時遊人アッシュの食べ歩き日記

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

京のお抹茶 茶寮翠泉

2014年 06月17日 20:20 (火)

RIMG1553_edited-1.jpg

冷抹茶(680円)
世はまさに抹茶ブームなようで大好きなアイスクリームは好んで抹茶味を
買ってしまう程♪
元々、お茶が大好きでありワタクシ程にお茶を飲んでいる方は
そうそう居ないのではなかろうか、と思える程に...(1日2Lは飲んでいます)
茶ばかりを、しばいております(夜の酒タイムは除く..笑)

鰻の蒲焼を食べ、口の中のさっぱり感を求めて入ったお店
和カフェのような処でお茶を頂く...

RIMG1556_edited-1.jpg

抹茶こおり、ぜんざい添え 抹茶ソフト・トッピング
数年前のワタクシならば絶対に注文しないであろうメニューであるが...
味覚は年と共に変化の一途を辿るのか!?
細かな食感のかき氷に抹茶を和えられた逸品であり
作り立て白玉の歯応え感と旨みは甘味処を避けていた身としては
恥ずかしき想いもある程に、とても美味しいものだ。
夏場の抹茶かき氷の美味さは日本人にしか理解出来ないのだろうなどとは
思い上がりで、今や先進国な海外でも抹茶はブームなようだ。

RIMG1555_edited-2.jpg

女史率9割9分9厘9毛なお店に良く入れたな...とは賛辞の言葉として受け取っておく(笑)

RIMG1566_edited-1.jpg
RIMG1564_edited-1.jpg

テイク・アウトも充実♪
お土産に喜ばれるであろう抹茶スイーツの数々

RIMG1568_edited-1.jpg

ワタクシには似合わないタイプの和カフェである...
どちらかと言えば、おばあちゃん一人でされている小さな茶房のような処が
好みだが客層の多くが女史的な空間であり現代女史のパワーに圧倒されつつ
大和撫子の存在率を確認出来なかった和カフェ空間でもあった。

付け加え:祇園辺りに生息する京都人の閉鎖的プライドの高さは好みではありません。
千年の間、都だった事もあり他県人を見下している事もしばしば。
市内は観光と歴史で成り立っている街でありながらも本音と建前を使い分ける人が多く
同じ関西圏とはいえ、生粋な京都人は信用出来ない所も多く...
そんなプライドは何ともさみしい限りである…


【茶寮 翠泉 高辻本店 】

京都市下京区高辻通東洞院東入稲荷町521番地 京都高辻ビル1階
TEL : 075-278-0111
営業時間:午前10時半 ~ 午後6時 [ラストオーダー 午後5時半 ]
定休日:水曜日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2014年06月18日 03:01

アッシュさん、こんばんわ。

私もお茶は大好きです。勿論、抹茶ソフトもw
最近はどこでも抹茶スイーツは売ってるので何時でも食えるので
あ~なんかもう普通に市民権を得てるなぁ~って感じですけど。。。

昔、錦市場に「ほうじ茶ソフト」って物を出す店があって
その香ばしさで甘みを締めスッキリしたソフトクリームで
こりゃ美味い!!と感動した物ですが翌年には既に無くなって
それ以来、口にして無いのですがアレは本当に美味かったのに
勿体無いなぁと今でも残念に思います(--;)

長々と失礼致しました。

D BOYさん

2014年06月18日 06:20

お茶好きでしたら是非とも一保堂本店のお茶を
お勧め致します。
綺麗な細工の茶菓子と共に素晴らしきお茶の美味さを楽しめますよ♪(^^)

抹茶ソフトはワタクシも大好きで甘く無いタイプがイイですね~