時遊人アッシュの食べ歩き日記

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

胡椒場風景 六五六

2013年 09月04日 18:15 (水)

R1092160_edited-1.jpg





何て素敵なビジュアル!!!
...と感じるのはごく一部の六五六マニアだけであろう
子供、女性にはあまりお勧めできない程に味は強烈である
この味にハマると抜け出せない危険性を持った素晴らしいちゃんぽんだ!

前回は「あんたが今年最後の客やで」と言われた去年の年末から
9ヵ月が過ぎていた
昼間の営業は何度か確認出来ていたが夜営業は
開いていたり閉まっていたりと気ままな営業体制のようで(笑)
店へ入り「ども、お久しぶりです」と...
店主からは「うぉうぉうぉ...」と日本語になっていない返しが来た(汗)





R1092159_edited-1.jpg





いつものようにカウンターへ千円札を置き無言で100円が返される
メニューは1種類しかないので勝手に調理が始まる
大盛や白ご飯、叉焼などの追加分はその都度どうぞw






R1092162_edited-1.jpg
R1092167_edited-1.jpg






たっぷりのキャベツ&もやしに豚肉、烏賊、人参、蒲鉾が入る
スープを早く飲みたい衝動を抑えてまずは写真よw
豚骨ベースのスープにラードの円やかさが加わるスープなのだが
調理の段階で親の仇のように入れられる胡椒...
私はこの光景を上方落語の演目の一つ相撲場風景改め
胡椒場風景と名付けている

麺は長崎からの直送だったと記憶しているが現在は分からない
スープや具材と煮込まれる為に少々、柔らか目な麺だが
この店はこれでいいのだ!
これが六五六のちゃんぽんなのだ!
辛い!美味い!とにかく美味い!言葉などいらない!!
箸とレンゲが止まらないよ...






R1092168_edited-1.jpg





これが胡椒たっぷり濃厚クリーミーなスープ
私はこのスープを悪魔のスープと名付けている(もちろん褒め言葉でネ)
頭皮から汗が滴る...しかしレンゲは止まらない!







R1092170_edited-2.jpg





表のテントは最後の鉄パイプ枠から僅かに残るだけとなってしまった
この店が料理を提供していると思われる一般の方はそう居ないだろう
そう、六五六はリピート出来るマニアで成り立っている店だ
そんな店は現代ではそうありえない...
私には愛おしささえ感じる唯一無二のちゃんぽんである!







【六五六(むつごろう)】

大阪府堺市堺区向陵東町1丁2-18
072-254-1378
営業時間 12:00~13:30くらい 17:30~20:00くらい(かなりアバウトw)
定休日 日曜日・祝日

ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになります♪宜しければポチポチっとお願い致しますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あっ 表のテントが~

2013年09月05日 01:01

ついに店名も何も無くなりましたね
看板も店の中にしまったままだし

悪魔スープの写真見ただけで脳内中枢に
電流が走りました

また今度行ってみよう、

> akiraさん

2013年09月05日 18:31

おっちゃん曰く、もうしんどいねん!を連発されていましたわ~
出来るならば早目の訪問をお勧めします(笑)