時遊人アッシュの食べ歩き日記

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

ソウル旅行記 東大門の焼き魚横丁

2014年 05月07日 09:00 (水)

RIMG0876_20140506181539912.jpg

このゴールデン・ウイークは韓国ソウルへ行っておりました♪
今回も新羅ホテル宿泊であるのだが、
豪華な部屋もまぁ良いのだが私がこのホテルに泊まる真の目的は
アジア1・2と言われる超豪華な朝食の為である。
その絢爛豪華な朝食ネタを後回しにしてしまう程に素晴らしい
朝食に出会えました♪

RIMG1021_edited-1.jpg

東大門駅近くにあるタッカンマリ通り、時間は午前9時。
通りの北側は鶏料理の専門店、南側は焼き魚の専門店が並ぶ♪
いわゆる下町の大衆食堂街である。
日本でも韓国でもタイでも庶民的なこのような街に惹かれてしまう。
確かこの辺りだったかなと探ってみると...
焼魚の香りが漂っていますよ♪
匂いだけで辿り着いてしまう下街のパワーに押された感がある(笑)

RIMG1049_edited-2_20140506181654417.jpg

もちろん日本語など通じない地域で片言でも日本語の分かる店は数少ない。
魚を一所懸命に焼いているお兄さんから日本語で話し掛けられてINする事に♪
前回の韓国旅行時も日本語で話し掛けられたのだが、
どうして日本人と分かるのだろう!?
私などは日本人、韓国人、中国人の見分けがまったく付かない。
そういえば前回は「何で日本人って分かるの?」と
思わず大阪弁丸出しで聴いてしまった程である(笑)

RIMG1032_edited-2.jpg
RIMG1031_edited-1.jpg

いわゆる韓国大衆食堂的な素敵空間(そう感じるのは私だけ!?w)
韓国語の全く読めないワタクシと同行者ではあるが...
ハングル文字の横に小さな日本語表記があり助かった(笑)
さわらとさんまを注文、それぞれが7000ウォンと格安である

RIMG1035_edited-1.jpg

まずはご飯と大豆そのまま入るお味噌汁、そしてナムル類が運ばれる
キムチに豆もやし、ゴマの葉に青菜、おでんと呼ばれる煮炊きもの。

RIMG1045_edited-1.jpg

練炭で焼かれた大きなさわらとさんまは2匹

RIMG1047.jpg

うっ、結構な量となってしまった!
さぁ、気合を入れて食べないと(笑)
脂の乗った焼き魚とキムチ&ナムルでご飯が進むぞ♪
韓国では器に直接口を付けて頂く風習が無いようで...
スプーンでお味噌汁を頂く不思議さを感じつつも郷に入っては郷に従えである。

RIMG1038_edited-1.jpg
RIMG1039_edited-1.jpg

この旅行で何度もキムチを頂いたが何処もハズレは無かった♪
本場のものには真の美味さがありますね(^^)

RIMG1050_edited-1.jpg

朝からどんどん焼かれる魚...
これが全部、売れるのであろう

RIMG1019_edited-1.jpg

怪しげな通りに見えない事もないが美味しい焼き魚が
お安く頂ける通りでもあるのだ。
そうそう、韓国はグルメ・ブログがお盛んなようで...
負けてられないぞ!(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2014年05月07日 13:44

韓国旅行いいですね〜!
私も経験したことがあるのですが、韓国の商売人の人は顔を見ただけで日本人ってわかるみたいなんですよねぇ〜。いろんなお店で日本語で話しかけられました。
私のご先祖様が沖縄なので濃い〜顔だからでしょうか?(笑)

Re: eijiさん

2014年05月07日 17:08

> GW突入直前になんとかチケットが取れた旅行でして
ほぼ無計画な旅行となりました♪
日本人は分かるようですね~何か悔しかったです(笑)
ワタクシの両親も沖縄人ですよ(^^)