時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

魅惑のワンプレート・アンブラ スリランカ料理セイロンカリー 

2014年 04月29日 20:40 (火)

RIMG0552_edited-1_20140429181043ee7.jpg

アンブラ(1000円)+バスマティライス(変更価格200円)
この日のランチは大正区泉尾商店街の中にあるセイロンカリーへ♪
以前にTVよーいドン!の中で紹介されていて、これは美味しそうだと
私の行っておかなければならない店リストのTOPに立つのであった(笑)
それ以来、私のスパイス系カレーを絶つ辛い辛い日々が続いたのであった(←本当です)
香り米バスマティライスを覆うように5種のカレーが周りを囲む
米粉の香るパパダンが突き刺さっている(笑)

RIMG0568_edited-1.jpg

セイロンカリー
スリランカの国旗に自国愛を感じられる店構え

RIMG0547_edited-1_2014042918104528f.jpg

意気込みある目立つ立看板

RIMG0553_edited-1_2014042918104277d.jpg
RIMG0554_edited-1_2014042918104289c.jpg
RIMG0555_edited-1_20140429181223cd7.jpg

メインはビーフ、ポーク、チキン、魚等から選べてチキンを選択
スリランカ・カレーは良く魚がメインだったりもするがオレは肉を欲していたので(笑)
ローリエと共に煮込まれたチキンは脂身少ない胸肉で判別出来ない香辛料の香りが
ふわっと鼻腔を刺激する♪
鰹節を使われた、どこか日本人にも馴染みあるお味でもある
アジア圏で良く使われるカレーの旨みは実はモルジブ・フィッシュと呼ばれる
ハガツオの旨みでもあったりするのだ♪
豆カレーのダルに野菜のカレーは大根の葉が使われており日本人向けに
ここまで良くアレンジされたなと感心する

RIMG0560_edited-1_20140429181222851.jpg

ひとつひとつの味の確認が済めばグチャっと混ぜて頂くのが、この店流でもある♪
辛さはそう無いが複数の食材を合わす事による複雑な旨みと
それぞれの香辛料との味の膨らみがあるのだ。
これは実に美味いものだ!
セイロンカリーさんへは再訪問間違い無しリストにINをするのであった(笑)

RIMG0570_edited-1_20140429181220c48.jpg

私は商店街をウロウロとするのが好きである♪
その中の一軒に寝具の専門店のようなところが在り...
イタリアのマニフレックスのマットレスが並んでいるではないか!
人の3大欲、食欲、性欲、睡眠欲が他の人よりずば抜けてしまう私は、
実は寝具マニアでありこのマニフレックスの愛用者でもあるのだ♪
ベッド・サイズを変更しようと目論んでいたので、もちろん入ってみる事に♪
まぁこの店の若きイケメン店主さんのマニフレックスに対する熱い事!!!!!
こんなに寝具について熱く語れる人を初めて見ましたわ(笑)
好みのベッド・サイズ&形状&連絡先を告げて泉尾商店街を後にする(^^)

【セイロンカリー】

大阪府大阪市大正区泉尾3-14-21
06-4977-063
JR大正駅から徒歩15分
営業時間[月~金]11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:水曜日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2014年05月01日 08:53

性欲も、、デスか⁉
偉大すぎる食の師匠なので、同じくらいそっちも凄いとなると、更に尊敬します!
テヘペロ(^_-)
(最近JOJOさんのページも見てます)

ナオイさん

2014年05月01日 09:05

結婚おめでとうございます♪
ソッチは見栄を張ってしまいましたよ!
みえぺろ!(笑)