時遊人アッシュの食べ歩き日記

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

シンズ・キッチン 南インド・ミールスとマトン・ビリヤニ

2014年 07月07日 07:41 (月)

RIMG1702_edited-1.jpg

シンズキッチンの新メニュー
南インド・ミールス(定食)の量の多さに度肝を抜かれる...
えっ、コレが一人前かいっ!と9種の小皿に入る独特なスパイスの効いた猛者達!
それぞれに、個性溢れるツワモノ達に対しての心の準備が整わぬままの
勝負の時が正に訪れようとしている。
チキンにマトン、キャベツにひよこ豆。フィッシュ系が2種、大根玉葱ピーマンのサラダ的なものと
ヨーグルト味のライタが口直しに一役買う。
この量を果たしてオレは食べれるのであろうか...

RIMG1717_edited-1.jpg

ここは日本橋一丁目交差点から南へ直ぐのシンズ・キッチン
お昼過ぎの訪問であったが店内は満席状態であり
少々の待ちを経て店内入店となる。
今やこんなに人気のお店となっていたとは知らず訪問。

RIMG1673_edited-1.jpg

新メニュー
あいがけ、ミックスにミールスと定食系メニューが増えていた。

RIMG1680_edited-1.jpg

丸鶏で摂ったであろうチキンスープはレモン風味

RIMG1714_edited-1.jpg

これ程までの数があると何と何を組み合わせればベストなのか!?
しっかりと確認しようと試みるも...訳が分からん状態に陥り
ごちゃ混ぜのスリランカ風カレーと化してしまうのであった。
辛目なマトンとダルカレーの組み合わせはやはり相性が良くとても美味しいが
時折、ホールのままのスパイスが口の中で炸裂して自爆(笑)
しかし、このスパイス感はシンズキッチンならではの重厚でありながらも
旨味をしっかりと感じられるものでもある。
この店へ来るといつものようにスパイス効果で食欲がどんどん増してくるのだ。

RIMG1681_edited-1.jpg
RIMG1692_edited-1.jpg

マトン・ビリヤニ
白、黄、茶色のインドの炊き込みご飯である。
高級長粒米のバスマティライスの水分の少ないサラリとした食感は
サフラン香る粒のほぐれ的な美味さを特に感じられて
日本人向けにチューニングされていない本場の美味さがここにある。
マトンという食材はカレーにすると何と旨みを発揮する食材なのであろうかと
今回も感動の美味さであった。

RIMG1715_edited-1.jpg

食欲は増したが...しかし量が多過ぎた。
この美味いビリヤニを残すのは人として許されないような気がして
大阪おばちゃん的根性を発揮して包んでもらう事にする♪
快く請け負ってくれるのがまた、嬉しかった(笑)

RIMG1718_edited-1.jpg

夏のバーゲン真っ最中、チョイとシャツの1枚でも買おうかなとミナミへ行った時の
ランチにお勧めの本場インドカレー屋でもあったw
しかし派手目なシャツを買ってしまった感が否めない(笑)

【シンズ・キッチン (Singh's Kitchen)】

大阪府大阪市中央区日本橋 1-21-20 丸富パールビル 1F
06-6632-4433
地下鉄日本橋駅より徒歩5分
営業時間
[月~金]11:00~23:00
[土・日・祝]10:00~23:00
ランチメニューは17時までOK
定休日:不定休
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント