるとエゴに聞こえなくも無く(どっちだ!?w)

RIMG2358_edited-1.jpg
RIMG2360_edited-1.jpg

ジャスミン・ティーが出されるもビールの誘惑には勝てず♪

RIMG2365_edited-1.jpg

海鮮焼きそば
チャーハンの失敗にめげる事無く注文(笑)

RIMG2369_edited-1.jpg
RIMG2370_edited-1.jpg

平打ちの中細麺に焼き色を付けて餡に纏われた海鮮が入るタイプの焼きそばは
見た目程の濃厚さも無く優しい味付けのものであったのだが...
確かに化調の舌に触るピリピリ感無く美味いものだったが、
先入観といったヤツは後を引いてしまうのだ。
「この店は苦手!」と思ってしまうと、とっとと食べて早く店を出よう!
などと感じていた自分が居たのだ。

店主の自己主張は私には合わなかったが、それが好みな方も居るであろう。
化調無添加は大いに歓迎だが、それが通常ならば過大に表現する事でも無かろうに...
何度も言うが店側の自己主張の強い店は昔も今も苦手である。
美味しく安全なものを普通に出してくれるお店が昔も今も好き(笑)
客は料理だけで無く料理人も見ているのだよ。
もう行かないからイイけどー(いいんかいっ!笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど〜

2014年12月18日 23:06

昔、間近くで働いておりました。←またかよ!このスナフキンがっ!

私のこちらのイメージは、食べる品によって美味しさのムラがあるかな〜と、思ってましたわ〜懐かしい(笑)

2014年12月19日 11:40

最後の一人ツッコミに笑てしまいました(* ̄m ̄)プッ

めーめーもあれこれ自慢話してくる店主さんは苦手ですわぁ~

Re: JoJoさん

2014年12月19日 12:40

> いろんな所に住んではったんやねぇ…
落ち着きの無い音!(笑)
確かにここはばらつき有りますな~(>_<)

Re: めーめーさん

2014年12月19日 12:43

> めーめーさんならば必ず暴れてると~(* ̄m ̄)プ