時遊人アッシュの食べ歩き日記

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

牡蠣の土手鍋 佐々木孫べえ

2014年 11月10日 21:15 (月)

RIMG2698_edited-1.jpg

広島の郷土料理 牡蠣の土手鍋火入れ前Ver.
たっぷりの赤味噌が鍋の淵に入れられて野菜やキノコ類に
生の北海道厚岸産の真牡蠣が乗るのだ。
水炊きなどで牡蠣を入れる事は数々あれど一度、ちゃんとした牡蠣の土手鍋を食べてみたく
大阪市は西区新町へと足を伸ばした。

RIMG2690_edited-2.jpg

牡蠣酒場 佐々木孫べえ
酒中花 空心の真隣のお店w
この日はミナミで作ったレイバン眼鏡を受け取りに向かい...
なかなか、かっちょイイ眼鏡を買えたが寄る年波には勝てず実は遠近両用でもある。
お会いする方々、そこを突っ込まないように(笑)

RIMG2670_edited-1_20141110192641207.jpg

ビールと付きだしは牡蠣の炊いたようなもの♪
火を入れながらも牡蠣の丸みを残す炊き加減に舌つづみ。

RIMG2673_edited-1_20141110192641886.jpg
RIMG2678_edited-1_20141110192705e6b.jpg

生牡蠣と蒸し牡蠣のセット物は10個で2千円程
フレッシュな生牡蠣はレモンを絞り、蒸し牡蠣はポンズか塩、ガーリックオイルを
垂らしてちゅるるんっ♪とまさに呑み込む感じで美味しゅうに(^^)/

RIMG2685_edited-1_201411101927052a4.jpg

牡蠣とシャブリ!では無くスパークリングで合わせる事に♪
牡蠣と白ワインの組み合わせは有名であるがワタクシ自身、
この組み合わせには以前から疑問を抱いていて...
特に生牡蠣と合わせる白ワインは生臭さが確実に増すのだ。
生牡蠣と相性の良きものはやはり端麗辛口純米な日本酒が一番と感じられるのだが、
果たしてどうだろうか!?
飲んで無いけどー(無いんかいっ!w)

RIMG2686_edited-1.jpg

牡蠣の専門店で牡蠣フライを食べないなんて、ありえない...
自家製のタルタルソースに浸けて。
軽めな揚げ加減であるが牡蠣の中まで火入れは完璧♪

RIMG2702_edited-1.jpg
RIMG2704_edited-1_20141110192807d49.jpg

濃厚な赤味噌ベースのお出汁は少々甘めな味付けであり、牡蠣の旨味が時の経過に寄り
出汁に溢れだし...何と美味しい土手鍋であろう!
牡蠣エキスにより野菜の旨味も倍増と言ったところか♪
火が入っても縮まない丸み在る牡蠣の存在感と旨みを貴方も味わえるハズ(笑)

RIMG2713_edited-1.jpg

締めは残ったお出汁にうどん投入♪
直ぐに貴方色に染まるわ!的、味噌色に変化する
尻軽なうどん達の存在もこの時だけは許そうではないか(笑)
濃厚な赤味噌と牡蠣の出汁が溢れるスープはこの世のものとは思えぬ
実に実に美味きものであったのだ♪

RIMG2669_edited-1_2014111019264273f.jpg
RIMG2693_edited-2.jpg

牡蠣が1年中、味わえる店なようであるが...
日本は四季折々、旬のものはその時期に味わうのが一番ではなかろう的、
派のワタクシは次の冬にまた楽しみを持ち越す事にしようと思う。

【牡蠣酒場 佐々木孫べえ】

大阪府大阪市西区新町1-21-3 小林ビル1F
050-5788-5443
営業時間:月・水~金17:30~23:30  土・日・祝:17:00~22:30
定休日:火曜日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント