FC2ブログ

美酒佳肴 沁ゆうき

R1092111_edited-1.jpg





お造り10種の盛り合わせ
いつも美しい器で出されるお造りは全ての魚に何らかの手が入っていて
見て食べて味わえる数々...

美味い肴と酒を味わいたく久しぶりの訪問だ
予約の取れにくい店として有名だが21時以降ならば運が良ければ
何とかなったりする
この日の運は予約が取れた事で使い果たしてしまったと思うわ(笑)






R1092109_edited-1.jpg






お付き出しは海老の餡かけ
ぷりんぷりんの海老さんと優しいお出汁にほっこりと和む♪






R1092117_edited-1.jpg





沁ゆうきのおから
宇宙を想像する美しい器に入ったおからである...
実は私は「おから」は得意では無かった
口の中へ入れると乾燥のおからが渇きを与え..何か水分を!!と(笑)
ゆうきさんが作るとこんなに美味しいものだったのね、と感じてしまうから
また不思議だ(笑)






R1092113_edited-1.jpg
R1092115_edited-1.jpg






広島の地酒、純米辛口日本酒度+10天寶一(テンポウイチ)
酒米は五百萬石の淡麗冷酒
美しい細工の青と緑の切り子で頂く







R1092122_edited-1.jpg





丁寧に丁寧に時間を掛けて焼かれた出汁巻は沁ゆうきさんでは
外せないメニューである
出汁を卵の中に閉じ込める焼き法は京料理出身の店主ならではか?
しみじみと味わえる出汁の風味と柔らかな食感
出汁にひたひたの巻もまた良いが層の中に閉じ込められる出汁の味わいも
それはそれで良いものだ






R1092124_edited-1.jpg






立て切りにされた蓮根の天ぷら
この天ぷらの形態は初めてだな...輪切りとばかり思っていた!
いつも私の常識を覆すより美味い料理を出されるこの店はやはり凄い!
輪切りより蓮根の繊維質を楽しめるだろう






R1092126_edited-1.jpg
R1092127_edited-1.jpg






淡海地鶏の塩焼き
皮の厚みと浸みだす脂...皮の旨味がここにある
肉は赤みを僅かに残し素材の脂で肉の旨味を閉じ込める焼き加減






R1092128_edited-1.jpg
R1092130_edited-1.jpg





〆は土鍋ごはん
万願寺唐辛子と茄子、じゃこと生姜
唐辛子の辛味、茄子の甘み、おじゃこの風味を生姜が引き立てる...
それ以前に米がとてもとても美味しい!!!!
輝く米粒とおこげの対比
和食って素敵!(笑)
残ったご飯はいつものように、おにぎりにして持ち帰る事が出来て...
翌日の夜に頂いたが冷めた御飯の美味さはまた味わい深いものがある

この夜は9時過ぎINで12時近くまで居たのか...
店主の熱い話は料理だけに留まらずw
あっという間に美味しく楽しい時は過ぎてゆく






【沁ゆうき】

大阪市北区豊崎5-7-11
06-6375-6770
営業時間:17:30~23:30(22:30 L.O.)
定休日:日曜/月曜の祝日

ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになります♪宜しければポチポチっとお願い致しますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

アッシュさん


(=゚ω゚)ボー

ミタコトノナイ・・・タベモノ・・・

メン・・・スープハ・・・ドコ?・・・

jojoさん

あはっ♪
たまにはラーメン以外もええもんでっせ(^^)