時遊人アッシュの食べ歩き日記

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

麺と心7の清湯醤油ラーメン@阿倍野区

2013年 06月05日 22:06 (水)

R1090315_edited-1.jpg







近鉄の阿倍野駅から通称チン電沿いを南へ歩く...
阪神高速の下をくぐりまだまだ南下する
この辺りはもう下町の雰囲気がぷんぷんする
阿倍野ハルカスは離れていてもやはり大きい!
レトロな阪堺電車のパンタグラフを通電する電線が道の中央上に張られていて
昭和初期から続く人々の足となり活躍は今も続く路面電車である
自家用車で並行して走ると、なんと邪魔な!などと思ってはいけない...
そこは共存ね(笑)
しかしこの風景もいつかは無くなるのかもしれないな...








R1090312_edited-1.jpg







大阪のラーメンマニアならばもう行っているであろう
麺と心7という変わったネーミングで谷町九丁目にあるJUNK STORYからの新店である
店主の井川氏とは、ある会でテーブルが一緒だった事もあり...
物腰柔らかな超イケメン店主である
でも私の事はもう忘れていたようだったな(笑)






R1090305_edited-1.jpg






清湯醤油ラーメン
大ぶりのレア・チャーシューと筍と海苔がトッピングされている
スープはインパクト感こそ少ないが味は実に底深く
丸鶏とカマスを使われた洗練された味である
鶏の脂が表面に被膜を作り熱さを封じ込めている
このピンク色したレア・チャーシューの美味い事、美味い事!!!







R1090311_edited-1.jpg







時の経過と共にレアから熱が通った、しっかりチャーシューへの変化も楽しい♪
麺は平打ち気味の中太麺!
この麺はどこかで見た事があるぞ♪
沖縄そばの...それも八重山地方独特な沖縄そばにソックリである
コシがあり中心部に僅かに芯を残す茹で加減は見事というしかない
噛み応え感と喉越しと脂越し!?
ちゅるるんと喉を超える麺である







R1090302_edited-1.jpg
R1090303_edited-1.jpg







おひとり様の私は当然のようにカウンターへ案内される
その両脇には初老の女性の方...
おそらく地元の方ではなかろうか!?
はっきり言うとおばあちゃんである
何か行列のラーメン店があるな~と並ばれていたのだろうか!?
この店、お勧めのコッテリ白湯系のラーメンを注文されていたが
見事に全汁されていたのには驚いた次第である!

おれ、清湯やのに完全に負けてるやん!称号を悲しくも自分で頂きましてと...
まだまだオレは甘ちゃんやなと叩きのめされましたわ^^;

ラーメン・フリークのような...
ほんと調子に乗ってすいませんでした!
参りました~キャンっ!






【麺と心7】

大阪市阿倍野区阿倍野筋4-12-13
06-6657-7479 
営業時間:AM11:00 ~PM3:00 PM6:00 ~ PM9:00 
定休日:今のところ無休

ブログランキングに参加しています♪
更新の励みになります♪宜しければポチポチっとお願い致しますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント