時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

木の葉丼の定義 はりま家

2014年 03月03日 20:30 (月)

RIMG0140_edited-1_20140303201530101.jpg

はりま家@浪速区
このお店は数年前に車でショートカットをしようと脇道へ入った時に
見付けたお店でいつか伺ってみたい思いはあれど時は過ぎ行く...
店の名前だけは憶えていて調べてみるも情報が全く無い店であった。
「ようそないなお店に」...と思うか!?
大阪的に言う、「おいしいやん♪」と思うか!?
興味の方が勝ってしまい私はいつも後者である(笑)

RIMG0141_edited-1_20140303201530943.jpg

メニュー
この日の日替わりに木の葉丼とうどん、そばのセットがあり..
大衆的丼の3銃士と言えば親子丼、カツ丼、天丼か!?
この3つの中から好きな物を選べと言われれば、間違いなく親子丼である♪
木の葉丼は子供の頃以来であり、記憶は薄い

RIMG0145_edited-1_20140303201527bc7.jpg

木の葉丼...
わたくし的に木の葉丼とは玉子丼に
刻み海苔が掛けられたものだとばかり思っていた!
あきませんな、勝手な思いは...

RIMG0150_edited-1_20140303201548a97.jpg

蒲鉾と甘辛く炊かれた椎茸が細長く卵でとじられている
具は他に玉葱と長ネギ
この店では親子丼と木の葉丼の値段は同じ...
鶏肉=蒲鉾&シイタケといった図式が成り立っているようだ♪
少々、調べてみると木の葉丼は蒲鉾&シイタケが入るようで...
甘辛く炊かれたシイタケの味と風味は
最後までご飯を飽きさせない工夫を感じられるのであった(大げさなw)
これは主に関西圏だけのものであるようだ♪

RIMG0148_edited-1_201403032015481e8.jpg

うどんは手打ちのようで大釜で泳ぐように湯がかれていて
ザルで掬い冷水で一度、締められもう一度温めてから出されている♪
大衆的な作り方だとばかり思っていたが、かなり本格的な大阪うどんである。
細めなうどんは、ちゅるんちゅるん♪
何の引っ掛かりも無く喉を超える美味さがある!
そしてお出汁は鰹香る間違いのない味だ(^^)

RIMG0146_edited-1_20140303201549994.jpg

定食の小鉢はホウレン草の胡麻和えと小さな出汁巻玉子が付く
なかなかアバウトな盛り方ではあるがw
日頃、野菜不足な私にとって、ちょっとした野菜が嬉しいのだ♪
そして、この出汁巻がとても美味しいのだけれど(笑)

RIMG0151_edited-1_20140303201547f1d.jpg

周りはオフィス、倉庫、工場街のような場所にポツンと佇む...
飛びっきり愛想の良いお母さんが笑顔で接客してくれる♪
あんなにニコニコと接客してくれるならば、また行こうと思ってしまう
人情派路線への変更を考えたお昼ご飯であった(笑)

【はりま家】

大阪府大阪市浪速区桜川2-13-5
06-6568-7264
営業時間:11:00~20:00
定休日:未確認

ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになります♪宜しければポチポチっとお願い致しますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2014年03月04日 09:49

初めまして! いつも密かに楽しませていただいてます。当方の若い頃は財布が寂しいときは
玉丼かきつね丼、余裕があったらカツ丼、他人丼、天丼でした。貧乏学生故、殆んどが玉丼、きつね丼でしたけどね。最近きつね丼を見かけなくなってしまいましたね。

2014年03月04日 11:18

あまりにも美味しそうだったのでつられて今日の昼は他人丼食べてしまいました。職員食堂でしたが。。

Re: kemakemaさん

2014年03月04日 16:58

> いつもご覧頂き、ありがとうございます。
私もカツ丼などは学食以外では食べれませんでしたわ~
そういえば、このお店にはきつね丼はありましたが
他ではあまり見かけなくなりましたね。
古い大衆食堂などにはまだメニューにあると思いますよ♪(^^)

Re: ナオイさん

2014年03月04日 16:59

> 人の食べているモノは美味しく見えてしまうのですよー(笑)