時遊人アッシュの食べ歩き日記

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

セイロンカリー アンブラ&フライドライス

2014年 08月04日 18:30 (月)

IMGP0967_edited-1.jpg

Cセットのアンブラ(+200円でバスマティライスに変更)
カレーはマトンを選択する。
私的にマトンと言う肉はジンギスカンなどで頂くと独特な香りと食感が苦手であったりするのだが
こと、スパイス系カレーに入るマトンは見事な調和をみせてくれるのだ。
しっかりと煮込まれて薫り高いスパイスとの組み合わせはこの上なく
美味い美味い肉へと変貌する。

IMGP0987_edited-1.jpg

数ヶ月ぶりのセイロンカリー
この日は天王寺に用事があり市バスで大正区へとINする事にした。
大正駅から歩くか泉尾南から歩くかは気分次第で選択可能♪
お昼前にお店へ着くと店内は満席状態で数分の待ち時間あり...
えらく人気の店となっているなぁ~と思いきやこの月発売の
雑誌で取り上げられていたようでメディアの力に関心するのであった(笑)

IMGP0951_edited-1_20140804162722b58.jpg

スリランカのビール、LIONはラガーとスタウトで喉の渇きを一時的に潤す♪

IMGP0953_edited-1.jpg
IMGP0959_edited-1.jpg

フライド・ライスは大盛りで注文の為、タンドリーチキンは別皿でと♪
米は日本米、僅かなスパイス感とバターの香りで特別な味ではないのだが
スパイスで胃が活性化されたようで、どんどん食欲が増してくる危険な美味さである。
しっかりとスパイス漬けにされた高温のタンドールで火を入れられた
外はパリっと中は程よくジューシーさがありのタンドリーチキンの美味さ!!!!!
これは次回に単品で何個も頂いてみたい程に感動の美味さがあったのだ。

IMGP0969_edited-1.jpg
IMGP0978_edited-1.jpg

マトン、豆、茄子にアチャール的ピクルスが添えられるアンブラ。
底からグチャっと混ぜて頂くのがこの店流♪
粘りの無いサラリとした香り米バスマティライスはまさに適米でもある。
それぞれの食材の複雑なスパイス感と辛味あるアチャールとの味わいと融合は
食べ終わると得体の知れぬ確かな幸福感に包まれるハズである(笑)

IMGP0984_edited-1_20140804163126541.jpg

乳酸的ドリンク、ラッシーで口の中をリセット♪

IMGP0943_edited-1_20140804162725795.jpg
IMGP0942_edited-1_20140804162726703.jpg

目玉焼きの乗るセットに惹かれてしまうなぁ~たかが目玉焼きなのに...
男は玉子好きが多いのかも知れぬ(笑)
こうして書いている間にも魅惑的なメニューを見てるだけで心はセイロンカリーへと飛んでしまいそうだ。
理性を超えてまた伺っているであろう(笑)

IMGP0944_edited-1_20140804162724801.jpg

店頭ではコラボなラスクが販売されていた。
何故、買っておかなかったのかを今尚、悔やんでいる次第でもある(笑)

【セイロンカリー】

大阪府大阪市大正区泉尾3-14-21
06-4977-0636
営業時間[月~金]11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:水曜日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント