時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

美味いカレーチャーハンを追い求める旅 中華料理ひろや

2014年 08月24日 22:44 (日)

RIMG2267_edited-1.jpg

カレー・チャーハン(550円)
今時、5百円代でチャーハンを頂ける店はまた希少であったりする。
通常のチャーハンは500円ジャスト!消費税込の価格...
注文が通り、一から調理をされる工程が見えるカウンターでのチャーハン活動♪
ココには作り置きなど無い!

すぐ隣のテーブルには常連らしき小さな子供二人を連れた家族4人組。
チャーハン単品を3つを注文し餃子と揚げ団子を追加。
その家族構成でチャーハン3つを行くのか!?
ネットでは知り得ぬ世界がココには存在していた(笑)
調理の工程が見えるひとりカウンターの孤独のグルメを楽しむべくの私には
この店の只ならぬ料理人のオーラが見えた(笑)

RIMG2271_edited-1_20140824210420515.jpg
RIMG2272_edited-1.jpg

宇宙旅行を楽しめる時代にこの値段設定で手抜きの無い中華料理の数々(笑)
そう、昭和のお店である。
ワタクシはこのようなちゃんとイチから作られるような大衆中華のお店がとっても大好き♪

RIMG2262_edited-1.jpg

カレー・チャーハン
う~ん、何という美しさ♪少々の油の多さを感じれられるが「炒」の技!!!!!
見た目的には醤油が多めのチャーハン的であるがカレーの香りはふんわりと感じる
レベルでありながらも食欲を増進させる見事なチャーハンであもあるのだ♪
カレー粉によるものか「炒」の技術によるものかは定かでは無いが
ほろりと崩れる米の山の、しなやかな傾れは米粒の独立感を表す。
ギンギンなカレー粉の味では無くとも仄かな香りでのチャーハンもまた有きである。
この店のチャーハンもまた実に美味いものだ♪

RIMG2268_edited-1.jpg

ワタクシ的な鶏モードを払拭出来ぬまま単品で鶏唐揚げを注文してしまう...

RIMG2269_edited-1.jpg

コチラも浸けにされた鶏胸肉を衣に浸けての調理の工程があった。
大きな鶏唐揚げは竜田風であり、飛び散る肉汁♪
遥かに食べ過ぎた感はあるが充実感もちゃんと満たされて(笑)

RIMG2273_edited-1.jpg

侮れぬ下町中華!ひろやさん。
ちゃんとした中華料理人の店は下町であろうが高級店であろうが、
それは意識の問題でありながらも姿勢の持ちようであろう。
堅実な店の印象を持ちつつ後にする。

RIMG2276_edited-1.jpg
RIMG2280_edited-1_20140824210508c7d.jpg

不安定な気象が続きますね...
広島の災害、福知山、丹波の災害、小さな子供達の犠牲に心が痛む。
計り知れぬ命の重さに今夜も合掌。

【中華料理ひろや】

大阪府大阪市住吉区山之内1-25-20
06-6691-0182
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

味 薄。

2014年09月08日 17:00

お店に よりますが 私が 焼飯 オーダーした後で 後から来た客が 焼飯 オーダー 主人は 二人前を 一つの鍋で 作りますが 味が 薄い 味見してんの❓ 二人分 調理した時 こんなん 無いですか❓

Re: 味 薄。

2014年09月08日 21:01

> NOBさん
未だ嘗て無いです。