時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

奈良 彦衛門の絹蕎麦

2014年 10月20日 17:00 (月)

RIMG2490_edited-1.jpg

奈良は菖蒲池駅にある蕎麦きり彦衛門の絹蕎麦
グルメ・ガイドのミシュラン☆を取られた蕎麦屋さんのようで
開店時間に到着するも駐車場は満杯で路駐をする訳にも行かず店前に止る訳にもいかず
30分程、駐車場が開くまでのんびりと待つ時間も美味い蕎麦が頂けるならばそれもまた良し♪

RIMG2465_edited-1.jpg
RIMG2462.jpg

この日は奈良学園前の大和文華館にて酒井抱一の江戸情緒の精華展を見に行く事に♪
華やかさと繊細な情緒を織り合わせた抱一作品の魅力に心穏やかな気持ちになりつつ...

RIMG2498_edited-1.jpg

菖蒲池から徒歩10分程の住宅街にあるお店。
店内は洒落た洗練された空間であるがミシュラン☆的な接客の手際良さは感じられない。
一生懸命さは感じられるが...

RIMG2472_edited-1.jpg
RIMG2471_edited-1.jpg

お昼のざっとしたメニュー
メニュー撮りはテキトーな事も多く(笑)

RIMG2477_edited-1.jpg
RIMG2483_edited-1.jpg

辛味大根のぶっかけ蕎麦 あらびき
石臼で挽かれたという殻を残す荒挽き蕎麦は繋ぎとの割合は9:1。
新蕎麦なようだが香りは殻に隠れていたのか薄い印象であるが噛み応え感ある喉越しは
程良く、まさに蕎麦を食べているぞ!的な荒々しくも水切りの良さも相まって美味しく頂ける。
ただ、新蕎麦に刻み海苔を乗せるセンスは頂けない。
この時点で本当にミシュラン☆なのかとの疑問も。
つゆは鰹香る醤油の角の無い薄口でありながらもコク有るタイプであり、
単体で飲むと香る鰹出汁が実に美味いではないか♪

RIMG2491_edited-1.jpg

鴨ロース
注文するもなかなか出て来なく..再びの再即...ようやく厨房へ通ったようだった。
もう2度目である、ミシュランの価値は感じれなく....
やはりミシュランはワタクシには無縁なようだ(笑)
味は素晴らしい火入れの鴨ロースであり甘味と肉のきめ細やかさが在り!
レモンやもろ胡などの個性ある具材を纏いつつ、これは実に美味いものであり
時間と手間を掛けられたものである事が分かる程に実に実に美味く♪

RIMG2488_edited-1.jpg

ぶっかけ粗挽き蕎麦だけでは物足りず..
絹蕎麦を注文♪
水切り具合も良く香りは粗挽き蕎麦より引き立ち万人に好まれるであろう美味さあり。
ただ、量が少ないw
ワタクシ、細切り蕎麦はあまり噛まずにそのまま呑み込んでしまう事が多く...
ものの2分程で平らげてしまうので、もう少し量をお願い(笑)

RIMG2501_edited-1_20141020163750069.jpg

阪奈道路から信貴生駒スカイラインを通るルートを久しぶりに車を走らせる♪
雲ひとつ無き晴天の空の下、澄んだ空気がとっても美味しい(^^)/

【蕎麦きり 彦衛門 (そばきり・ひこえもん)】

奈良県奈良市あやめ池南6-5-38
0742-53-3697
菖蒲池駅から473m
営業時間:11:30~14:30(L.O) 17:30~20:30(L.O)
定休日:水曜・第2、第4火曜
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント