FC2ブログ

伝統と格式 寿司処  弥助

RIMG0164_edited-1_201403101908135e1.jpg

寿司処 弥助
歴史ある街、堺、敷居の高さある一軒屋の寿司屋である
まるで政治家が密談するような料亭のような佇まいでありながらも
北新地の高級寿司屋に比べるとリーズナブルな価格設定は堺価格でもある

初めて訪問したのが10数年前でその頃は現在の店舗ではなく
カウンターの壁から水がちょろりと流れ江戸前の寿司は手で頂くのが
前提であったかのような造りだったのだ
私は今でも江戸前の寿司は手で頂くようにしている

堺では最も格式ある寿司屋であるが職人さんは意外とフレンドリー(笑)
担当して頂いたのが、おそらく2代目の大将♪

RIMG0165_edited-1_20140310190813b30.jpg

先付はシロウオ乗る辛子和え
早春の味、シロウオを頂くともう春だなと感じれてしまう

RIMG0171_20140310190812097.jpg

お造りは鯛、大トロ、烏賊
大トロの美味さに唸ってしまう

RIMG0175_20140310190846a64.jpg

ビールから日本酒へと自然な流れで(笑)
純米、立山
江戸切子が美しい

RIMG0178.jpg

昆布〆の平目
弥助の握りは小ぶりであるがシャリの粒の大きさは今まで食べたどの寿司屋より大きい。
口中へ放り込むとシャリが勝手に解れネタとシャリの一体感を味わえるのだ!
そして人肌の温度で出される寿司の美味さがここにある

RIMG0172_201403101908116b8.jpg

弥助へ来てこの煮蛸を頼まぬ訳には行かぬ...
柔らかな、柔らかな煮蛸と大根は薄味でありながらも心にも浸みるお味♪

RIMG0180_20140310190845d84.jpg

わたくしの最も好きなコハダ...
何と美しい握りであろう!
酢漬けの塩梅、ネタの切り込みによりシャリとの一体感!

RIMG0196.jpg

桐の箱からゲソが見えたので塩焼きでと注文
スダチ香るお上品なおゲソ様であった(笑)

RIMG0181_20140310190844c07.jpg
RIMG0187_20140310190913b12.jpg

小鉢に入る海胆と漬け鮪
海胆=軍艦巻きでないところが私の好みでもあるのだ♪

RIMG0192_20140310190912682.jpg

まぁ、色々と頂くも大阪の寿司で煮穴子は外せない

RIMG0201_2014031019095228a.jpg

締めへのフィニッシュは巻物が好ましい♪
干瓢巻き、海苔の美味さはおそらく大阪一であろう!
この海苔の黒味、艶、は瀬戸内産である

RIMG0203_20140310190951685.jpg

締めは「玉」とワタクシ的に決まっているので...
もう一度、巻物をと注文すると半漬物状のカイワレを勧められた♪

RIMG0204_20140310190951591.jpg

そして「玉」!
これはもう、寿司屋の「玉」では無く、カステラと言う
分類で良いのではないか!?

RIMG0162_edited-1_20140310190814b75.jpg

お会計後、店を出て数十メートル..
三代目、店主のお見送りが印象に残る!
客をもてなす心ある老舗の寿司屋であった

【弥助】

大阪府堺市堺区大町東1-2-7
072-221-3355
営業時間:11:30~14:00 16:30~22:00
定休日:木曜日

ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになります♪宜しければポチポチっとお願い致しますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

いつか・・・

いつか、奥さんを連れていってあげよう・・・うん・・・いつか・・・

(´;ω;`)ブワァ

Re: いつか・・・

> jojoさん
いつも奥さんにお優しいですね♪
いつか、いつか、必ず連れて行ってあげてください…
追加、追加で莫大な支払いになると思いますけど(笑)