FC2ブログ

塩胡椒加減の絶品焼鳥 やきとり屋 家もん

R1092026_edited-1.jpg






塩と胡椒の加減が絶妙なせせり
焼き鳥屋では外せない部位だ
串に巻きつけるように焼かれたせせりは、弾力感と良質な脂身があり
解れるような串離れと共に噛めば噛むほどに旨味が溢れるネックの部位である







R1092052_edited-1.jpg






やきとり屋 家もん@大阪天満宮の近くに店があります
コの字型白木のカウンター8席程の小じんまりとした店内は
大人の隠れ屋的な良さがありますな♪
店主さんは東淀川の名店「とりや圓」で修行されたとか...
備長炭のコンロ上に置かれた焼き鳥からは目を離す事無く
真剣に焼かれる表情にこの店のこだわりを感じる!







R1092014_edited-1.jpg






お通しはキャベツの極細切り
これが出て来た時点でお連れさんが「とりや圓」出身の方だと気付いたようである







R1092017_edited-1.jpg






ユッケはささ身の出汁醤油味のタレに白ゴマを塗してあり
葱と刻み海苔、うずら卵で頂く







R1092022_edited-1.jpg
R1092020_edited-1.jpg






かわ、さんかく!
塩と胡椒のバランスが絶妙な焼き加減で鶏肉本来の旨味を引き出す
特に感じるのが胡椒の加減だ
強過ぎず香りと共に感動の余韻も長い






R1092018_edited-1.jpg






泡はスペインのラベントス
シャンパーニュと同じ製法の瓶内二次発酵で造られるカヴァは
パーカーポイント90点だとか...
書きながら思い出したが数年前に家で飲んだ事があったな~(激汗w)







R1092025_edited-1.jpg
R1092032_edited-1.jpg






野菜も摂らなきゃ!deポテサラとししとう(笑)
ポテサラの旨い店に外れは無い!
と立ち飲み達人がおっしゃっていたのが分かる気がした







R1092036_edited-1.jpg






とうもろこしは醤油味で香ばしく...
丁寧に炭火で焼かれた甘みと歯離れの良さは新鮮な証拠だ
焼かれた醤油の香ばしさを味わえるのは日本人だけの特権かもね♪







R1092028_edited-1.jpg
R1092042_edited-1.jpg






これまた葱の香ばしさと共に登場したのがねぎま。
そして焼き鳥界のアイドルつくねちゃん♪
鶏皮を練り込んだつくねの肉質と皮脂のハーモニー
こちらには薄いタレが塗られているようだ
この美味さは超絶もんである







R1092046_edited-1.jpg
R1092049_edited-1.jpg





調子に乗ってつくねチーズ♪
中からはと~ろ~りチーズが溢れ出して、あの旨いつくねとの融合は素晴らしい
うずらは半熟状態である。こちらも中からは黄身がトロ~リと...
トロ~リ好きやなぁ(笑)






R1092038_edited-1.jpg
R1092039_edited-1.jpg





日本酒は地酒の種類が多くこの時期だけの冷酒にも拘りがあるようだった
焼き鳥屋では珍しくシェリー酒の種類が多かったのも印象的だった
注文したラベントスは鍋の中で冷やされていた...
焼き鳥屋さんらしくてイイんじゃない(笑)
近頃の拘った焼鳥屋さんはタレで頂くよりも塩胡椒でシンプルに
素材の良さを引き出す店が多く感じる
この、やきとり屋 家もんの味もシンプルだが最後まで飽きる事無く
美味しく頂けたのは部位に寄って絶妙な加減が有ったからではなかろうか...

美味しい焼鳥をごちそうさま(^^)







【やきとり屋 家もん】

大阪府大阪市北区天満4-12-15
06-6352-6539
地下鉄南森町駅•大阪天満宮駅から徒歩5分
大阪天満宮駅から244m
営業時間17:30~24:00

ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになります♪宜しければポチポチっとお願い致しますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント